パチスロ蒼天の拳2 パチスロ 初打ちポイント

蒼天の拳2は2種類存在するATのループで出玉を増やしていくタイプ。通常時のレア役、特に中段チェリーがAT当選のメイン契機となる。


左リールは蒼天リールと名付けられた演出リールになっており、内部的な成立役不問で中段チェリーを出現させることが可能。「中段チェリー高確率」滞在中はその名の通り 高確率で中段チェリーが出現する ので、AT当選の大チャンスだ。


 AT当選契機

AT当選契機は「小役解除」と「ゲーム数解除」の2つ。メインは小役(中段チェリー)解除だが、規定ゲーム数到達による当選も十分期待できる。


AT当選期待度は上記の通り。 中段チェリー出現時はAT期待度25%以上 となっている。

なお、天井は777G+前兆32Gと浅めに設定されているぞ。


 モードについて


通常時は 低確 通常 天国 の3種類の状態が存在し、小役解除率に影響する。 天国中の中段チェリーは解除確定 だ。



滞在ステージで状態を示唆しており、 拳志郎ステージ 玉玲ステージ 紅華会ステージ の順に上位状態滞在の可能性が高くなる。



「ドラゴンステージ」は他のステージと異なり、突入した時点で本前兆確定(7G滞在)。さらに中段チェリー高確率状態となっており、 中段チェリーを2回引くことができれば天授の儀への突入が確定! 1回でも1セット目に激闘乱舞in上海に突入する。


 北斗カウンター


中段チェリー入賞、スイカ成立で北斗カウンターが発動(中段チェリー取りこぼし時は発動しない)。1G消化するたびに北斗カウンターの数字が「32」から1つずつ減っていき、その間がAT当選のチャンスとなる。北斗カウンター発動中に再度、同小役が入賞or成立すると、北斗カウンターが32に再セットされる。



中央カウンターは基本的にゲーム数解除に対応しており、発動すると解除に期待できる。


 中段チェリー高確率状態


中段チェリー出現率が大幅にアップする「中段チェリー高確率状態(中チェ高確)」が存在し、レア役の一部から移行。

チェリーカウンター、もしくはスイカカウンターのどちらかが炎上すれば 中チェ高確「炎上」 となり、炎上したカウンターが0になるまで、 中段チェリー出現率が10倍以上 アップする。炎上しているカウンターの小役(角チェリーは除く)が成立すると、カウンターの数値が32に再セットされる。



カウンターが凍結すれば 中チェ高確「凍結」 となり、この間は 中段チェリー出現率が30倍以上 アップする。凍結は5G間の保証ゲーム消化後、レア役以外成立時の1/2で転落(終了)抽選が行なわれる。

ATは1Gあたり純増2.7枚で、継続率管理型の「宿命の刻」とゲーム数管理型の「激闘乱舞in上海(以下、激闘乱舞)」で構成されている。


 AT中の流れ


AT当選時はまず宿命の刻に突入。宿命の刻は前半の「オーラ昇格パート(約11G)」と後半の「死合(しあい)パート(9G)」に分かれており、死合の刻で引き分けなら継続、勝利で激闘乱舞in上海へ、負ければ終了となる。 継続率は約70〜89% だ。



死合の刻で勝利すると突入し、初期ゲーム数は30〜200G。滞在中は主に刮目の刻抽選が行なわれ、ゲーム数を消化すると宿命の刻へ戻る。


 宿命の刻・オーラ昇格パート


AT開始時のオーラは継続率を示唆している。白< レインボー の順に継続+勝利期待度が高くなるぞ。



オーラ昇格パートは小役成立時にオーラ昇格抽選が行われ、 レア役なら実戦上オーラ昇格確定 。最終的なオーラの色を参照して、死合パート突入時に継続抽選が行なわれる。上位の色ほど継続&勝利期待度が高くなる(色の強さは開始時のオーラと同じ)。



末尾3・7・0セット目は、セット開始時にオーラ昇格チャンスが発生。PUSHボタン連打でオーラが昇格し、 最低でも青オーラからスタート する。



宿命の刻中に白7が揃えば当該セットでの勝利確定となる。背景の色が赤なら激アツ!


 宿命の刻・死合パート


死合パートは8G継続。対戦相手は4人存在し、 霊王 張太炎 ヤサカ 劉宗武 の順に継続(勝利)期待度がアップしていく。闘うのが 拳志郎ではなく飛燕なら継続確定!?


 激闘乱舞・モードとステージ


激闘乱舞は準備中を経由し、白7揃いから突入する。初期ゲーム数は30〜200Gで、百裂拳チャンスで告知される。



激闘乱舞中は 低確 通常 高確 超高確 の4種類のモードが存在し、ゲーム数直乗せ抽選、真・百裂拳チャンス、刮目当選率に影響する。モード移行抽選は レア役成立、周期ゲーム数(25G刻み)到達時 に行なわれる。



ステージは滞在モードを示唆しており、 平安飯店 紅華会アジト 激戦地 泰聖院本堂 の順に上位モード期待度が高くなるぞ。



激闘乱舞中に白7が揃うと真・百裂拳チャンスに突入。真・百裂拳チャンスは上乗せ0G連機能で、 67%の継続に漏れるまで50Gずつ上乗せ されるぞ。


 激闘乱舞・刮目の刻


激闘乱舞中のゲーム数上乗せは基本的に「刮目→死合突入→死合勝利」で移行する上乗せ特化ゾーンで行なわれる。刮目突入抽選は周期ゲーム数到達時(25G毎)、レア役時に行われ、 中段チェリーは刮目濃厚 となる。



刮目は 双龍 蒼龍天羅 、の4種類存在し、刮目の種類によって滞在中の 中段チェリー出現率、終了条件が変化 する。

実戦上の中段チェリー出現率は焔→1/8.2(サンプル49G)、凍→1/5.4(サンプル146G)、双龍→1/3.8(サンプル19G)、蒼龍天羅→1/6.0(サンプル18G)。なお、上乗せ特化ゾーン終了後は刮目に再突入し、残りのゲーム数を消化することが可能だ。

凍・双龍は、5Gの保証ゲーム数消化後にレア役以外が成立すると、1/2で終了する。



刮目中に中段チェリーが出現するとルーレット演出画面が出現し、対戦相手or記憶の扉演出へと発展。対戦相手勝利or記憶の扉演出成功で上乗せ特化ゾーンに突入するぞ。

上乗せ特化ゾーンは「百裂拳チャンス」「秀宝乱舞」「天授の儀」の3種類。刮目中の演出に成功するとボーナスルーレットが発生し、突入する上乗せ特化ゾーンが決定する。この特化ゾーンで獲得したゲーム数は全て 激闘乱舞ゲーム数に上乗せ される。


 百裂拳チャンス


1G完結で基本的に20〜200Gが上乗せされる。ここから秀宝乱舞・天授の儀に突入することもある。


 秀宝乱舞


1セット5G、継続率管理の上乗せ特化ゾーン。滞在中は中段チェリー出現率が大幅にアップし、出現するたびに実戦上 5〜100G上乗せ された(サンプル20件)。なお、初回は必ず継続する。



継続時の一部で超秀宝乱舞に突入。その間は毎ゲーム、中段チェリーが出現し、上乗せゲーム数も優遇される。


 天授の儀


天授の儀へは刮目以外にも宿命の刻勝利時、通常時のシュケンムービー発生、ドラゴンステージ経由、AT初当たりの一部からも突入する。



天授の儀は前半の「小役パート(10G)」と後半の「死合パート(8G)」で構成されており、死合パートで拳志郎が負けない限りループし続ける。 継続率は80% だ。初回のみムービーパート(27G)が発生する。



小役パート中は全役でゲーム数上乗せ抽選が行われており、 当選時は5〜100Gが上乗せ される。



また上乗せに関わる複数のモードが存在し、液晶両脇の帯の色が赤ならチャンス、 キリン柄なら上位モード濃厚 となるぞ!



8G間の死合パートで拳志郎が攻撃or負けなければ継続確定となる。なお、20連以上継続した後、継続抽選に漏れるとエンディングが発生する。

パチスロ蒼天の拳2 パチスロ ヤメ時について


実戦上では100G付近で規定ゲーム数対応の中央カウンターが作動し、132G付近で前兆が終了するケースが多かった。