パチスロ GI優駿倶楽部 パチスロ 育成馬の特徴

※編集部調べ

通常時は周期開始時に必ず育成馬(全10頭)が選択され、それぞれ特徴が異なる。


パチスロ GI優駿倶楽部 パチスロ 育成馬の強弱について

競走馬には強弱があり、強馬のほうが育成メーター白〜緑でのART当選率が優遇されている。

育成馬の強弱
弱馬 サイレンススズカ
テイエムオペラオー
ブエナビスタ
シンボリクリスエス
オグリキャップ
ナリタブライアン
強馬 オルフェーヴル
ミホノブルボン
トウカイテイオー
シンボリルドルフ


パチスロ GI優駿倶楽部 パチスロ 育成馬別の特徴

育成馬別の特徴
サイレンススズカ 海外レース(ART11セット目で発展)の勝率が80%。
テイエムオペラオー ARTの継続率を書き換えるセット数が多い。
ブエナビスタ 温泉ゾーン中のチャンス目がチャンスゾーン確定となる。
シンボリクリスエス 天井短縮。
オグリキャップ 連闘チャンス突入率が30%にアップする(全設定共通)。
ナリタブライアン ART1セット目が100%継続となる。
オルフェーヴル 新馬戦勝率アップ+海外レース勝利期待度が約50%。
ミホノブルボン チャンス目成立時は必ず鬼調教ゾーンへ。
トウカイテイオー 新馬戦の勝率が大幅にアップ。
シンボリルドルフ 新馬戦勝率大幅にアップ+ART継続シナリオが三冠or伝説。


パチスロ GI優駿倶楽部 パチスロ 育成馬別のメモリアルレース

各育成馬には88%継続に書き換えられるセット数(=メモリアルレース)が存在する。ただし、ナリタブライアンのメモリアルレースのみ88%継続ではなく100%継続に書き換えられる。

継続率書き換えセット数
サイレンススズカ 8・9セット目
テイエムオペラオー 3・8・9・10セット目
ブエナビスタ 3・4セット目
シンボリクリスエス 7セット目
オグリキャップ 8セット目
ナリタブライアン 1セット目(100%継続確定)
オルフェーヴル 7セット目
ミホノブルボン 4セット目
トウカイテイオー 7セット目
シンボリルドルフ ナシ