ヤッターマン スロット新台 パチスロ 評価・天井・ゾーン・やめどき・フリーズ

ヤッターマン スロット新台 パチスロ ヤッターマン スロット新台 評価・やめどき・フリーズ解説

今度のヤッターマンはリアルアナログ抽選!?

ヤッターマンシリーズ最新作がパチスロで登場!本機は1ゲーム当たり純増2.0枚のART機となり、ART「ビックリドッキリRUSH」で出玉を増やすタイプのようです。

ART当選は主にヤッタールーレットやレア役からの直撃当選となりますが、このヤッタールーレット……業界初のリアルアナログ抽選とのことで、本機のゲーム性に大きく関わっています。そこで、ヤッタールーレートが発動する契機は3つ。

  • ART抽選
  • ゲーム数上乗せ
  • ART継続抽選

ART抽選までもがこのヤッタールーレットに委ねられているんですね。ではどのようにリアルアナログ抽選を実現しているのかというと、こちらの動画をご覧ください。

玉が当たり部分に入ればOK!と至ってシンプルなゲーム性で、これがあらゆる場面で訪れ楽しませてくれるわけです。

ヤッターマンの導入日は11月9日と間近なのでヤッターマンのゲーム性について紹介していきたいと思います。

また、やめどきポイントやフリーズに関しても考察&解説していきます。

ヤッターマン スロット新台 パチスロ ヤッターマン スロット新台 やめどきポイントやゲーム性に迫る!!

上記の通り本機ではART突入、ゲーム数上乗せ、ART抽選でリアルアナログ抽選「ヤッタールーレット」が発動しますが、注目ポイントも含め解説&考察していきたいと思います。

通常時のやめどきポイントはステージ!?

通常時はまずヤッター図柄揃い(ヤッタールーレット)or直撃当選でART目指すこととなりますが、基本はヤッター図柄揃いがART突入のメイン契機となるようです。

ヤッタールーレットはヤッター図柄揃いでに突入し、ベルやレア役で穴の「当たり」「ハズレ」が振り分けられ、6つ埋まった状態で最終的に動画のようなガチ抽選を行うというもの。ヤッター図柄は「青同色揃い」「異色揃い」の2種類あり、前者の場合は当たり穴が3つ以上!?とART突入の大チャンスとなっています。また、全ての穴が「当たり」になる激アツパターンも存在するようです!

ヤッター図柄揃いの同時当選期待度は「弱チェリー<スイカ<チャンスリプレイ・チャンス目<強チェリー<強ベル<中段チェリー」。

ドロンボー系ステージなら高確or超高確!?

通常時はヤッタールーレットやART直撃抽選に関わるステージが存在。ドロンボーのアジト潜入ドロンボーの本気モードは高確or超高確の可能性があるため少し様子を見た方が無難かと思われます。また全役で突入抽選を行っているいモードアップゾーンもあり消化中は内部モードアップに期待できるのでこちらもやめどきには注意したところですね!

ART中の上乗せは300G越えも当たり前!?

ART中の上乗せはレア役などで抽選しており、当選したゲーム数は液晶下にある6つの枠に一旦保管(Gパワーチャージ)。そしてART終了後の「上乗せを懸けたルーレット」で玉が入ったゲーム数を上乗せするというシステムになっています。チャージするたびそれぞれの枠に振り分けられゲーム数がたまっていくため、1つの枠に大量のゲーム数が表示されたときなんて、最後の上乗せルーレットは胃が痛くなりそうですね……。

上乗せルーレットでハズレに玉が入ったときやART消化中に上乗せゲーム数がなければ「ART継続をかけたルーレット」へと突入するわけですね。このルーレットからはARTの上位版である「超ビックリドッキリRUSH」への突入もあるので最後で大逆転!! なんてこともありえますね!

ちなみにルーレットの当たり表示は……

×…ハズレ
WIN…ART突入orART継続
数字…ゲーム数上乗せ
超…超ビックリドッキリRUSH
SP…スペシャルルート

があるようです!

ヤッターマン スロット新台 パチスロ ヤッターマン スロット フリーズ

フリーズは平均2000枚オーバー!?

本機にはロングフリーズが搭載されており、フリーズ発生時はプレミアボーナスとなる黄色ヤッター図柄揃い(約204枚獲得)と超ビックリドッキリRUSHが確定するようです!さらにボーナス消化中は赤7が揃う度に100ゲーム以上をチャージしていくため、かなりの恩恵を秘めているようです。

その期待値は平均2000枚オーバー!
とのことなので引いた際は平均以上は獲得したいところですね!詳細は下記をご覧ください。

  • フリーズ(確率・恩恵)

    ヤッターマン スロット新台 パチスロ ヤッターマン スロット 評価・感想

    ヤッタールーレットを制するものは出玉を制す

    さて、先述でもある通り、本機にはリアルアナログ抽選のヤッタールーレットが搭載されているわけですが、実際にやってみると……

    ヤバイ!なにコレ!面白い!

    意外と玉があっさりと穴に入ってしまうものの、その一瞬がたまらなくイイですね!言うなれば羽モノを打っている気分。羽モノ好きな方ならこの気持ち分かってくれると思います!

    ちなみに私は毎回こんな感じになります。

    ヤッタールーレット:私の場合

    (ルーレットレバーON!)

    行けっ!!

    (ルーレットまでの道のり…)

    (ドキドキ、ドキドキ)

    (ルーレットに玉が到着)

    (当たり穴に玉が入り……)

    っっっ!!!

    (ハズレ)

    ~~~~っっっ!?!?

    とまぁ、こんな感じになるわけですね。その逆も然りで、「~~~~っっっ!!!!」となるわけなんです。

    どうです?

    面白そうでしょう?

    こんな説明じゃわからんぜ!ってアナタは是非とも一度は打っていただきたいですね!これまでのスロットとはまた一味違う体験をきっとできることでしょう!!

    ヤッターマン スロット新台 パチスロ 天井・ゾーン・やめどき(ヤッターマン)

    ※11/26更新

    天井(恩恵)

    [1] 通常時700Gハマリ で天井到達となり、それ以降に引いたボーナスはART確定。
    [2] ART非当選のボーナスが9連続 した場合、10回目のボーナスで必ずARTに当選する。

    天井(狙い目)・やめどき

    クボンヌ …450G(450G)→0G
    KEN蔵 …500G(550G)→状態確認後
    とっぱち …500G(600G)→少し回してヤメ
    編集S …500G(500G)→少し回してヤメ
    ※()内は5.6枚交換の場合

    [ク] ボーナス間のハマリゲーム数は液晶ゲーム数を参考にしましょう。ART非当選のボーナスは7回スルーから狙います。

    [K] スルー回数が分かるホールであれば7スルーあたりかた打てそうです。

    [と] ボーナス7回でART非当選なら狙えそうかな。

    [編] 700Gハマリで天井となるわけではないので勘違いしないように(ボーナス成立が条件)。ART非当選のボーナスについては特に気にしないです(700Gハマリが先に来ると思うので)。

    ゾーン(狙い目)・やめどき など

    [ク] -

    [K] -

    [と] -

    [編] -