スーパーブラックジャック2 パチスロ スロカイザー 119.9%を狙え!!

スーパーブラックジャック2 パチスロ 119.9%を狙え!!

スーパーブラックジャック2(SBJ2)がホールデビュー。SBJといえば、いち早くホール景品にスログッズを並べたことで有名だ。

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

写真は我が家に眠っているスロキャラコレクションの1つ、2004年の初代Rioカレンダー(未開封)。ただし、クオリティ(エロさ)は2005年のカレンダーのほうが高い。圧倒的に高い。

また、SBJは『おっぱいマウスパッド』をいち早く採用したことでも有名だ。ただし、今と違いおっぱいマウスパッドが大量生産されていなかった(?)頃だからなのか、8000円以上もする高価なアイテムだった。当時の私は購入することができなかった。ちなみに購入した友人曰く、「Rioの乳は硬め」だそうだ。

そんなスロ業界に一石を投じた、思い出たっぷり(おもだく)なSBJが2となって帰ってきたのだ。こんなに嬉しいことはない。まぁ、Rioシリーズは定期的にリリースされていたけどね。

SBJ2最大の特徴は、何と言っても設定6の機械割が119.9%ということだろう。設定看破ポイントの詳細は不明だが、とりあえずストックタイム(ST)当選率に1/1585〜1/445(設定1〜6)と大きな設定差があるということは判っているので、現状はSTによく当たる台が優良台という認識で間違いないだろう。

ということで、夢の119.9%を目指してSBJ2と戯れてきた。

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

うむ、Rioさんの脚を組み替える仕草は素敵だ。ちなみに、脚を組み替える瞬間を激写したいときは

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

Rioさんが脚を解いたあとに組み直そうとする瞬間を狙って連写するといいだろう(基本は右脚が前)。

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

うむ、Rioさんの背中が素敵だ。ちなみに、この写真はシャワー演出発生時に連写すると簡単に撮れるぞ。

こんな感じで、何か起きたらパシャ、何も起きなくてもパシャ…とスマホのカメラ機能をフルに活用。おかげで心はほっこり豊かになったが、当選するボーナスはRio REGばかりで財布の中身は寂しくなった。

こいつは手強い機種だ、今回の実戦はここで終了しようか…。そう勝負を諦めかけていたとき、あまり強くない演出からいきなりリーチ目が出現してケツが浮く。リアルボーナスを狙っても揃わなかったので、Rioボーナスに当選したということか。

お願いだから今度はRio BIGで…お願いだからトランプは『10』以上で…。だが現実は厳しく、『9』が出現して逆押しナビ発生。これはRio REGだなと半分以上諦めて右リールにボーナス絵柄を狙うと

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

「ストックタァァァァイム!!」

中段にBARが停止して、液晶のナビはBAR揃いに昇格。こんなパターンがあったのか。これで念願のST突入だ。

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

そのST中にリアルREG当選。ST中にリアルボーナスを引けばSTゲーム数が再セットされるのでお得だ。

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

さらに勢いは止まらず、ST準備中にリアルBIG当選。欲を言うとST中に引きたかったのだが、まぁこれはこれでOKだ。

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

で、このST中にボーナスを4つストック。ストック数はまずまずなのだが、トランプ絵柄が全て『9』以下だということに不安を感じる。

その不安は的中して、Rio REGの告知が発生。だが、その直後に強烈な違和感が発生。

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

『!』ナビ出現、そして左リール下段にBARが停止。詳しいことは知らないが、おそらく『!』ナビはレア役対応だろう。そして左リール下段にBAR停止はレア役否定。ということは、つまり…

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

リーチ目が降臨してボーナスストック。

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

さらに再びリーチ目降臨。こちらはリアルBIG当選。

この流れは完全にもらったと思ったが、ここから大失速してボーナスストックを消化するだけの作業。そして、最後のボーナスストック。

トランプの絵柄は『J』まで昇格していたので、とりあえずRio BIG以上は確定だ。頼むぜ、最低でも緑BIGであってくれ。白BIGだけは勘弁な。

願いを込めて、右リールにボーナス絵柄を狙うと

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

「ストックタァァァァイム!!」

ちょっと待て、ちょっと待て。STに当選したのは嬉しい、嬉しいけれど、STってこんなに軽いのか。ちょっと待て、ちょっと待て。ST確率は1/1585〜1/445(設定1〜6)、これってまさか…まさかなんじゃないか!?

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

残念ながらこのSTはストック1個で駆け抜けてしまったが、私のテンションはアゲアゲ。「設定6かもしれない」と膨らむ期待。「119.9%かもしれない」と膨らむ望み。

©コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

「レバーを握るミントちゃんはエロい」と膨らむ色々なところ。もらった、もらった、完全にもらった。私はレバーを叩いた。叩き続けた。

暴れるお乳があればとことん揉みしだく、ペッタンお胸でも無理矢理独り占め。大胆不敵、電光石火。勝利は私のためにあるっ!! 威風堂々、傍若無人。どこまでも、どこまでも突っ走れぇぇっ!!

実戦終了。

今回の教訓

119.9%の設定6を、そう簡単に拾えるハズがない。