パチスロ 北斗の拳 強敵 パチスロ 打ち方(重要フラグ・リール配列)



まず中リール枠内に北斗絵柄を狙う。中段に止まった絵柄で残りのリールを打ち分けよう。


パチスロ 北斗の拳 強敵 パチスロ 中段ベル停止


残りのリールは適当打ちでOKだ。



ベルフラグは 7枚ベル 3枚ベル の2種類。7枚ベルには押し順の概念があり、押し順に正解すると中段に揃う。押し順不正解の一部で1枚役が入賞するぞ。

斜め揃いは3枚ベルでこちらは押し順不問で揃う。ちなみにハズレと7枚ベルの取りこぼしは同じ出目になるので、判別できない(AT中のみ判別可能)。



弱チャンス目A 成立時は上記の停止形となる。ハズレ・7枚ベルの取りこぼしと見間違えないように注意しよう。


パチスロ 北斗の拳 強敵 パチスロ 中段北斗停止


右リールを適当打ちし、リプレイがテンパイしなかった場合のみ左リールにチェリーを狙おう。リプレイがテンパイした場合はリプレイ確定なので左リールは適当打ちでOKだ。



チェリーフラグは 角チェリー 中段チェリー の2種類で、中段チェリーはAT当選のチャンスだ。



左リールにチェリーを狙ってハズれた場合は 弱チャンス目B となる。


パチスロ 北斗の拳 強敵 パチスロ 中段スイカ停止


右リール→左リールの順にスイカを狙おう。どちらも北斗絵柄または赤7を目安にすると狙いやすいぞ。



基本的に斜めに揃えば 弱スイカ 、平行に揃えば 強スイカ となる。



スイカが揃わなければ 強チャンス目 確定。第3停止後にリールフラッシュが発生するので見逃すことはないだろう。


パチスロ 北斗の拳 強敵 パチスロ 中段JAC停止


中段にJACが停止すれば JAC が揃い、AT当選濃厚。そしてさらなる特典がある模様だ。


パチスロ 北斗の拳 強敵 パチスロ 有効ライン

1ライン(中段)