パチスロ バイオハザード6 パチスロ 通常時・CZのポイント

パチスロ バイオハザード6 パチスロ パチスロ バイオハザード6 通常時・チャンスゾーンのポイント

バイオ6はART「ハザードラッシュ」とボーナスで出玉を獲得するA+ARTタイプ。通常時はまずART当選のメイン契機となる チャンスゾーン突入、そしてボーナスを目指す こととなる。

パチスロ バイオハザード6 パチスロ パチスロ バイオハザード6 モードとステージ

通常時は複数のモードが存在。モードはチャンスゾーン抽選に影響し、上位ほどチャンスゾーン当選率が高くなる。また、レア役がモードアップのカギを握っていると予想される。 前作同様 チャンスゾーンorARTに当選するまでモードは転落しない 模様なので、チャンスゾーン間で大きくハマる心配はなさそうだ。

液晶ステージは全部で5種類存在し、 地下研究室なら上位モードのチャンス、大学は上位モードの期待大 となる。

パチスロ バイオハザード6 パチスロ パチスロ バイオハザード6 前兆ステージ

緊迫・分断状態は前兆の一種で、 この状態に発展すればチャンスゾーンのチャンス となる。発展時は液晶左の6レンズが点灯するので見逃すことはないだろう。

前兆ステージは旧市庁舎、雪山洞窟、地下水路の3種類(キャラによって変化)。 ここに移行すればチャンスゾーンの大チャンス だ。

パチスロ バイオハザード6 パチスロ パチスロ バイオハザード6 エイダボーナス

バイオ6のボーナスは擬似ではなく純粋なボーナス(150枚獲得)で、通常時のボーナスは「エイダボーナス」となる。

ボーナス中は「%」アップ抽選が行なわれ(レア役なら必ずアップ?)、 100%に到達すればARTが確約 される。

100%に到達しないままボーナス終盤をむかえると「カーラバトル」に発展。この バトルに勝利すればART確定 だ。なお、エイダボーナスでの ART期待度は約50% となっている。

パチスロ バイオハザード6 パチスロ パチスロ バイオハザード6 ジュアヴォモード

前作の「ウロボロスモード」と同様に、レア役確率が大幅にアップするのが「ジュアヴォモード」で、このモードに滞在している間は レア役確率が約1/5 になる。ジュアヴォモードはART中のみならず通常時にも突入するため、突入時はチャンスゾーンやART当選のチャンスとなるだろう。

液晶やBGMが乱れ始めるとジュアヴォモード突入のチャンス で、サブ液晶のムービジョンが最上部まで上がりきればジュアヴォモード確定となる。リールロック後、液晶左上にジュアヴォゲームと表示されると必ずレア役が出現(擬似遊技)。 頻発するとジュアヴォモードに滞在している可能性が高くなる

「パンデミックジュアヴォモード」に突入すれば レア役確率が約1/3 までアップ。通常時、ART中どちらにしても、突入時の恩恵は絶大なものになりそうだ。

パチスロ バイオハザード6 パチスロ パチスロ バイオハザード6 チャンスゾーン「ハザードバトル」

ハザードバトルは10G+α継続。ベル(ベルこぼし目も含む)、レア役の一部で「通常ミッション」「シナリオミッション」に突入し、このミッションをクリアできればART当選となる。

通常ミッションは爆弾と協力の2種類あり、 協力へ発展すればART当選のチャンス だ。

シナリオミッションへ発展すればその時点でART当選の大チャンス。 クリーチャーを撃破することができればART確定 となる。

ベル、レア役時に味方キャラが登場すれば「クロスオーバー」となり、 ハザードバトルの残りゲーム数が10Gに再セット される。さらにクロスオーバー中は ミッションクリア期待度が大幅にアップ するぞ。なお、ハザードバトル突入時の ART期待度は約35% となっている。

パチスロ バイオハザード6 パチスロ パチスロ バイオハザード6 チャンスゾーン「パニックゾーン」

パニックゾーンの継続ゲーム数は20Gor無限で、毎ゲーム成立役を参照してART抽選が行なわれる。

フリーズが発生すればART当選となるのだが、フリーズは 様々なタイミングで発生する可能性がある ので、常に期待感を持って消化できるぞ。パニックゾーン突入時の ART期待度は約60%