マジカルハロウィン7 導入日 スペック 設定判別 天井 フリーズ 終了画面

コナミアミューズメントからマジカルハロウィン7が登場!

打ち方や設定判別、天井、やめどきなどの解析情報を随時更新していきます。

※編集部調べ

  • 2019/10/05スペック情報を公開
  • 2019/10/05機種ページを公開
導入日
2019/12/02
メーカー
コナミアミューズメント
タイプ
AT
純増枚数
約6.3枚/G

マジカルハロウィン7 スロット新台 導入日 スペック

導入日

導入日 2019年12月2日

スペック

基本スペック
設定 ボーナス
合算
AT
初当たり
機械割
1 1/232.5 1/641.7 98.3%
2 1/222.3 1/594.8 99.5%
3 1/210.9 1/547.9 100.7%
4 1/187.7 1/466.6 103.4%
5 1/173.4 1/420.5 105.0%
6 1/156.1 1/354.9 108.1%

多くのユーザーを虜にしてきたマジハロシリーズの最新作が遂に登場。今作の『マジカルハロウィン7』はシリーズ初のAT機なのだが、これまでのシリーズで好評だったポイントはバッチリ継承されているぞ。

AT突入のためには通常時でボーナスを引く必要があり、ボーナス当選のメイン契機はCZ。そのため、まずはCZ突入を目指そう。通常時は周期抽選システムが採用されており、周期到達時にCZ抽選が行なわれている。また、レア役でもCZ当選の可能性がある。

そして突入するCZ「桔梗ゾーン」は15G+α継続し、消化中は毎ゲーム成立役を参照してボーナス抽選アリ。また、上位CZに位置づけられる「鬼桔梗ゾーン」も存在。鬼桔梗ゾーンは突入時点でボーナスが確定するほか、成功すればAT中の展開を優位にする様々な恩恵を受けられるぞ。

なお、ボーナスは内部的に約+5枚/GのATで、3種類存在(BAR-BIG、赤7BIG、REG)。消化中はシリーズお馴染みの「まじかるちゃんす」抽選が行なわれており、当選すれば問答無用でAT確定だ。

そして、出玉獲得のために欠かせないAT「カボチャンス」はシリーズ初の試みが用意されている。

今作のATは、1Gあたりの純増枚数が"ナビモード"によって変化する…というシステムになっており、最低でも約+1枚/G、最上位モードである「ナビ盛」になれば約+3枚/Gのペースで出玉が増えていくぞ。また、AT中は「大作戦」突入抽選が行なわれており、最終的に大作戦を成功するとボーナスor上乗せトリガー(後述)確定だ。

本機の上乗せトリガーは「アリスの王様カボチャンス」と「ミコトタイム」の2種類が存在。前者はこれまでのキンカボとほぼ同じ性能を有しており、後者は20G継続・STタイプの上乗せ特化ゾーン。ミコトタイム中はATゲーム数上乗せ抽選が行なわれているのだが、消化中にカボ揃いを引いた場合は激アツ。その時点で「桔梗最終決戦」に発展し、勝利すれば上乗せ性能が大幅にアップした特化ゾーン「超ミコトタイム」に突入するぞ!

マジカルハロウィン7 スロット新台 打ち方 フラグ解説 リール配列

リール配列・ボーナス&小役構成

調査中

マジカルハロウィン7 スロット新台 小役確率 解析

調査中

マジカルハロウィン7 スロット新台 通常時 チャンスゾーン 概要

調査中

マジカルハロウィン7 スロット新台 AT 特化ゾーン 概要

調査中

マジカルハロウィン7 スロット新台 設定差 設定示唆 終了画面

調査中

マジカルハロウィン7 スロット新台 天井 やめどき 狙い目

天井

調査中

やめどき・狙い目

調査中

マジカルハロウィン7 スロット新台 フリーズ 確率 恩恵

フリーズ

調査中

マジカルハロウィン7 スロット新台 リセット 朝一 設定変更

設定変更時

項目 内容
天井までの
ゲーム数
調査中
液晶ステージ 調査中

電源OFF→ON

項目 内容
天井までの
ゲーム数
調査中
液晶ステージ 調査中