闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機 導入日 スペック 設定判別 天井 フリーズ 終了画面

オリンピアから闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機が登場!

打ち方や設定判別、天井、やめどきなどの解析情報を随時更新していきます。

※編集部調べ

  • 2019/10/01スペック情報を公開
  • 2019/10/01機種ページを公開
導入日
2019/10/21
メーカー
オリンピア
タイプ
AT
純増枚数
4.0枚/G

闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機 導入日 スペック

導入日

導入日 2019年10月21日

スペック

基本スペック
設定 闘魂GP
初当たり
機械割
1 1/442.6

調

2 1/418.8
3 1/380.0
4 1/324.5
5 1/274.1
6 1/215.2

猪木シリーズの最新作が満を持して、ホールにリングイン。6号機として新たに生まれ変わった、その名は『闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機』。本機は1Gあたり+4.0枚/GのATを搭載しており、プレイヤーはココを目指すことになる。

ただし、AT突入までにはハードルがある。通常時はレア役での抽選or規定ゲーム数消化で「闘魂グランプリ(闘魂GP)」に突入。闘魂GP中はバトルが展開され、猪木が勝利すれば次戦へと継続する。ここで3戦勝利すればAT確定だ(1〜3戦目の勝利期待度は約80%)。

なお、闘魂GPは3戦勝利後も継続する可能性があり、4〜7戦目は勝利するたびにATをストック。8戦目まで勝利するとシリーズではお馴染みの「道」演出が発生し、大量出玉獲得が約束される仕様となっているぞ。

そして、闘魂GPを越えて突入する「闘魂チャンス」はナビ回数管理型のAT。消化中はレア役成立時にナビ回数上乗せ抽選が行なわれるほか、AT自体をストックする可能性もアリ。また、AT終了時に「お願いしまーす!」演出が発生すればAT継続確定。さらなる出玉獲得を目指し、気合いを入れてATを消化しよう。

なお、通常時にもプレイヤーを楽しませる様々な仕掛けが存在する。

演出失敗時などで獲得する"怒ポイント"がMAX到達で突入するボーナス+AT高確率ゾーン「コロシアムゾーン」、AT後に突入する可能性があるAT高確率ゾーン「超通常時」、様々なタイミングで突入するAT大量ストックトリガー「猪木の非常識」…など、いつ何時でもプレイヤーが元気になれる仕様に仕上がっているぞ!

闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機 打ち方 フラグ解説 リール配列

リール配列・ボーナス&小役構成

調査中

闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機 小役確率 解析

調査中

闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機 通常時 チャンスゾーン 概要

調査中

闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機 AT 特化ゾーン 概要

調査中

闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機 設定差 設定示唆 終了画面

調査中

闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機 天井 やめどき 狙い目

天井

調査中

やめどき・狙い目

調査中

闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機 フリーズ 確率 恩恵

フリーズ

調査中

闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機 リセット 朝一 設定変更

設定変更時

項目 内容
天井までの
ゲーム数
調査中
液晶ステージ 調査中

電源OFF→ON

項目 内容
天井までの
ゲーム数
調査中
液晶ステージ 調査中