天龍∞ 打ち方 攻略 スペック ボーダー 導入日

マルホンから天龍∞が登場!

ボーダーや止め打ち等の攻略情報を随時更新していきます。

※編集部調べ

  • 2018/02/05ラウンド中と電サポ中の止め打ち手順を追加
  • 2017/12/15機種ページを公開
導入日
2018/01/22
メーカー
マルホン
タイプ
普通機

天龍∞ パチンコ 導入日 スペック 7000ver.

導入日

導入日 2018年1月22日

スペック

基本スペック[VS]
総払い出し
玉数
16R 1760個
アタッカー詳細 賞球11個・10カウント
賞球数 電チュー 15個
その他 9個

どこか見覚えのある3段クルーンを突破できれば約7000個! 短時間勝負でも大量出玉の夢が見られる「天龍∞(インフィニティ)」が登場する!

飛び込み口に入った玉が役モノ(龍の爪&3段クルーン)を全て突破できれば16Rの大当たりが4連チャンする一玉入魂のゲーム性。3段クルーンは全て3つ穴のうち1つが突破穴となっているが、上段クルーンでハズれた場合は復活のチャンスあり! ハズレ穴の先にある復活ルートをタイミングよく通過すればいきなり下段クルーンに玉が出てくるぞ。

通常時は左打ちと右打ちで異なるゲーム性を選べる斬新なシステムを採用しており、頻繁に入る左打ちルートは突破の難しい龍の爪から、なかなか入らない右打ちルートはいきなり三段クルーンから…と、プレイヤーの好みで打ち分けられる。

天龍∞ パチンコ 導入日 スペック 5000ver.

導入日

導入日 2018年1月22日

スペック

基本スペック[VV]
総払い出し
玉数
16R 1250個
アタッカー詳細 賞球10個
8カウント
アタッカー詳細 V 賞球5個
10カウント
賞球数 電チュー 15個
その他 9個

7000ver.と同時リリースの5000ver.は、Vに入れば大当たり4回で約5000発と、若干マイルドで遊びやすくなっている。

7000ver.との違いは役モノ入り口付近のゲージと出玉のみなので、ゲーム性の核となる役モノは両スペックとも同じ。5000発をかけた興奮のクルーン勝負を体感しよう。

天龍∞ パチンコ 潜伏 セグ

潜伏確変

『CR天龍∞』に潜伏確変は搭載されていないため、通常時ならいつヤメても問題ない。

天龍∞ パチンコ システム解説 打ち方

天龍∞は玉が役モノを全て突破すれば大当たり。ただし当たれば1760個払い出しの16R×4回と大量出玉が約束されることもあり、大当たりまでには複数の関門を突破する必要があるぞ。

役モノは龍の爪と3段クルーンで構成されているが、最も突破が困難な龍の爪を突破して3段クルーンに到達すればチャンスだぞ。

通常時は左打ちor右打ちを選択

役モノには左と右に1ヶ所ずつ、計2ヶ所の入り口が存在する。

それぞれ入りやすさと入った玉の出口が違うので、自分のスタイルや台の状況に合わせてどちらを攻めるか選択しよう。

左の入り口に入った玉は役モノ最上段の龍の爪からスタートする。龍の爪は突破のハードルが高めだが、入り口には入りやすいので動きが欲しいプレイヤーにオススメだ。

右の入り口は玉が入りにくくなっているが、もし入ればいきなり3段クルーンからの勝負となる。機会は少なくても1回の大チャンスにアツくなりたいプレイヤーは右打ち消化がオススメだ。

龍の爪

左打ちの場合、最初にして最大の関門がこの「龍の爪」。内外2層構造の突起が円形に並んで回転しており、クルーンへ通じる入り口はその先(中央手前)に配置されている。

回転体は内側(黒)が反時計回り、外側(スケルトン)が時計回りに回転しており、奥から転がってくる玉の軌道を変えてしまうのでなかなか中央の穴にはたどり着けないが、右側のチューブ状のルートに玉が向かえばチャンス。玉が回転体の干渉を受けずにクルーン入り口の真上に落ちるぞ。

回転体の先にあるクルーン入り口は一定間隔で開閉を繰り返しており、入り口に入ろうとする玉を妨害する。爪が左側にスライドしている間が突破のチャンスだ。

3段クルーン

玉がクルーンまでたどり着けばチャンス到来。クルーンは全て3つ穴で、最終的に下段クルーンの突破穴に玉が入れば大当たりだ。

上段と下段は手前が突破穴、中段は奥が突破穴となっている。

復活ルート

上段クルーンでハズれた場合は復活の可能性アリ(中段ハズレはナシ)。

復活ルートの出口は下段クルーンなので、ハズレから一転して激アツの1/3勝負となるのだ。

上段クルーンのハズレ穴から役モノの外に排出される道の途中に一定間隔で前後するスライド板が存在。このスライド板が手前に出ている時に玉がハズレ穴を通過すると復活ルートへ向かうぞ。

大当たり=4連チャン!

役モノを全て突破したら大当たりの権利獲得。

まずはガイドに従い右打ちで電チュー保留を4個溜めよう。矢印の先に4個並んだランプが全て赤く光ったら保留満タンだ。

この電チュー保留1個につき大当たり1回、つまり1個でも保留を貯め損なうと大損となるので必ず保留は満タンにしよう。

その後は開放するVアタッカーに玉を入れたら大当たりスタート。これを4回繰り返せば約7000個の玉が払い出されるぞ。

天龍∞ パチンコ ボーダー 止め打ち

ボーダーライン

調査中

ラウンド中 止め打ち

1R目はVアタッカー(下アタッカー)が開放し、ここでVを獲得。V獲得後は上アタッカーが開放し、2〜16R目を消化する。

Vアタッカー

アタッカー性能
  • 賞球数…11個
  • カウント数…10カウント
  • センサー感知…不明

Vアタッカーの開放パターンはショート開放18回で、1開放目と2開放目の後のみインターバルが長くなっている(3回目以降は高速パカパカ)。ただ、道中にこぼしがなくスライド板の上には玉の勢いを弱める突起が付いているので、容易に10個入賞させることができる。

Vを獲得するだけなら1個入賞させるだけで問題ないが、本機はVアタッカーも賞球数が多いので、しっかりと10個入賞させて出玉を獲得しよう。ちなみにメーカー公表の1760個という払い出し玉数は、Vアタッカーでの10個入賞を前提とした数値となっている。

止め打ち手順

手順1

2回目の開放を確認したら打ち出しを開始

手順2

Vアタッカーに7〜8個入賞したら打ち出しを停止

止め打ちポイント

上記はインターバルが短くなる3回目以降を狙う手順。これはオーバー入賞狙いではないが、止め打ちでムダ玉を少し軽減することが可能。大当たりが終了し、次の大当たりを獲得するまで打ちっぱなしだと相当数のロスが生じてしまうので、しっかりと下アタッカーの開放に合わせて打ち出しを開始しよう。

ちなみにVアタッカーまで距離が遠く、玉の動きが一定ではないため、単発打ちで毎開放を狙うのは非常に困難。結果的に空振りが増えて出玉が減ってしまう可能性が高いのでオススメはしない。

上アタッカー

アタッカー性能
  • 賞球数…11個
  • カウント数…10カウント
  • センサー感知…普通

上アタッカーの開放パターンは一般的なロング開放。直前にこぼしがあり、ここでかなりのロスが生じるが、上アタッカーの真上にあるおまけ入賞口(9個賞球)がカバーしてくれるので、大当たり出玉は公表スペックと大きくズレることはない。

止め打ち手順

他の右打ち機と違い天井部分に玉の勢いを弱めるプレートが存在しないので、打ち出しの強弱でオーバー入賞を狙うことはできない。素直にラウンド間の止め打ちを実践しよう。

電サポ中 止め打ち

電チュー性能

  • 賞球数…15個
  • 開放パターン…1種類
  • 小デジ変動秒数…不明
  • カウント数…4カウント

本機は確変や時短といった電サポ状態は存在せず、電チューは役モノでV入賞したときのみ開放する。

開放パターンはショート開放の連続で、開放回数はかなり多い(正確な開放回数は不明)。ここで必ず4個入賞させる必要があるのだが、普通に右打ちしていれば問題なく入賞する。

止め打ち手順

手順1

1回目の開放を確認したら打ち出しを開始

手順2

4個目が入賞したら打ち出しを停止

止め打ちポイント

電チューの開放回数が多いので、1回目の開放を見てからの打ち出しでも十分間に合う。

3個目が入賞した時点で打ち出しを止めて、その時点で盤面に残っている玉で4個目の入賞を狙うことも可能だが、電チューの手前にはこぼしがあり、運悪くすべてそこに流れる危険性があるためしっかり4個入賞させてから打ち出しを止めたほうが安全だろう。

ちなみに保留の点灯状況は電チュー上部のランプで確認することができる(写真は保留3個の状態)。保留1個が大当たり1回(約1700個の出玉)に直結するので、保留は必ず満タンにしよう。

天龍∞ パチンコ 評価 感想 ライターコラム

ライターコラム

近日追加予定