CRリング 終焉ノ刻 パチンコ 評価 感想 ライターコラム

リング 終焉ノ刻 パチンコ 評価 感想 ライターコラム

ライターコラム

リング終焉ノ刻は貞子の手以上にビビったことがある

運留のふっといでぇ 運留

初めてSTに突入した運留だったが、貞子の手以上にビビったのはST中のモードの数。中年貧乏性の運留はこの初STをどのモードで消化しようか悩んでいたが、まずは定番メニューを知ってから……ということで「貞子接近モード」を選択。

打ち続けると定番のモードだけあって、大当たりとともに手が落ちてくるシリーズお馴染みの演出を堪能し、次は保留変化を楽しむ「保留モード」を選択した運留。リングのSTは保留変化に頼らないことがひとつの特徴だったが、このモードは画面全体が保留になるという新しい演出を搭載。こんな感じで色々なモードを試していると、気付けば出玉が……!?

運留のコラムは下記リンクにて無料掲載中!

最恐最驚の最強リングがPとSで

2017年5月26日に株式会社藤商事 東京支店にて『CRリング 終焉ノ刻』と『パチスロ リング終焉ノ刻』のプレス発表会が行なわれた。デビュー10周年となるパチンコリングシリーズ最新作は、井戸から飛び出す貞子をイメージした新筐体「井戸枠」を採用しており、前作以上にリングの世界観を体感できるようなクオリティとなっている。

さらにパチンコリングシリーズの代名詞とも言える手役物は、落下するだけでなく上昇したりと更なる進化を遂げているぞ!当日の詳細や『パチスロ リング終焉ノ刻』の情報は下記リンクにて無料掲載中!