戦国†恋姫〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜 導入日 動画 評価 感想 保留 信頼度

藤商事から戦国†恋姫が登場!

保留信頼度や各種演出の信頼度、ボーダー、止め打ち等の攻略情報を随時更新していきます。

※編集部調べ

  • 2016/10/25状況別の止め打ち手順を詳細に解説!
  • 2016/09/29俺の嫁カットインに大注目!
  • 2016/09/03機種ページを公開
導入日
2016/10/03
メーカー
藤商事
タイプ
ミドル・変則

戦国†恋姫〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜 パチンコ 導入日 スペック 動画

導入日

項目 内容
導入日 2016年10月3日

基本スペック

基本スペック[FPL]
実質当り
確率
左打ち 1/259.0
右打ち 1/1.551 (※)
連撃ラウンド
システム突入率
(夢幻円舞BONUS)
65%
電サポ内容 0or1or100回
連チャン
期待度
継続チャレンジ(時短中)期待度 64.5%
天下ラブチャンス(残保留)期待度 64.5%
総払い出し
玉数
実質4R 320個
実質8R 640個
実質12R 960個
アタッカー詳細 賞球10個・8カウント
賞球数 左打ち(ヘソ) 5個
右打ち(電チュー) 1個
その他 3or8個
※小当たり確率(=通常消化で必ずV入賞する)

妄想爆裂煩悩灼熱歴史アドベンチャーゲーム『戦国†恋姫』がパチンコになって登場する。

スペックは1種2種混合タイプ。初当たり以外の「連撃ラウンドシステム」は実質当りが1/1.55(期待度64.5%)と極めて高く、右打ち中は当該変動と電チュー保留で最大2回の抽選を受けられる。たとえ1回目の抽選「継続チャレンジ」に失敗しても、2回目の抽選「天下ラブチャンス」で成功すれば大当たり&時短継続となるため、2回の抽選を考慮した継続率はかなり高いぞ。

左打ち時は振り分けギミックによって玉の行方が決まる盤面構成となっている。さらに合戦ステージは複数のユニークな可動ギミックがあるため、間延びとは無縁の遊技を楽しめるだろう。

大当り振り分け

ヘソ入賞時
種類 電サポ 割合
夢幻円舞
BONUS(実質4R)
100回 50.0%
天下分け目
BONUS(実質12R)
勝利 100回 15.0%
敗北 なし 35.0%
電チュー入賞時
種類 電サポ 割合
夢幻円舞
BONUS
実質12R 1回 11.5%
実質8R 38.8%
実質4R 49.7%

ヘソ入賞時の大当たりは65%で時短に突入する。4Rなら時短濃厚の夢幻円舞BONUS、12Rなら天下分け目BONUS中の演出で成功すれば時短に突入濃厚となる。初当たり後の時短は100回なので、次回大当たりはほぼ約束されている。

電チュー入賞時の大当たりは全て時短継続濃厚。回数は1回&貯留できる電チュー保留は1個だが、右打ちしていれば当該変動と保留で2回の抽選を受けることができるぞ。大当たり期待度は保留1個につき64.5%だ。

戦国†恋姫〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜 パチンコ 潜伏 セグ

戦国†恋姫に潜伏は有りません。

戦国†恋姫〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜 パチンコ 大当り ゲームフロー

天下分け目BONUS

通常時大当たりの50%を占めるBONUSで、実質12R分の出玉を獲得できる。右打ちする(以下、大当たり中、電サポ中は右打ち)。
ラウンド中に発生する戦いに勝利することができれば夢幻円舞BONUSへ。ラウンド中の戦いは「襲」、「撃」、「掌」など6種類あり、ボタンを連打したり長押ししたり一撃などで勝利を目指す。
天下分け目BONUSから夢幻円舞BONUSに突入する確率は30%。

連撃ラウンドシステム

ラウンド中演出の夢幻円舞BONUS、時短1回転目の継続チャレンジ、「泣きの1回」の天下ラブチャンスを一連の動きで見せるのが連撃ラウンドシステム。

夢幻円舞BONUS

通常時は大当たりの50%を占める大当たりで、実質4R分の出玉を獲得できる。
右打ち時は大当たりで必ず夢幻円舞BONUSとなる。実質4Ror8Ror12R分の出玉を獲得できる。
BONUS中は液晶画面に円舞玉(4つで1セット)が表示され、なくなるまで継続する。

継続チャレンジ

ラウンド中の液晶画面から円舞玉がなくなると大当たりは終了。右打ちを継続することでスルー通過→道ができることで電チュー開放となる黒いアタッカーが開く→入賞で1/1.551つまり約64.5%の確率で小当たり→盤面右下アタッカーが0.1秒×10回開放→V通過後、右上アタッカー開放の大当たり消化(夢幻円舞BONUS)となる。
電チューには保留が1個あるので、ここで当たらなかった場合は天下ラブチャンスへ。

天下ラブチャンス

継続チャレンジで当たらなかった場合の「泣きの1回」。1/1.551つまり約64.5%の確率で小当たり→盤面右下アタッカーが0.1秒×10回開放→V通過後、右上アタッカー開放の大当たり消化(夢幻円舞BONUS)となる。
演出は嫁ルートと鬼ルートから選択することができる。嫁ルートでは恋姫の思いが成就すれば夢幻円舞BONUSへ、鬼ルートでは鬼を撃破できれば夢幻円舞BONUSだ。

合戦ステージ

ヘソ入賞を左右するのは合戦ステージだ。
左打ちすると、盤面左側中央にある振り子によって、左に7個、右に1個と定期的に振り分ける。
右に流れた玉は必ず合戦ステージに向かう。3つ穴クルーンなどを経て、大砲ギミックによって真っ直ぐ発射できた場合はヘソに向かって一直線となる。
多くの場合はステージ左右に流れ、定期的な動きを繰り返す大槍ギミックにタイミング良く弾かれればヘソ入賞のチャンスだ。
ここでも多くの場合、タイミングが合わずにステージ手前に流れるが、ヘソ入賞のチャンスは残されている。

戦国†恋姫〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜 パチンコ 保留 保留変化 信頼度

保留変化予告

液晶下部に表示されている保留アイコンが変化したらチャンスだ。

演出の種類 演出の信頼度
5.4%
久遠 通常 27.6%
66.4%

戦国†恋姫〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜 パチンコ 通常時予告 演出 信頼度

恋姫シャッター連続予告

ボタンを押して恋姫シャッターが閉まったら連続する。ギミックが落下すればチャンス拡大。

演出の種類 演出の信頼度
2連 1.7%
3連 23.6%

カード連続予告

同じカードが連続するとルーレットが発生する。

演出の種類 演出の信頼度
ひみつ 48.9%

真剣勝負予告

どんなリーチに発展するのか!

演出の種類 演出の信頼度
8.8%

姫語予告

「ひめがたり」予告は様々なリーチに発展!?

演出の種類 演出の信頼度
赤墨 26.0%

小夜叉ヒャッハァー!予告

ノーマルリーチ中に出現することがある。

演出の種類 演出の信頼度
小夜叉ヒャッハァー! 29.1%

ミニキャラハリケーン予告

ミニキャラがハリケーンのように発生。舞い上がったキャラが振ってくると大チャンスだ。

演出の種類 演出の信頼度
ミニキャラハリケーン 44.1%

俺の嫁カットイン

多彩な描き下ろしイラストがリーチ中に出現すると、信頼度は60%オーバー。

演出の種類 演出の信頼度
俺の嫁カットイン 約60%

決戦の刻予告

バトルリーチへ!信頼度は40%以上だ!

演出の種類 演出の信頼度
決戦の刻予告 42.5%

我が下に集え予告

大いに期待できるムービー演出だ。2/3の確率で大当たりになる。

演出の種類 演出の信頼度
我が下に集え予告 66.3%

一撃ボタン予告

ボタンを押せ! ローリングボタンならさらにチャンスだ。

演出の種類 演出の信頼度
一撃ボタン予告 19.2%

トキメキをすぐに連続予告

注目の連続予告。続くほど期待度がアップする。

演出の種類 演出の信頼度
トキメキをすぐに連続予告 調査中

エーリカご神託予告

連続演出への発展に期待しよう。

演出の種類 演出の信頼度
エーリカご神託予告 調査中

鞠ステップアップ予告

鞠が登場してステップアップしていく。

演出の種類 演出の信頼度
鞠ステップアップ予告 調査中

もののふステップアップ予告

もののふたちが次々に登場する。

演出の種類 演出の信頼度
もののふステップアップ予告 調査中

ラブコメ予告

会話を選択して恋姫とコミュニケーションを!

演出の種類 演出の信頼度
ラブコメ予告 調査中

恋姫紹介予告

総勢48名の恋姫が紹介される!?

演出の種類 演出の信頼度
恋姫紹介予告 調査中

恋姫ぶらり日記予告

様々な恋姫たちが登場する。

演出の種類 演出の信頼度
恋姫ぶらり日記予告 調査中

鞠のからくりスイッチ予告

鞠が活躍する!

演出の種類 演出の信頼度
鞠のからくりスイッチ予告 調査中

愛菜のどや看板予告

看板に書いてある内容に注目しよう。

演出の種類 演出の信頼度
愛菜のどや看板予告 調査中

森で発見! 桃源郷予告

まさに桃源郷?

演出の種類 演出の信頼度
森で発見! 桃源郷予告 調査中

市の愛に染まれ予告

市が壁を破壊できれば!

演出の種類 演出の信頼度
市の愛に染まれ予告 調査中

温あがり予告

数多くのパターンがある。

演出の種類 演出の信頼度
温あがり予告 調査中

戦国†恋姫〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜 パチンコ 通常時リーチ 演出 信頼度

ミュージックリーチ

「三ばかなんて呼ばせない!」と「美しき勇者」の2種類。天下分け目チャンス、バトルリーチに発展することがある。

演出の種類 演出の信頼度
美しき勇者 3.2%
三バカなんて
呼ばせない!

恋姫日常リーチ(三若)

特盛定食をたいらげられれば!

演出の種類 演出の信頼度
恋姫日常リーチ(三若) 6.1%

恋姫日常リーチ(綾那)

木彫りの熊を完成させろ!!

演出の種類 演出の信頼度
恋姫日常リーチ(綾那) 5.4%

恋姫日常リーチ(ひよ子&転子)

でっかい籠をを運びきれるのか!

演出の種類 演出の信頼度
恋姫日常リーチ(ひよ子&転子) 7.0%

恋姫日常リーチ(詩乃)

落とした柿を捕まえろ!

演出の種類 演出の信頼度
恋姫日常リーチ(詩乃) 21.7%

恋姫VSリーチ(美空)

「楽勝ね♪」で大当たりだ。

演出の種類 演出の信頼度
恋姫VSリーチ(美空) 21.8%

恋姫VSリーチ(一葉)

「いけ! 三千世界!!」。恋姫VSリーチでは鬼を撃破できれば夢幻円舞BONUSへ。

演出の種類 演出の信頼度
恋姫VSリーチ(一葉) 26.4%

恋姫VSリーチ(久遠)

「日の本を守るために!」

演出の種類 演出の信頼度
恋姫VSリーチ(久遠) 38.8%

ぽんぽんチャンス

あたまをぽんぽんしてキゲンを取れれば天下分け目チャンスへ。葵、秋子、光璃などのパターンがある。

演出の種類 演出の信頼度
発展率17.7%
秋子 発展率31.2%
光璃 発展率64.9%

八咫烏襲来

八咫烏紋を撃退できれば天下分け目チャンスへ。

演出の種類 演出の信頼度
烏&雀 発展率39.9%

天下分け目チャンス

様々な演出から突入する。天下分け目BONUSの枠が多いほどチャンス。

演出の種類 演出の信頼度
成功率 38.0%

戦国†恋姫〜乙女絢爛☆戦国絵巻〜 パチンコ ボーダー 止め打ち

通常時のステージ止め


盤面左には玉を左右に振り分けるギミックが存在し、左打ちした玉は基本的にこのギミックに玉が入賞。入賞後は振り分け弁によって「左ルート7回→右ルート1回」と規則的に振り分けられる。

なお、超弱め打ちでこのギミックを避けることも可能だが、「優秀なステージの恩恵が受けられない」「液晶上に警告メッセージが出る」など、デメリットしかないのであえて狙う意味はない。

ちなみに左ルートの玉は従来のパチンコ機と同じように、盤面左から道クギを通ってヘソへと向かうが、ギミックを出てすぐのゲージ構成が非常に悪く、ここでに左こぼれることが多いので、ヘソに向かう玉は少ない。



右ルートの玉は「合戦ステージ」と呼ばれる特殊なステージに突入し、手前の真ん中の穴に入ればそのままヘソに入賞する。左ルートのヘソ入賞率が低いぶん、こちらからの入賞率はかなり高めに設定されている。

玉同士の干渉により入賞率を下げてしまう危険性があるため、ステージに玉が乗ったら打ち出しを止めた方が良いだろう。本機はステージに乗る玉が8個に1個と決まっているので、8個打ったら打ち出しを停止して、ステージから玉がなくなったらまた8個打つ、を繰り返そう。

電サポ中の止め打ち

電チュー性能

  • 賞球数…1個
  • 開放パターン…1種類(1回開放)
  • 小デジ変動秒数…ハズレ1種類・当り3種類
  • カウント数…10個

電チューの上部には振り分け弁があり、玉は左右交互に振り分けられる。左ルートの玉のみ電チュー入賞の可能性があり、電チューが開放しているときに玉が左にくればほぼ確実に電チューに入賞する。



止め打ち手順


振り分け弁が右ルートの場合
玉を2個打つ

振り分け弁が左ルートの場合
玉を3個打つ


スルー周辺のゲージ構成は非常に優秀。ほぼ右打ち1個目でスルーを通過するが、1個目は開放に間に合わず電チューを通り過ぎてしまうので、2個目で入賞を狙う。ただ、振り分け弁の初期位置が左ルートの場合、2個目が右ルートにいってしまうので、その場合は1個多く打ち出して3個目で電チュー入賞を狙おう。



電チューは保留が1個(当該変動と合わせて2回転分)しか貯留しないので、保留が満タンになったら打ち出しを停止しよう(止め打ちを実践しても玉が減ってしまう)。ちなみに、電チュー保留が0個の初回大当たり時は必ず電チューに玉を2個入賞させる必要があるが、2連チャン目以降は継続するポイントによって電チューに入賞させる必要個数が変化するので注意が必要だ。


1stチャンス「継続チャレンジ」に成功した場合
1回転目で当たっているので、2回転目の保留が残っている。これが次回の1回転目になるため、次回は電チューに1個入れるだけでOK。

2ndチャンス「天下ラブチャンス」に成功した場合
継続チャレンジの失敗で1回転目の保留を消化し、天下ラブチャンスで2回転目の保留を消化。これで保留がなくなる。そのため次回は電チューに2個入れる必要がある。

これを知っていれば、わずかではあるがさらにムダ玉を減らすことができる。ゲーム性が特殊で少し難しいので、不安な人は毎回2個入賞させよう。

大当り中の止め打ち

アタッカー性能


・賞球数…上アタッカーは10個、下アタッカーは3個
・カウント数…上アタッカーは8カウント、下アタッカーは10カウント
・センサー感知…上アタッカーはやや早め、下アタッカーは不明



上アタッカーがメインで、下アタッカーは小当たり当選時に開放。「下アタッカーが開放→下アタッカーの内部にあるV入賞で大当たりの権利獲得→上アタッカーで大当たりを消化」というのが基本的な流れとなる。

下アタッカーはパカパカとショート開放を繰り返すため、センサーの感知は不明。10個入賞or10回開放で終了となるため、10カウントに到達する前に終了してしまうことも多い。そのためオーバー入賞はほぼ不可能。いずれにせよここでVに入賞させないと大当たりの権利を失ってしまうので、必ず1個以上は入賞させよう。

なお、賞球数が3個と少なく、ショート開放で玉がこぼれることが多いため、Vを獲得したら無理に狙わずに打ち出しを止めるのもあり。

上アタッカーは大当たり獲得後に開放。直前にこぼしが1ヶ所あり、1Rで1〜2個のムダ玉が発生する。センサーの感知が早いため、打ちっ放しでオーバー入賞することはほぼない。



止め打ち手順(上アタッカー開放時)


手順1
アタッカーに7個入賞したら打ち出しを停止(3〜4個目入賞を目安に打ち出しを停止)

手順2
8個目を弱めに打ち出し、9個目を強めに打ち出す



天井部分に段差があるため、弱め打ちの難易度は高め。玉の勢いを少しだけ弱めるくらいは可能だが、アタッカーのセンサー感知が早いため、その程度だとオーバー入賞率はほとんどアップしない。また賞球数が10個と少なく、成功時の恩恵もよりも失敗時の損失のほうが大きくなる可能性が高いので無理に狙う必要はないだろう。ラウンド間のムダ玉を防ぐ簡易止め打ちのみ実践しよう。