烈火の炎2 保留 信頼度 評価 感想 ボーダー

平和からCR烈火の炎2が登場!

保留信頼度や各種演出の信頼度、ボーダー、止め打ち等の攻略情報を随時更新していきます。

※編集部調べ

  • 2017/01/23記事を見やすく分割しました
  • 2016/12/28甘デジでも爆裂仕様!? 99.9verを追加
  • 2016/11/02219verでも16Rの出玉は約2600発!
導入日
2016年6月13日
メーカー
平和
タイプ
ミドル・ST

烈火の炎2パチンコ 導入日 スペック 動画

導入日

項目 内容
導入日 2016年6月13日

動画・PV

公式動画・PV

スペック(319ver)

基本スペック

基本スペック
大当り確率 低確率 1/319.7
高確率 1/95.8
ST突入率 ヘソ 60%
電チュー 100%
ST回数 100回
ST継続率 65%
ST中16R比率 80%
賞球数 1&3&4&15
カウント 10カウント
ラウンド 16R or 14R or 13R or 3R
時短 50回

16Rは2400+α! 烈火の炎シリーズ最新作が、ゴチ装置の進化版『バーニングユニット』をひっさげて登場する!

バーニングユニット内には火影GATE(賞球4個)と烈火GATE(賞球15個)の2つのアタッカーが上下に並んでおり、上部の振り分け弁によって4個に1個は火影GATEに玉が向かっていく。

16R大当たり時はこのバーニングユニットが作動するため、烈火GATEの2400個に火影GATE入賞分が加算された大量払い出しとなっている。さらに右打ち中の大当たり時は80%でこの16Rが振り分けられるため、ST突入時の期待感は計り知れないぞ!

大当り振り分け

項目 ラウンド 出玉 電サポ 割合
ヘソ 14R通常
(実質6R)
900個 50回 16%
13R通常
(実質6R)
900個 50回 24%
14R確変
(実質12R)
1800個 100回 24%
13R確変
(実質12R)
1800個 100回 36%
電チュー 16R確変 2400個 100回 80%
3R確変 450個 100回 20%

大当たり関連数値

平均連チャン数
TOTAL 時短込 2.27連
含まず 2.15連
初当たりが確変 2.85連
初当たりに対する平均出玉
TOTAL
止め打ちなし 止め打ち実行
時短込 3915個 3975個
含まず 3699個 3756個
初当たりが確変
止め打ちなし 止め打ち実行
5420個 5496個
シミュレート時の大当たり出玉
止め打ちなし 止め打ち実行
3R 440個 440個
6R 880個 890個
12R 1760個 1780個
16R 2350個 2380個
通常時 回転数別大当たり期待度
100回転 26.9%
200回転 46.6%
300回転 60.9%
400回転 71.4%
500回転 79.1%
600回転 84.7%
700回転 88.8%
800回転 91.8%
900回転 94.0%
1000回転 95.6%

スペック(219ver)

基本スペック

基本スペック
大当り確率 低確率 1/219.2
高確率 1/96.0
ST突入率 ヘソ 50%
電チュー 100%
ST回数 100回
電サポ内容 100回
連チャン
期待度
ST100 64.9%
時短100 36.7%
総払い出し
玉数
3R 450個+α
4R 600個+α
5R 750個+α
16R 2400個+α
アタッカー詳細 賞球15個・10カウント
賞球数 ヘソ 3個
電チュー 1個
その他 3or4個

バーニングユニットの破壊力が魅力の「烈火の炎」に219verが加わった! 1/219と大当たり確率は高くなったもののアタッカーの払い出しに変更はないため、MAX2400+αの出玉感を堪能しやすくなったと言えるだろう。

スペックは319verと同様のV+STタイプで、STも同様に100回転。ヘソ経由大当たりからのST突入率は50%になっているが、通常大当たり場合は電サポはすべて100回転。大当たり確率が高められている分、引き戻しにも十分期待が持てるぞ!

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
種類 電サポ 割合
5R確変 100回 50%
4R通常 100回 50%
電チュー入賞時
種類 電サポ 割合
16R確変 100回 50%
3R確変 50%

ヘソ入賞時のST突入率は50%だが、通常当たりでも電サポが100回ついてくるため引き戻しのチャンスは大きい。もちろん右打ち中の大当たりはST突入確定となるぞ。

2400個+α獲得可能な16Rは右打ち中の50%と、319verと比べると抑えめになっている。

スペック(99ver)

基本スペック

基本スペック
大当り確率 低確率 1/99.9
ST中 1/66.0
ST突入率 ヘソ 1%
電チュー 100%
ST回数 40回
電サポ内容 40or90回
連チャン
期待度
電サポ90 67.2%
ST40 45.7%
時短40 33.1%
総払い出し
玉数
2R 300個+α
3R 450個+α
16R 2400個+α
アタッカー詳細 賞球15個・10カウント
賞球数 ヘソ 4個
電チュー 1個
その他 4個

烈火の炎2の新スペックは羽根デジタイプ。ただしかなりエッジの効いた仕様になっている。

初当たりはほぼ通常で、電サポ中に当たればST40回+時短50回の電サポに突入するためSTまでのハードルは少々高いが、電サポ中の大当たり時は2400個払い出しの16Rがなんと25%で振り分けられるのだ。もちろんバーニングユニットも搭載されており、大当たり中はさらなる出玉上乗せが見込めるぞ。

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
種類 電サポ 割合
3R確変 ST40回+
時短50回
1%
2R通常 時短40回 99%
電チュー入賞時
種類 電サポ 割合
16R確変 ST40回+
時短50回
25%
2R確変 75%

ヘソ入賞時の大当たりは99%が通常となるため初当たりでSTに突入することはほぼなく、時短での引き戻しがSTへのメインルートとなっている。

電チュー入賞時の大当たりは恩恵が大きく、25%で2400個+αの払い出しの16Rが振り分けられるぞ。

大当たり関連数値

平均連チャン数
TOTAL 時短込 2.02連
含まず 1.52連
初当たりが確変 3.04連
初当たりに対する平均出玉
項目 打ちっ放し 止め打ち
TOTAL 時短込 3915個 3975個
含まず 3699個 3756個
初当たりが確変 2432個 2461個
シミュレート時の大当たり出玉
ラウンド数 打ちっ放し 止め打ち
2R 290個 290個
3R 440個 440個
16R 2350個 2380個
通常時 回転数別大当たり期待度
100回転 63.4%
150回転 77.9%
200回転 86.6%
250回転 91.9%
300回転 95.1%
350回転 97.0%
400回転 98.2%
450回転 98.9%
500回転 99.3%