パチンコ CR風魔の小次郎 Vチャレンジボーナス解説

パチンコ CR風魔の小次郎 Vチャレンジボーナス解説

本機はV-STタイプなので、ラウンド中にVアタッカーに入賞すればSTに突入(継続)する。

Vアタッカー入賞のためには玉が役モノの直行ルートを通過するorチャレンジルートで回転体のV穴を玉が通過する必要がある。

初当たりがVチャレンジボーナス(激闘Vチャレンジボーナス・ガチVチャレンジボーナス)だった場合は、チャレンジルートでV穴に玉が入るかどうかの勝負となる。

ゲーム性の核となる部分なので、しっかりと流れを把握しよう。

ルート分岐

役モノに拾われた玉は、最初のルート分岐でチャレンジルート・直行ルートのどちらかを通過する。

通過するルートは大当たりの種類によって決まっており、16R大当たり時は直行ルート、5R大当たり時はチャレンジルートを通過する。

6R大当たりのみ特殊で、1回目はチャレンジルート、2回目は直行ルートと最大2回のルート分岐がある。

これは激闘Vチャレンジボーナス(5Ror6R)中に最初のチャレンジルートでV入賞しなくても復活直行ルートの可能性を残すための処理で、6Rなら復活して直行ルートが開放する。

直行ルート

6Ror16R大当たり、また電サポ中の大当たりは直行ルートが開放。この直行ルートは通過した玉が直接Vアタッカーに入賞する作りになっている。

つまり、ここを玉が通過すればST濃厚となるのだが、初当たり時は6Rと16Rの振り分けが各1.1%とかなりのレアケースだ。

チャレンジルート

チャレンジルートを通過した玉は、1個だけ好機ギミックに貯留される(残りは右のアタッカーへ)。

ここで貯留された玉がクルーンを経由して、最終的に回転体のV穴を通過すればVアタッカー入賞となる。

初当たり時はほぼ5Rなので、このチャレンジルートからのST突入がメインとなる。

クルーン

チャレンジルートを通過した玉は、しばらくクルーンに滞留する。

クルーンから玉が落ちるタイミングと回転体の位置がV穴通過の決め手となるので、いつ玉が落ちるのか興奮しながら見守ることになるぞ。

回転体

回転体は4個のハズレ穴と2個のV穴が周回するギミックで、ここで見事V穴に玉が入ればSTに突入だ。

穴の配置はハズレ・ハズレ・V・ハズレ・ハズレ・Vと、V穴が2個のハズレ穴を挟む形になっている。

Vアタッカー

直行ルートorチャレンジルートでV穴を通過した玉は、最終的に下のVアタッカーに入賞する。

直行ルートは左、チャレンジルートのV穴通過は右から玉が落ちてくるぞ。