CR逆転裁判 パチンコ モード解説

※編集部調べ

80回転の右打ちST『逆裁RUSH』は2種類の演出モード『チャージST』『エピソードST』が用意されており、好きな方を選んで消化できるぞ。

CR逆転裁判 パチンコ 通常時

通常時は5種類の通常背景以外に、先読み背景『サイコロックZONE』『覚醒ZONE』『超覚醒ZONE』が存在する。

先読み背景突入時はチャンス、特に覚醒ZONE・超覚醒ZONEは大チャンスだが、内部状態は通常なのでハズれたらヤメてOKだ。

CR逆転裁判 パチンコ 通常時の大当たり

通常時の大当たりは逆転ボーナスと探偵ボーナスの2種類。

逆転ボーナス後はST『逆裁RUSH』へ(大当たり中のV入賞が条件)、探偵ボーナス後は時短『アシストタイム』へ突入する。

CR逆転裁判 パチンコ 時短『アシストタイム』

アシストタイムは20回の時短で、左打ちで消化する。

時短専用の電チューは通常時のヘソと同じ振り分けとなっており、大当たり時は51%でSTに突入(V入賞ラウンド獲得)となる。

CR逆転裁判 パチンコ チャージST

チャージSTはパチスロ感覚で消化できるモードで、演出が成功すればゲーム数チャージorボーナスだ。

チャージしたゲーム数が残っている限り終わらない!? STがどこまで続くのかドキドキの仕様となっているぞ。

液晶下のミニリールにも注目しよう。黒いGET図柄が揃えばチャンス、チャージ図柄が揃えばチャージ濃厚、7揃いなら12RのSUPER逆転ボーナス濃厚だ。

CR逆転裁判 パチンコ エピソードST

エピソードSTは法廷を舞台にした論争バトルタイプのモードで、アニメパート(前半)とバトルパート(後半)の2パートで1セットとなる。

バトルパート中に表示ゲーム数が0になればジャッジメントバトルに発展。ここで勝利すればSTセット継続で、成歩堂が先制したり検事の主張に反論すればチャンス。

基本的にはジャッジメントバトル敗北でST終了だが、その際に逆転ZONEに突入した場合は次セット継続のチャンス(内部的にSTゲーム数が残っている場合に突入する可能性アリ)。ここでミニリール上に逆転裁判図柄が揃うとSTがリセットされる。

CR逆転裁判 パチンコ 電サポ中の大当たり

電サポ中の大当たりは1Rと12Rで、SUPER逆転ボーナスなら12Rだ。

1R当選時は小当たりと同じような演出が発生するので、液晶だけ見ているとどこでSTが再セットされたのかわからないぞ。