CR怨み屋本舗 パチンコ 怨みをギロチンでお仕置き

CR怨み屋本舗 パチンコ 怨みをギロチンでお仕置き

原作「怨み屋本舗シリーズ」栗原正尚(集英社「グランドジャンプ」)

CR怨み屋本舗 プレス発表会

2015/10/8@東京支店ショールーム(藤商事)

怨みを晴らす「ドS」なストーリーで人気のコミック作品が、藤商事からお仕置きシリーズ最新作としてパチンコ化。過去にドラマにもなったが、アニメーション化されるのはパチンコが初ということで、原作のファンにとってはまさに必見と言えるだろう。

原作「怨み屋本舗シリーズ」栗原正尚(集英社「グランドジャンプ」)

スペックは大当たり確率約1/319のV-STタイプで、120回転のST「怨み晴らしRUSH」の突入率は51%(通常大当たり後の時短100回転込みでは約64.2%)、継続期待度は約77.8%。電サポ中の大当たりは69%で払い出し出玉1872個の16R大当たり「ドS BONUS」が期待できるぞ。

原作「怨み屋本舗シリーズ」栗原正尚(集英社「グランドジャンプ」)

原作同様お仕置き成功を目指す演出では、ギロチン役物が落下すれば制裁完了に!?

プレス発表会では中村副本部長による 「プレイヤーが感情移入できる仕上がりになっており、怨みを晴らすことでストレスを解消していただければ」と主催者を代表して挨拶。また開発担当の近藤祐介ディレクターからは、「王道のバトルではない新しい切り口やストーリーで、プレイヤーを楽しませるのがお仕置きシリーズになっています」とコンセプトが語られた。

原作「怨み屋本舗シリーズ」栗原正尚(集英社「グランドジャンプ」)

ドSな演出で怨みを晴らすホールデビューは11月下旬が予定されている。

(宇惨臭蔵)