CR緑ドン 花火DEボ~ンジョルノ パチンコ新台 止め打ち・セグ・打ち方解説(きしめん)

CR緑ドン 花火DEボ~ンジョルノ パチンコ新台 CR緑ドン 花火DEボ〜ンジョルノ 止め打ち

今週の攻略機種はCR緑ドン 花火DEボ〜ンジョルノ(ミズホ)。

パチスロユーザーなら誰もが知っているドンちゃんシリーズの1つ「緑ドン」がパチンコで登場です。スペックはV入賞で確変突入となるSTタイプ。最大の魅力はループ率約90%を誇るSTで、トリックに成功すれば大当たり出玉が上乗せされていくというパチスロのART機のようなゲーム性を楽しめます。また、大当たり確率が約1/249と比較的遊びやすくなっているのも魅力でしょうか。

電サポ中の止め打ち

電チュー性能

  • 賞球数…3個
  • 開放パターン…1種類(5回開放)
  • 小デジ変動秒数…1種類
  • カウント数…なし
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

開放パターンと小デジタルの変動秒数がともに1種類と非常にシンプル。賞球数が3個と多いので、止め打ちできっちりと狙うことができれば玉増えも十分可能です。

ランプ

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT
  • 左下に縦セグ&右下の縦セグ…5回開放(ロング→ショート→ロング→ショート→ショート)
  • 下段の横セグ…ハズレ

ミリオンゴッドライジングと同じで、セグの下半分の「D」のところが電チュー対応となります。開放パターンはロングとショートの2パターン。各開放間のインターバルが一定ではないので、単発打ちで毎開放狙うのはかなり難しくなっています。

止め打ち手順

[手順1]
3回目が閉じたら打ち出しを停止
[手順2]
4回目が閉じたら打ち出しを開始

5開放のワンセットごとを狙う手順。開放パターンが1種類しかないので難易度は低めの部類に入ります。賞球数が多いので電チュー周辺の調整が良ければ玉増えにも期待できますが、現実的には現状を維持できれば御の字といったところでしょうか。

本機はSTが183回転と長く、また連チャン率が高いこともあって、電サポの滞在割合が高くなると考えられます。止め打ち1回の効果が低くても、トータルでみれば大きな効果となる可能性が十分あります。しっかりと実践しましょう。

アタッカーのオーバー入賞狙い

アタッカー性能

  • 賞球数…上アタッカーは10個、下アタッカーは3個
  • カウント数…どちらも10カウント
  • センサー感知…上アタッカーはやや遅い、下アタッカーは不明
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

上アタッカーがメインで、下アタッカーはV獲得ラウンドのみ開放します。上アタッカーは打ちっぱなしでもオーバー入賞が期待できるややアマめの性能となっています。

下アタッカーはパカパカと開閉を繰り返す特殊な開放パターンとなっており、オーバー入賞を狙うことはほぼ不可能。ただ賞球数が3個と非常に少ないので、無理に狙う必要はないでしょう。

止め打ち手順(上アタッカー開放時のみ)

[手順1]
9個入賞したら打ち出しを停止(5〜6個目入賞を目安に打ち出し停止)
[手順2]
10個目を弱めに打ち出し、11個目を強めに打ち出す
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

天井部分は弱め打ちに適さない形状ですが、センサーの感知が遅いので、打ち出しの勢いを少し弱めるだけでもオーバー入賞率はアップします。

賞球数が10個とやや少ないので成功時の恩恵は小さいですが、16Rで2個以上オーバー入賞するようなら積極的に狙っていきましょう。