仮面ライダーフルスロットル パチンコ 止め打ち・セグ・打ち方解説(きしめん)

仮面ライダーフルスロットル パチンコ きしめん CRぱちんこ仮面ライダーフルスロットル 止め打ち

先週に引き続き今週も2本立てで、CRぱちんこ仮面ライダーフルスロットル(京楽)、そしてもう1機種はCR RAVEとなります。どちらも既に導入されていますので、是非ホールでトライしてみください。

京楽が誇る人気シリーズ「CR仮面ライダー」の最新作から見ていきますが、過去にデジパチで4機種、羽根モノで1機種登場しているので、今作がシリーズ第6弾(デジパチだけなら第5弾)となります。

スペックはV確変&STのMAXタイプ。ST継続率が約83%と高く、さらに電チュー入賞時の80%が16R確変となっているので、連チャンと出玉の両方を堪能できるスペックと言えるでしょう。

電サポ中の止め打ち

電チュー性能

  • 賞球数…2個
  • 開放パターン…3種類
  • 小デジ変動秒数…2種類?
  • カウント数…なし
©石森プロ・東映 ©KYORAKU

電チューの位置が高めで道中のクギが少ないため、打ち出された玉が電チューに到達するまでの時間にブレが少なく、止め打ちしやすいゲージ構成と言えます。

小デジタルの変動秒数は体感で複数あるように感じたのですが、その差は小さいので正確なパターン数が分かりませんでした。ただ、ランプを見ていると「今ちょっと早かったかも?」と感じることが何度かあったので、少なくとも2パターンはあると思われます。

ランプ

©石森プロ・東映 ©KYORAKU

・左が点灯…3回開放

(ショート→ロング→ロング)

・中が点灯…6回開放

(ショート→ショート→ショート→ミドル→ショート→ショート)

・中右が点灯…5回開放

(ショート→ミドル→ミドル→ミドル→ミドル)

・右が点灯…ハズレ

ショート開放は開放時間が短いので、ランプを確認してから電チューに視線を送ると1回目の開放がすでに終わっていることが多いです。止め打ち実践時は開放回数を間違えないように注意しましょう。

6回開放は3回目と4回目のあとのインターバル、5回開放は2回目と4回目のあとのインターバルが他よりも長くなっており、開閉タイミングが一定ではない点にも注意が必要です。

止め打ち手順

[手順1]

最後の開放(3回開放は3回目、5回開放は5回目、6回開放は6回目)が閉じたら打ち出しを開始

[手順2]

《3回開放》

⇒2回目が開いたら一瞬待って打ち出しを停止

《6回開放》

⇒5回目が開くと同時に打ち出しを停止

《5回開放》

⇒5回目が開くと同時に打ち出しを停止

前述のランプの項でも解説しましたが、ランプを見てから電チューを見ると1回目の開放に気付けないことが多いです。そのため止め打ち実践時は1開放目を存在しないものとして考え、手順の数字をすべて1つ減らして実践するほうが良いのかもしれません。このあたりは各自やりやすいように調整しましょう。

アタッカーのオーバー入賞狙い

アタッカー性能

  • 賞球数…14個
  • カウント数…8カウント
  • センサー感知…遅め
©石森プロ・東映 ©KYORAKU

アタッカーは1つだけで、V獲得ラウンドもこのアタッカーで行なわれます。過去の京楽マシンと同じくセンサーの感知は遅く、周辺の調整が良ければ打ちっぱなしでも頻繁にオーバー入賞します。

V獲得ラウンドは4R目で、3R目と4R目のインターバルは他よりも長くなっています。初回大当たり時はラウンド中演出の影響で非常に長いので、打ちっぱなしだとここでかなりのムダ玉が発生してしまうので注意が必要です。

止め打ち手順

[手順1]

7個入賞したら打ち出しを停止(3〜4個目入賞を目安に打ち出し停止)

[手順2]

8個目を弱めに打ち出し、9個目を強めに打ち出す

©石森プロ・東映 ©KYORAKU

天井部分は右下がりの傾斜。そのため玉の勢いを完全に殺しきることは難しいですが、天井に玉をぶつけて勢いを弱めることはそれほど難しくありません。実践すればもともと高いオーバー入賞率がさらにアップするので、ぜひ実践して出玉アップを狙いましょう。