おしおきピラミッ伝 パチンコ ライトミドル(168ver) スペック 導入日

基本スペック
大当たり確率 1/168.0
確変中確率 1/33.7
転落確率 1/888
賞球数 3&15
確変突入率 100%
(転落抽選に当たるまで)
電サポ内容 大当たり後0or8or100回転
(例外アリ)
大当たり出玉 約210個
※アタッカーは賞球15個・5カウント

おしおきピラミッ伝 パチンコ パチンコ 導入日:2014/03/31




高尾のオリジナルコンテンツで「ピラミッ伝」という台があるのを、皆さんご存知だろうか。初代「ピラミッドの謎」から始まり、独特の図柄構成だったこのシリーズが、今度は独創的なスペックで登場する。

初当たり後に突入するチャンスがある「おしおきタイム」は電サポ8回転。そこで大当たりを引ければ電サポ100回転の「クレオパトRUSH」へ…激低の転落確率を引くまで継続するため、その継続率は驚異の約97.6%と、これまでの常識を覆すゲーム性となっているのだ!!

キャラ関連は可愛い女の子が満載で、おしおきタイム中はしゅごsixと呼ばれる6人いずれかを…まさかのおしりペンペン!?
大当たりは全て3Rで、通常時は8個保留のシステムを採用。ただし入賞口による振り分け変化ではなく、内部状態で電サポ突入率が変化する。

内部通常時振り分け
RUSH直撃 0.4%
おしおきタイムへ 82.0%
バトル敗北 17.6%

確率が168分の1となっているが、電サポ8回転のおしおきタイム移行率が82%と高い。合算すると、電サポ8回転移行率は内部確変時よりも若干高いのだ。

内部確変時振り分け
RUSH直撃 0.4%
おしおきタイムへ 16.0%
バトル敗北 83.6%

確率が33.7分の1なので、大当たりは量産しやすい。ただし電サポ8回転は約6.3回に1回なので、そこまでたどり着くのが困難。

転落確率が888分の1と激低なので、基本的に通常時は内部確変時であることが多い。電サポ8回転での引き戻しもかなり困難だが、それを乗り越えると至福のクレオパトRUSHが待っているぞ。

電サポあり時振り分け
RUSH継続 100%

内部上で確変が終了しても、電サポ中に大当たりできればRUSHは継続。そして、その当たりでまた確変となるので、継続率は現行機最強と言っても過言ではない。

なお、電サポ100回転で終了するのは内部通常の場合のみで、もし確変が転落していない場合は、大当たりは確変転落まで電サポが継続!! なんとしても引き戻したい局面である。