ビッグシューターX パチンコ パチンコ 初打ちポイント

ビッグシューターといえば、役モノ内に玉を貯留→それにより中央のVゾーンへ玉を導くゲーム性で有名。

しかし、寄りが悪く玉を貯留できないとパンクの危険もある…のだが、2013年に登場するビッグシューターXは、その点が変更されている。


ビッグシューターX パチンコ パチンコ ラウンド振り分け

ビッグシューターでは一定のラウンド数を完走できるか否かのゲーム性が主軸だったが、今作は「V」と同じラウンド振り分けを採用。

その代わり、下部アタッカーのセグ部分に表示されたラウンド数を必ず消化できる。つまり、 パンクする心配がないのだ。

(獲得ラウンド数)
3R→実質2R
7R→実質6R
16R→実質15R

羽根開放を1R分としているため、実質獲得ラウンド数は1R分少なくなる。なお、割合は全て均等となっているため、 16R当選は1/3で訪れる。


ビッグシューターX パチンコ パチンコ アタッカー消化

大当たり後は上部の羽根開放ではなく、盤面下部にある羽根タイプのアタッカーで消化を行う。

中央に玉が向かえばほぼ確実に拾う構成なので、より安定した出玉を獲得することが可能となっているのだ。


※補足
通常時のゲーム性はシリーズ踏襲で、中央の回転体に玉が入れば期待大。2回開放なら遅めの入賞で左右からVを狙うこともある…!? (ネオビッグシューターを継承)