マジカペ パチンコ パチンコ ラウンド間の継続解説

羽根モノといえばラウンド間のインターバルで止め打ちを行う人も多いと思うが、マジカペの場合はそのタイミングが非常に取りづらい。

大きく分けると、ラウンド間の継続は下記の3パターンに分岐できる。

マジカペ パチンコ パチンコ 貯留解除前にV入賞

この場合、カーペットに乗っていた玉が全てハズレやVに入賞するまで、次のラウンドを開始しない。

一旦打ち出しを止めて、 最後の玉が回転体に乗ったあたり から、打ち出しを再開すると良いだろう。


マジカペ パチンコ パチンコ 貯留解除後にV入賞

V入賞直前に拾われた玉は、V入賞後だと通常時におけるハズレルートで即消化される。

最後の玉が回転体にすでに乗っていることが多いので、打ち出しはSTOPせずに打ち続けることをオススメ。


マジカペ パチンコ パチンコ 9カウント達成後にV入賞

羽根に拾われてから回転体に向かうまでは割と時間がかかるため、一気に9カウントで終了する場合あり。

この場合、継続確定時は最後の玉がカウントされた後に 次のラウンドを即開始 する。

最後の玉がV入賞だった場合も即開始するので、最もタイミングが取りづらい。1回目の開放を無駄にしたくない場合は、打ちっぱなしの方が良い。


まとめると、V入賞の時に回転体へ向かう玉があった場合は、無駄玉を防ぐために打ち出しを止めておく…ということ。

それ以外は次のラウンド開始のタイミングが取りづらいため、打ちっぱなしで消化したほうが無難だろう。

特に9カウント後の継続の場合などは、V入賞のファンファーレすら経由しない。音でタイミングをとっている人ほど混乱しやすいので注意。