弾球黙示録カイジ沼2 パチンコ パチンコ 初打ちポイント

カイジ沼2の大当たりは、大きく分けると下記の3通りに分類される。

弾球黙示録カイジ沼2 パチンコ パチンコ 図柄揃い当り

ヘソ入賞時は10R、電チュー入賞時は15Rの大当たりとなる。賞球は15個なので、電チュー入賞時の出玉感は抜群だ。

消化後はヘソ入賞時なら 沼モード(電サポ58回転) 、電チュー入賞時なら SUPER沼モード(電サポ100回転) へ移行する。


弾球黙示録カイジ沼2 パチンコ パチンコ カイジボーナス

カイジ図柄から突如発生するボーナスは健在。基本的に4Rだが、16Rへ昇格する場合あり。

消化後はどの状況であっても SUPER沼モード への移行が確定する。


弾球黙示録カイジ沼2 パチンコ パチンコ 出玉なし確変

通常時は潜伏確変となるが、潜伏中に引いた場合は必ず 超SUPER沼モード(電サポ次回まで) へ移行する。


電チュー入賞時に大当たりを引ければ、最低でも SUPER沼モード への移行が確定。初回の電サポとなる 沼モード で、なんとしても引き戻したいところだ。
カイジ沼シリーズといえば、一定の電サポ回数以内に大当たりを引けるかどうかの真剣勝負。今作では、その沼モードが3段階で構成されている。

弾球黙示録カイジ沼2 パチンコ パチンコ 沼モード

電サポ58回転

ヘソ入賞時の図柄揃い後に突入。ここで大当たりを引き戻し、 SUPER沼モード へ移行できるかどうかが、勝負の分かれ目となる。

この沼モードのみ、電サポ終了後でも確変の場合があるので注意。


弾球黙示録カイジ沼2 パチンコ パチンコ SUPER沼モード

電サポ100回転

10R当り以外で突入。電チュー入賞時の大当たりはココのループとなり、15R大当たりを引けるチャンスとなる。

モードが終了した場合は通常状態が確定する。


弾球黙示録カイジ沼2 パチンコ パチンコ 超SUPER沼モード

電サポ次回まで

電サポ中や潜伏中の出玉なし確変から突入。また、SUPER沼から昇格する場合もある。

途中でモードが終了することはなく、必ず次回まで大当たりが継続する。


上記3つの沼モードを移行するのが、カイジ沼2のゲーム性となる。沼なら50%前後、SUPER沼なら77%前後の連チャン信頼度となっているぞ。

補足

超SUPER沼モードの存在からも分かるように、今作の確変は次回大当たりまで継続するタイプとなっている。