花の慶次〜漢 パチンコ パチンコ 通常時リーチ演出

花の慶次〜漢 パチンコ パチンコ ショートリーチ

風流リーチがなくなり、代わりにショートリーチ10種類が追加されている。
リーチ後の横スクロール演出などから発展し、様々な人物が活躍する弱リーチ。
├捨丸リーチ
├岩兵衛リーチ
├松風リーチ
├おふうリーチ
├徳川家康リーチ
├猿飛佐助リーチ
├山上道及リーチ
├前田利家リーチ
├石田三成リーチ
└上杉景勝リーチ

導入時のキャラ名は白→赤→蝶柄、字幕は白→赤の順に信頼度がアップ。
ココで大当たりすることは稀だが、ハズレ後に傾奇御免役モノが作動すればストーリー系リーチに発展する。

また、リーチハズレ後に襖が閉まり、通常画面に戻ると同時に琉球図柄が停止するパターンもある。
今作でも伊達or真田リーチハズレ後のモード移行が存在!? その場合は潜伏確変濃厚か!?


花の慶次〜漢 パチンコ パチンコ 四武将リーチ

共通チャンスアップ

├タイトル
├字幕
├BGM
├役モノ駆動
└カットイン

タイトルと字幕は前作からの踏襲演出。ただしタイトルには「赤」とプレミアとなる「虎柄」の間に激アツとなる「蝶柄」が追加されている。
字幕は白→赤→虎柄の順に信頼度アップ。
BGMはリーチ中に歌が流れる新演出で、歌の種類はリーチによって異なり、リーチ対応の歌が流れるとアツい。
斬撃ビジョンの役モノと連動して液晶画面が激しく揺れる新演出を搭載。
カットインは青が基本で赤ならチャンス。蝶柄&金文字なら信頼度が大幅にアップし、原画なら今作でも超激アツだ!

伊達政宗リーチ

リーチ映像を一新。見守る家臣たちの前で政宗が天下取りを決意する。
前作までにあった中図柄のパターンによるチャンスアップは無くなっている。

真田幸村リーチ

前作と同じく、真田が佐助と沙霧に会いに行くシーンがモチーフだが、戦に誘う幸村とそれを拒む佐助が喧嘩をするシーンが新たに追加されている。

奥村助右衛門リーチ

佐々軍から末森城を死守し、瀕死の傷を負いながら利家の援軍を待つ助右衛門。
前作まではリーチラインがダブルに変化したが、今作はシングルで展開。

直江兼続リーチ

上杉の大筒部隊を率いて兼続が敵の城門を砕く。
奥村リーチ同様、リーチラインが増加しなくなり、他の四武将リーチと同じ性質になっているが、今作でも四武将の中で最強を誇る。

一発告知ボタン演出

リーチ終盤のカットインがボタン一撃演出に変化するチャンスアップ。
前作では伊達or真田リーチ限定だったが、奥村や直江での出現もある。


花の慶次〜漢 パチンコ パチンコ ストーリー系リーチ

ショートリーチハズレ後or四武将導入時に傾奇御免役モノが出現すればストーリー系リーチに発展。他のスーパーリーチからストーリー系に発展するパターンはシリーズ初となる。
発展のサインは傾奇御免役モノで、さらにキセル演出が出現する激アツパターンも。

「第壱話 悪魔の馬」以外の歴代ストーリーに新ストーリーを1つ追加した全8種類。今までと同じくチャンスアップは存在しないがタイトルと字幕が虎柄になるプレミアパターンは健在。
├おまつリーチ
├風魔小太郎リーチ
├義の鉄拳リーチ
├利家水風呂リーチ
├蝙蝠リーチ
└賽の河原和讃リーチ

和平の使者リーチ

慶次が関ヶ原で勝利した家康と上杉家の仲裁役を務める、原作最後の名場面を全回転リーチで再現。
家康の顔も思わずほころぶ感動のストーリーはファンならずとも必見だ。

聚楽第リーチ

慶次シリーズお馴染みの、秀吉の前で傾き通す名場面が流れる。