P弾球黙示録カイジ沼4 パチンコ 止め打ち オーバー入賞 ラウンド中 電サポ中

カイジ沼4 パチンコ 止め打ち オーバー入賞 ラウンド中 電サポ中

止め打ち【ラウンド中】

ラウンド中はオーバー入賞を狙うことで、成功すれば1ラウンドあたり、14個の出玉増が見込める。

止め打ち手順(下アタッカー)

手順1

アタッカーに4個入賞したら打ち出しを停止して、9個入賞まで単発打ち。

手順2

10個目を弱め打ちして、11個目を強く打ち出す。

止め打ちポイント

弱め打ちに成功すれば、比較的オーバー入賞しやすい。また、打ちっ放しでもそこまで大きく玉が減ることはないが、ラウンド間は打ち出しを停止するようにしよう。

止め打ち手順(Vアタッカー)

V入賞ラウンドは確変大当たり時の4R目に発生し、盤面右上にある羽根が玉を拾ってVアタッカーまで到達する。

なお、V入賞ラウンドは大当たり時の4R目に発生する。

手順1

Vアタッカーも10カウントのため、9個入賞したら打ち出し停止。

手順2

10個目を弱め打ちして、11個目を強く打ち出す。

止め打ちポイント

Vアタッカーも弱め打ちに成功すればオーバー入賞しやすいため、積極的に狙っていこう。

止め打ち【電サポ中】

電チューの開放パターン「1秒開放→3秒閉まる→1秒開放→1秒閉まる」の1種類。打ちっ放しだと玉減りの原因となるため、開放タイミングに合わせて打ち出しを開始しよう。

なお、電チューは盤面右中央に搭載されている。

止め打ち手順

手順1

最初の電チュー開放後は閉まる秒数が長いため、1拍置いてから2個打ち出す。

手順2

電チューが閉じたら2個打ち出す。以降繰り返し。

止め打ちポイント

アタッカー側に流れた玉は賞球1個のオマケ入賞口に入りやすいため、打ちっ放しでも大きく玉が減ることはない。ただし、右打ち滞在時間が長く、少しでも玉減りを少なくするために止め打ちを実践することをオススメするぞ。