Pバジリスク2(バジ2) パチンコ 止め打ち オーバー入賞 ラウンド中 電サポ中

Pバジリスク~甲賀忍法帖~2 パチンコ 止め打ち オーバー入賞 ラウンド中 電サポ中

止め打ち【ラウンド中・上アタッカー】

上アタッカー性能
項目 内容
賞球 10個
カウント 9カウント
センサー感知 普通
オーバー入賞 非常に難しい

「PREMIUMバジリスクBONUS」以外の大当たり時は上アタッカーで消化。こぼしのない優秀なアタッカーだが、弱め打ちをしてもオーバー入賞は難しいため、9個打ち出したら停止するのがベスト。

●不死鳥チャッカー
●右打ち中の分岐ポイント

打ちっ放しでもヘソ下にある不死鳥チャッカーが拾ってくれるが、道中の分岐で右に逸れた玉はおまけ入賞口orこぼしとなる。不死鳥チャッカーは賞球1個で玉増えは見込めないので、少しでも玉減りを抑えるために9個で打ち出しを停止し、アタッカーが開いたら打ち出しを再開しよう。

止め打ち【ラウンド中・下アタッカー】

下アタッカー性能
項目 内容
賞球 15個
カウント 10カウント
センサー感知 普通
オーバー入賞 難しい

「PREMIUMバジリスクBONUS」時は下アタッカーでの消化となる。下アタッカーまでの道中にこぼしポイントがあるが、左に寄った玉はすべてアタッカーへ到達し、さらにラウンド間のインターバル中にアタッカーを超えてもすべて不死鳥ポケットが拾ってくれる優秀なゲージとなっている。

そのため、打ちっ放しで消化したほうが時間効率も良く、オーバー入賞も狙えるため、下アタッカー消化の大当たり時は打ちっ放しが最適だ。

止め打ち【小当たりRUSH中】

小当たりRUSH中はアタッカーの開放を狙って打ち出すことが難しいため、基本的には打ちっ放しで問題ないぞ!

止め打ち【電サポ中】

電サポ作動時は分岐で右に逸れない限りすべて電チューに入賞するため打ちっ放しで問題ないが、賞球が1個のため玉増えは見込めない。分岐で右に逸れた玉は、おまけ入賞口に入らなけらば玉減りの原因となるため、リーチ中は打ち出しを停止しよう。