P北斗の拳8 覇王 パチンコ新台 ジャギリーチの信頼度は低い…のか!?

P北斗の拳8 覇王 パチンコ新台 ジャギに勝てないのはヒキのせい!?

ケンシロウリーチ(VSジャギ)の信頼度は約23%!?

パチンコ北斗の拳シリーズ最新作の「P北斗の拳8 覇王」が9月2日に導入されましたが、VSジャギリーチで当たらないという報告が多数あるようですね。

パチ・スロともに、北斗シリーズの「ジャギ」といえば、バトル発展で激アツとなるキャラですが、本機では若干異なる模様。北斗シリーズを打ったことのある人なら、ジャギが出てきたら「やべぇ、アツい!」なんて思うのは当然のことなんですがね……。

まず、「CR北斗の拳8 覇王」の最強リーチといえば、強秘孔役モノ発動から発展する「ケンシロウリーチ」ですが、同リーチは全部で7パターンあります。

発展契機は基本的に、七星輝く時リーチでケンシロウが登場するとケンシロウリーチへ発展しますが、滞在ステージによってバトル相手が異なります。

拳王ステージ   → 「VSジャギorVSラオウ」
天帝ステージ   → 「VSソリアorVSファルコ」
修羅の国ステージ → 「VSハンorVSカイオウ」
ZEROステージ   → 「VSジュガイ」

上記が滞在ステージによるケンシロウリーチ発展時の対決パターンで、VSジャギは拳王ステージからのみ発展となるわけですが、同ステージからはVSラオウに発展することもありまして……。まぁここまで来たら分かると思いますが、ラオウの方が信頼度が高いのです。

下記がケンシロウリーチの信頼度ですが……

ケンシロウリーチ(拳王ステージ)
演出の種類 演出の信頼度
vsジャギ 22.9%
vsラオウ 44.0%

あらビックリ。倍近く信頼度が変わるんですね。「ジャギは勝ったらダメでしょ」という感じですが、今作のジャギはめっちゃ強いというのが現実。20%程度の信頼度だと、リーチ中に強めのチャンスアップが絡むことが超重要!

それと、ケンシロウリーチにはものすご~く大事な超重要演出がありまして……それは「救世主予告」

救世主予告は王道パターン!

ケンシロウリーチ発展前に出現することがあるのですが、これが発生するのとしないのでは信頼度が大きく変わってくるんです。

ケンシロウリーチ トータル信頼度
演出の種類 演出の信頼度
通常発展時 vsジャギ 22.9%
vsソリア
vsハン
vsジュガイ 29.8%
vsラオウ 44.0%
vsファルコ
vsカイオウ
救世主予告発生時 vsジャギ 57.6%
vsソリア
vsハン
vsジュガイ 65.2%
vsラオウ 75.6%
vsファルコ
vsカイオウ

救世主予告発生時は最低でも57%オーバーと、一気に信頼度が上がるのです。

前作の「ぱちんこCR北斗の拳7 転生」でも、リーチ後に百裂拳予告の発生が王道パターンの一部でしたが、今作は救世主予告の有無がリーチ後の注目すべき演出ということです。

ちなみにケンシロウリーチのチャンスアップは以下となります。

ケンシロウリーチ チャンスアップ信頼度
演出の種類 演出の信頼度
タイトル色 31.5%
62.3%
キリン柄 超激アツ!?
イルミ&
ロゴ
なし 36.8%
イルミ(白)のみ 36.2%
イルミ(白)+
ロゴ落下(赤)
71.2%
イルミ(赤)+
ロゴ落下(赤)
ロゴ落下(赤)のみ
ロゴ落下
(レインボー)時
10R確変濃厚
シェイク
ビジョン
なし 40.7%
あり 63.1%
固有
チャンスアップ
なし 43.8%
あり 超激アツ!?
カットインボタンなし時 30.8%
カットイン キリン柄 82.9%
レインボー 10R確変濃厚
ケンシロウフラッシュ発生時 超激アツ!?
最終ボタン 通常ボタン 37.0%
通常ボタン以外 超激アツ!?

まぁ、チャンスアップは従来通り、タイトル・赤や当落前のカットインの種類に注目。救世主予告→カットイン・キリン柄は王道パターンなので、出現時は大チャンス!それともう一つ、ロゴ落下・赤が絡めば、さすがに当たってもらわないと困るレベルですね。

というわけで、ケンシロウリーチについてサラっと解説してきましたが、まとめると……

  • 救世主予告ナシ時のVSジャギは当たりにくいので、過度の期待は禁物。寧ろ期待したら絶対ダメ!(精神的に悪い)
  • ケンシロウリーチは救世主予告の発生が超重要!
  • リーチ中は「タイトル・赤」「ロゴ落下・赤」「カットイン・キリン柄」に注目!

と、こんな感じですかね。あっ、電サポ中のバトル相手がジャギならこれまで通り激アツです!

そんなワケで、ジャギに負けてもヒキのせいではないので、熱くならず快適なパチンコライフをお楽しみ下さい。

その他、保留・予告・リーチ信頼度詳細は以下のリンクで掲載しておりますぞ!

↓↓↓↓↓↓