緋弾のアリアAA 保留 信頼度 演出 ボーダー 評価 感想

JFJからCR緋弾のアリア AAが登場!

保留信頼度や各種演出の信頼度、ボーダー、止め打ち等の攻略情報を随時更新していきます。

※編集部調べ

  • 2018/11/21保留や予告、リーチ演出信頼度を追加
  • 2018/11/13ボーダーラインを追加
  • 2018/11/13オーバー入賞、電サポ中の止め打ち手順を追加
導入日
2018/11/05
メーカー
JFJ
タイプ
ミドル・1種2種混合

CR緋弾のアリア AA パチンコ新台 導入日 スペック ボーダー

導入日

導入日 2018年11月5日

スペック

基本スペック
大当たり確率 通常時 1/319.6
電サポ中 1/4.94(※1)
小当たり確率 電サポ中 1/1.25
時短突入率 ヘソ 58.3%
電チュー 100%
電サポ回数 0回or規定回数の小当たり
当選(2回〜6回)まで
連チャン
期待度
小当たり6+保留4 89.6%
小当たり5+保留4 86.9%
小当たり4+保留4 83.6%
小当たり3+保留4 79.4%
小当たり2+保留4 74.2%
総払い出し玉数 8R 616個
13R 1001個
15R 1155個
アタッカー詳細 賞球3個
10カウント
賞球11個
7カウント
賞球数 ヘソ 4個
電チュー 1個
その他 4個

(※1)小当りからのV入賞大当りを含む

仲間の数で連チャン期待度が変化する新感覚継続システム「バトルストックシステム」を携えて、「緋弾のアリア」シリーズの第3弾が登場!!

スペックは1種2種混合のミドルタイプで、初当たりの約58%でバトルモードの「バトルストックシステム」に突入する。「バトルストックシステム」の前半は時短の「CODE NAME AAモード」で、規定回数(2〜6回)の小当たりに当選するまで電サポが継続する。小当たり当選時はバトル演出(1回あたりの勝率約25%)が発生し、バトルに勝利すればV入賞を経て大当たり獲得となる。敗北時は小当たりのリミットが1つ減り、モード継続(リミットがなくなった場合は時短終了)となる。そのため、小当たりの規定回数が多いほど連チャン期待度が高くなるぞ。

「バトルストックシステム」の後半は時短終了後の残保留で大当たりを狙う「FINAL BATTLEモード」。こちらは残保留で1/4.9の大当たりを引けるかどうかというゲーム性で、保留4個での連チャン期待度は59.5%だ。ただし、モード突入時の保留チャージ演出中に保留を貯められなかった場合は連チャン期待度が下がってしまうので、必ず液晶の指示に従って保留を貯めよう。

通常時は4大チャンス演出の「キマシタワー演出」「戦姉妹(アミカ)RUSH」「戦姉妹(アミカ)SP演出」「ラストエピソードリーチ・二人のA」に注目。特に重要なのは「キマシタワー演出」で、過去のシリーズの「ヒステリアモード」と同様に、大当たりの起点になることが多いぞ!!

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
種類 電サポ 割合
8R 小当たり6回 58.3%
15R なし 41.7%
電チュー入賞時
種類 電サポ 割合
13R 小当たり6回 6.6%
小当たり5回 13.1%
小当たり4回 19.7%
小当たり3回 50.7%
小当たり2回 9.9%

時短の終了条件はかなり特殊なので、注意点も含めて整理しておこう。

基本は、小当たりが規定回数に達するまで電サポが継続する(ex.小当たりリミット6回の場合は、小当たりを6回引いた時点で時短が終了)というものだが、それとは別に、「ヘソで10回転消化」「ヘソと電チューで合計100回転消化」というパンク条件もある。

右打ちしている限りにおいてはほぼ問題は起こらないが、時短中に左打ちで消化したり、時短を極端に長引かせる行為はパンクのリスクが増すので注意しよう。

ヘソ入賞時は、時短に突入する大当たりの場合は8Rで、時短に突入しない大当たりの場合は15Rとなる。なお、ヘソ入賞からの時短突入大当たり時は必ず小当たりのリミット回数が6回となるので、初当たり時は連チャン期待度が高くなっているぞ。

電チュー入賞時は大当たりすれば必ず13R。小当たりリミット回数は2〜6回なので、リミット回数が多いほど連チャンに期待できる。また、リミット終了後は電チューの残保留で大当たりを狙う「FINAL BATTLEモード」に移行するので、しっかりと電チュー保留を満タンにしよう。

ボーダーライン

「CR緋弾のアリアAA」のボーダーラインは以下の通り。状況によりボーダーラインは異なるが、+2以上のボーダーを目指して立ち回ろう。

項目 ボーダーライン
3.03円交換 20.1回
3.33円交換 19.3回
3.57円交換 18.8回
4.00円交換 18.1回
シミュレート条件
回転数 3000回転×10万日
3000回転消化時に
確変中だった場合
時短終了or
最大250回転延長
電サポ中の
出玉増減
なし

CR緋弾のアリア AA パチンコ新台 潜伏 セグ

潜伏確変

「CR緋弾のアリアAA」に潜伏確変は搭載されていないため、通常時ならいつヤメても問題ない。

CR緋弾のアリア AA パチンコ新台 初打ちポイント 大当たり解説 モード解説

通常時

通常時は待機中or回転中に左右ボタンでゲーム性を選択することが可能。基本パターンの「普通遊技科」、ボタンバイブの出現率がアップする「ボタン振動科」、DANGER柄の出現率がアップする「DANGER推進科」、ラッキーエアーの出現率がアップする「ラッキーエアー科」の4つから、自分好みのゲーム性を選択して大当たりを目指そう。

通常時の背景は「港」「学校」「あかりの家」「おさんぽ」「教会」の全5種類。ただし「教会」は時短の「バトルストックシステム」終了後に突入するため、基本はその他の4背景がメインとなる。また、弱リーチなどで特殊図柄が停止して移行する「ハプニングスラッシュ」や先読みの「夾竹桃(きょうちくとう)ゾーン」など、突入すればチャンスとなる特殊背景も多数存在する。

リーチ中は4大演出の1つである「戦姉妹(アミカ)SP演出」発生に期待。「エピソードリーチ」中にロゴギミックが落下すれば戦姉妹が参戦するぞ。リーチによって登場するキャラは変化するが、トータル期待度は60%を超える!!

通常時の大当たり

通常時の大当たりは以下の2種類。8Rならラウンド終了後に時短突入、15Rなら通常時へ移行する。

HYPER BONUS

通常時に7図柄揃いなら8大当たりの「HYPER BONUS」となる。ラウンド消化後は時短の「バトルストックシステム」へ突入する。

AA BONUS

通常時の7図柄揃い以外は「AA BONUS」となり、約1155個の払い出しがある15R大当たりとなるが、残念ながら「AA BONUS」後は通常時へ移行する。

バトルストックシステム

「バトルストックシステム」は時短の電サポモードで、右打ちで消化する。右打ち時の大当たり確率は、小当たりからのV入賞を含めて約1/4.94となっている。電サポ回数は小当たり当選回数となっており、基本的に小当たり2回~6回(+残保留)だが、ヘソ消化が10回転orヘソ+電チュー合わせて100回転消化した場合でも電サポが終了する。ただし、右打ち中の小当たり確率は1/1.25と極めて高いため、普通に右打ちをしていれば後者の終了条件に当てはまることはほぼない。

電サポ中は「バトルストック」「CODE NAME AAモード」「FINAL BATTLEモード」(※下記参照)の3パートに分かれており、電サポ中の大当りはすべて13Rとなる。

バトルストック

「バトルストックシステム」突入時はまず「バトルストック」へ突入。CODE NAME AAモードであかりとともに戦う仲間(2~6人)をストックする。ストック数=小当たり規定回数となり、ストック期待度が異なる4つの演出でストック数を決定する。なお、1人当たりの勝率は約25%となる。

バトルストック中の演出は「絆」「鷹捲」「AA」「戦姉妹」の4種類で、「AA」ならストック4個以上獲得、「戦姉妹」なら大当たり濃厚となるライトニングバレットチャンスが発生するぞ!

さらに「超ライトニングバレットチャンス」なら複数の保留連!?

CODE NAME AAモード

バトルストック後は1stバトルとなる「CODE NAME AAモード」へ移行する。獲得したストックの分だけバトルが発生し、味方が勝利すれば大当たり、敗北ならストックがあれば再びバトルへ、ストックがなければFINAL BATTLEモードへ移行する。

バトルの組み合わせで信頼度が変化し、SPバトル発展なら激アツとなるぞ!また、勝利時の武偵ランクは次回バトルストックの演出を示唆しており、Aランクならストック4個以上濃厚となる「AA STOCK」、Sランクなら大当たり濃厚の「戦姉妹STOCK」となる。

FINAL BATTLEモード

CODE NAME AAモードでストックがなくなると残保留で消化する「FINAL BATTLEモード」へ移行する。主人公のあかりとライバルたちの宿命バトルが展開される。ライバルは3人で、勝率は約60%。チャンスアップのカットイン発生やボタンの種類に注目しよう!

なお、FINAL BATTLEモード突入時は必ず液晶の指示に従って、電サポ保留を満タンにしよう。

電サポ中の大当たり

電サポ中の大当たりは「HYPER BONUS」だが、通常時と異なり13R大当たりとなる。さらに電サポ中の大当たり時はすべて13R大当たりとなり、約1001個の出玉を獲得できる。

CR緋弾のアリア AA パチンコ新台 保留 保留変化 信頼度

保留変化予告

液晶下部に表示されている保留アイコンが変化すればチャンス!滞在ステージによってアイコンの種類は変化するが、保留のエフェクトの色変化に注目しよう。

保留の種類 保留の信頼度
港ステージ 銃を構える 3.9%
鷹捲(たかまくり)
ドッキドキ 8.4%
リアル等身 25.1%
リアル等身
+赤オーラ
75.5%
学校ステージ 3.2%
ドッキドキ 8.3%
点滅 11.8%
リアル等身
+ほうき星
24.9%
リアル等身
+ほうき星(赤)
75.5%
あかりの家
ステージ
3.3%
ドッキドキ 8.2%
リアル等身 25.7%
リアル等身
+赤オーラ
76.6%

↓↓その他予告・演出信頼度情報はコチラ↓↓

>>>通常時・電サポ中 演出信頼度まとめ<<<

CR緋弾のアリア AA パチンコ新台 注目演出 演出 信頼度 その他信頼度

夾竹桃ゾーン

夾竹桃ゾーンは先読みや当該変動時に突入することがあるゾーン演出で、突入時はエピソードリーチ以上が濃厚となる。

演出の種類 演出の信頼度
当該変動時 40.0%

キマシタワー演出

キマシタワー演出はパネルフラッシが完成すれば突入するチャンス演出。通常時の大当たりに絡みやすい演出なため、出現時は注目しよう!また、色のパターンで発展先や信頼度が変化するぞ。

演出の種類 演出の信頼度
17.8%
38.7%

戦姉妹(アミカ)RUSH

戦姉妹RUSHへ突入すれば、エピソードリーチorラストエピソードリーチ発展濃厚となり、戦姉妹RUSH中はその後の展開を示唆するアイコンやリーチ中のチャンスアップを獲得することができるぞ!そのトータル信頼度は約48%だ!

演出の種類 演出の信頼度
戦姉妹RUSH 47.8%

戦姉妹SPリーチ

エピソードリーチ中にロゴが下まで落下すると戦姉妹が参戦し、戦姉妹SPリーチへと発展するぞ!戦姉妹SPリーチ発展時は本機最強リーチとまではいかないが、信頼度約62%と激アツだ!

演出の種類 演出の信頼度
トータル 62.0%

ラストエピソードリーチ

ラストエピソードリーチは本機最強の激アツリーチで「決戦」と「二人のA」の2種類存在する。後者ならトータル信頼度は約71%と高く、さらにラストエピソードリーチで当たればバトルストックシステム突入濃厚となるため発展時は大当たりに期待しよう!

演出の種類 演出の信頼度
決戦 32.9%
二人のA 70.5%

予告・リーチ・演出信頼度まとめ

通常時や電サポ中の予告やリーチ演出信頼度詳細はコチラ↓↓

>>>通常時・電サポ中 演出信頼度まとめ<<<

CR緋弾のアリア AA パチンコ新台 止め打ち

止め打ち ラウンド中

アタッカー性能

アタッカー性能
項目 内容
賞球数 11個
カウント数 7カウント
センサー感知 遅め

道中にこぼしが存在せず、4個賞球のおまけ入賞口で大当たり出玉が上乗せされる優秀なゲージ構成。また、センサーの感知が遅めで、打ちっぱなしでもオーバー入賞が期待できるため、ストレスなく出玉を獲得することができるぞ。

止め打ち手順

手順1

アタッカーに6個入賞させる

手順2

7個目を弱めに打ち打し、8個目を強めに打ち出す

止め打ちポイント

天井部分が右下がりの傾斜になっており、弱め打ちをコンスタントに成功させることは難しい。また、弱め打ちに成功してもおまけ入賞口に邪魔されることが多く、オーバー入賞しても賞球が11個と少ないので、無理に狙わずラウンド間の止め打ちのみ実践するようにしよう。

なお、もともとオーバー入賞しやすいアタッカーなので、ラウンド間の止め打ちを実践する場合はカウントの上限の7個きっちりではなく、1個多めに打ち出して偶発的なオーバー入賞に期待しよう。

Vアタッカー性能

Vアタッカー性能
項目 内容
賞球数 3個
開放パターン 2種類
カウント数 10カウント
センサー感知 不明

時短中は小当たりに当選するとバトル演出が発生する。勝敗に関係なくVアタッカーが開放するが、開放パターンは勝敗によって変化する。

・バトル勝利時…8回開放(ショート開放8回)
・バトル敗北時…4回開放(ショート開放3回→ロング開放1回)

勝利時はVアタッカー内のVに入賞させて大当たりの権利を獲得する必要があるため、開放回数が多くなっている。ただし、1回あたりの開放時間が非常に短いので、打ちっぱなしでもカウント数の10個に到達することはほとんどない。開放間のインターバルは1〜2回目のみ長めで、それ以外は極端に短くなっている。

敗北時はV入賞の必要がないため開放回数が少ない。ただし、4回目のみ開放時間が長くなっているので、狙い打つことでわずかに玉を獲得することができる。なお、当然ながらVアタッカーに入賞してもVに入賞することはない。

止め打ち手順・バトル勝利時

手順1

セリフの「Vを撃ち抜いて〜」の「撃」のタイミングで1個打ち出す

手順2

1回目が閉じたら一拍置いて打ち出しを開始

手順3

2回目が閉じたら打ち出しを停止

止め打ちポイント

1回目のみ単発打ちで狙い、インターバルが短く止めるタイミングがない2回目以降は打ちっぱなしで狙い打つ。ただし、止め打ちに失敗してV入賞を逃すと大きな損失になってしまうので、まずはV入賞を優先して打ちっぱなしで消化し、徐々に慣らしながら止め打ちに挑戦するようにしよう。

止め打ち手順・バトル敗北時

手順1

1回目が開放したら打ち出しを開始

手順2

3個打ったら打ち出しを停止

止め打ちポイント

4回目のロング開放のみを狙う手順。1〜3回目も狙い打つことは可能だが、玉の動きでタイミングがズレることが多く、成功しても賞球が3個と少ないので無理に狙う必要はないだろう。

止め打ち 電サポ中

電チュー性能

Vアタッカー性能
項目 内容
賞球数 1個
開放パターン 3種類
小デジ変動秒数 1種類
カウント数 1カウント

盤面の奥からスライド板が出現し、それが橋となって入賞をサポートするタイプ。道中のこぼしは2ヶ所と多く、かなりこぼれやすい構成になっているため、止め打ち実践の有無に関わらず玉減りは避けられないだろう。ただし、こぼれた玉が盤面右下のおまけ入賞口(4個賞球)に入ることがあるため、玉が減るスピードは見た目ほど早くはない。

ランプ

・左が点灯…3回開放(1.2秒×3回)
・右が点灯…2回開放(1.8秒×2回)
・左右が点灯…1回開放(2.5秒×1回)

開放パターンは1〜3回開放の3種類。ただし、電チューのカウント数が1個になっているため、2or3回開放が選ばれても1開放目に玉が入賞し、即終了となることが多い。

止め打ち手順

手順1

保留が減ったら打ち出しを開始

手順2

保留が満タンになったら打ち出しを停止

止め打ちポイント

開放パターンやカウント数など電チュー性能はかなり複雑だが、開放を狙い打つことは可能。ただし、難易度が非常に高く、止め打ちを実践しても道中のこぼしで玉が減ってしまうので、やる価値はほとんどない。

しかし、打ちっぱなしだとかなりのムダ玉が発生してしまうので、保留が満タンになったら打ち出しを止めて、少しでも玉減りを減らすように心掛けよう。なお、メインデジタルの保留は液晶の左下に表示されており、左がヘソ、右が電チューとなっている。

CR緋弾のアリア AA パチンコ新台 評価 感想 ライターコラム

ライターコラム

近日追加予定