デッドオアアライブ エクストリーム パチンコ 電サポ中の止め打ち

デッドオアアライブ エクストリーム パチンコ 電チュー性能


・賞球数…1個
・開放パターン…3種類
・小デジ変動秒数…3種類?
・カウント数…不明



(C)コーエーテクモゲームス (C)コーエーテクモウェーブ
電チューは盤面奥からスライド板が出現し、それが橋となって入賞口をサポートするタイプ。直前にこぼしが1ヶ所存在するが、ゲージ構成が優秀なのでこぼれることはほとんどなく、気にする必要はない。また、道中には3個賞球のおまけ入賞口が存在し、これが電サポ中の玉減りを軽減する役割を担っている。

小デジタルの変動秒数は3パターン確認。体感での調査のため正確なデータではないが、パターンが複数あるのは間違いないだろう。



デッドオアアライブ エクストリーム パチンコ ランプ




・上が点灯…3回開放A(ミドル→ミドル→ミドル)
・下が点灯…3回開放B(ミドル→ミドル→ショート)
・上下が点灯…3回開放C(ロング→ミドル→ショート)
・消灯…ハズレ


開放パターンは3パターンで全て3回開放。一見するとかなり複雑に思えるが、ミドル開放とショート開放の開放時間にはあまり差がなく、体感で「微妙に違うかな?」と感じる程度のもの。そのため、パターンAとパターンBは同じと考えて問題はない。



デッドオアアライブ エクストリーム パチンコ 止め打ち手順


手順1

1回目が閉じると同時に打ち出しを開始

手順2

3回目が閉じたら少し待って打ち出しを停止


開放パターンが3パターンあり、さらに小デジタルの変動秒数も複数あるため単発打ちで開放を的確に狙い打つことは難しい。また、狙い打てたとしても、本機はスルー周辺のゲージ構成が悪く、小デジタルの保留が頻繁に途切れてしまうので、上記のようなワンセットごとに狙い打つ打ち方がベストだと思われる。