CRヱヴァンゲリヲン7 パチンコ モード・ステージ解説

潜伏確変は存在しないが、演出変化や大当たりを契機に滞在モードやステージが変化。保留先読みの要素も存在する。


CRヱヴァンゲリヲン7 パチンコ ビーストモード

液晶左下の役モノ咆哮から突入する先読み。 図柄の停止回数が多いほどチャンスとなる 。また、液晶上部に流れる文字の色がボタンで変化することも。

突入後は 必ず ビースト2号機vs第10使徒のリーチへ発展する。


CRヱヴァンゲリヲン7 パチンコ 暴走モード

シリーズ伝統。135のチャンス目やロング系ハズレなどから突入する2R確変のモードだ。

前作の3人に加え、今回は 仮設5号機 の暴走モードが追加されている。


CRヱヴァンゲリヲン7 パチンコ 覚醒モード

これまでは2R確変の一部で突入したが、今作は2通りの全回転大当たり後に突入。そのため、よりプレミア度が増している。

全回転は「覚醒」か「シンジ」が条件。モード滞在時は新劇場版の名シーンを使用した演出が満載だ。


CRヱヴァンゲリヲン7 パチンコ ミッションモード

従来通り3分と5分が存在するが、今作はどちらも「指定リーチ」をかけるミッションとなった。

突入回転でリーチになれば…の法則性は健在。また、5分の方がチャンスとなる点も継承されている可能性大。


CRヱヴァンゲリヲン7 パチンコ 演出変化ステージ

☆冬月&ゲンドウステージ
☆加持&ミサトステージ
☆葛城家ステージ

今作は上記3通り。加持〜は居酒屋、冬月〜は宇宙でのワンシーンを使用。葛城家はミニゲームも健在だ。

なお、突入6回転目以降は打ち手が ボタンでステージ滞在を選択できる。 これでステージ内での大当たりも格段に見やすくなった (ほぼ強制的に終わらないため)