PAミルキーバー 設定付きパチンコ 電サポ中の止め打ち

PAミルキーバー 設定付きパチンコ 電チュー性能


・賞球数…1個
・開放パターン…1種類(3回開放)
・小デジ変動秒数…1種類
・カウント数…不明




ヘソの真下に配置されたチューリップ型の電チューで、右はもちろん左からも入賞が可能となっている。そのため、電サポ中に左打ちをして、電チューのサポートを受けながらヘソ保留を貯めることができる。

道中のこぼしは開いた羽根とクギの間の1ヶ所。ただし、入賞を妨げるクギがないので、電チューが開いているときにこの場所でこぼれることはほとんどない。そのため、こぼしに関しては特に気にする必要はないだろう。

開放パターンは3回開放のみと非常にシンプル。1回あたりの開放時間が短いためムダ玉は発生しやすくなっているが、道中にある3個賞球のおまけ入賞口によって玉減りが軽減されるので、打ちっぱなしでも大幅に玉が減るということはない。



PAミルキーバー 設定付きパチンコ 止め打ち手順


手順1

電チューが閉じたら打ち出しを開始

手順2

1個打ったら打ち出しを停止


電チューが閉じたら1個打つだけの簡単手順で、打ちっぱなしよりも玉減りを抑えられる。さらに、おまけ入賞口への入賞率が高ければ玉が増えることもあるため、入賞率が良い場合はリーチ中も止め打ちを続けて、玉を増やそう。