CR弾球黙示録カイジ4 パチンコ新台 保留 信頼度 評価 感想 ボーダー スペック

高尾からCR弾球黙示録カイジ HIGH&LOWが登場!

保留信頼度や各種演出の信頼度、ボーダー、止め打ち等の攻略情報を随時更新していきます。

※編集部調べ

  • 2018/06/11小当たりRUSH中は打ちっ放しと止め打ちどちらが有効?【止め打ち】の項目を追加
  • 2018/06/09通常時&確変中の予告やリーチ演出、保留の信頼度を追加
  • 2018/06/05ボーダーラインを追加
導入日
2018/06/04
メーカー
高尾
タイプ
ミドル・確変ループ

CR弾球黙示録カイジ4 パチンコ新台 導入日 スペック

導入日

導入日 2018年6月4日

スペック

基本スペック
大当たり確率 通常時 1/319.9
確変中 1/111.9
確変突入率 50%
小当たり確率 1/1.01
電サポ内容 0回or100回
総払い出し
玉数
2R 72個
12R(通常) 1236個
12R(確変) 1308個
16R 1920個
アタッカー詳細 賞球12個・10カウント
賞球数 ヘソ 4個
電チュー 1個
その他 4or3個

※2R・12Rの払い出し玉数はメーカー発表値

弾球黙示録カイジの最新作「HIGH&LOW」は圧倒的小当たりマシン!

スペックは突入率50%の確変ループ+小当たりRUSH搭載機で、確変大当たりを引けば小当たりRUSH「圧倒的RUSH」に突入するが、通常大当たり後は小当たりRUSHどころか電サポもなし。

伸るか反るか1:1の勝負だが、見事小当たりRUSHを勝ち取ることができれば爆発的な出玉増加による大量出玉も十分に射程圏内だ。現行機最高クラスの小当たりRUSHをかけた勝負は、まさしくHIGH&LOWの大博打といえるだろう。

限定ジャンケン、Eカード、沼、そして激アツの焼き土下座など、原作の魅力を余すことなく表現した演出群には胸をアツくさせられること間違いなし。プレイヤーは、スペック面だけでなく演出面でもヒリついた勝負に興じることになる。

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
種類 電サポ 割合
16R確変 次回まで 5%
12R確変 45%
12R通常 0回 50%
電チュー入賞時
種類 電サポ 割合
16R確変 次回まで 50%
2R通常 0回 50%

確変突入率は状況不問で50%。確変なら次回大当たりまで継続する小当たりRUSHに突入し、通常なら大当たり消化後に通常時に戻る。電チューは小当たりRUSH中の玉持ちをサポートするためだけに搭載されている。

ヘソ入賞時の大当たりは12or16R。メインとなるのは確変期待度約47%の12Rだが、16Rなら確変=小当たりRUSHに突入確定だ。なお12Rはショート開放ラウンドが存在するが、12R確変と12R通常ではアタッカーの開放パターンが異なるため、見込める出玉も変わってくるぞ。

右始動口入賞時の大当たりは、確変なら16R+小当たりRUSH、通常なら出玉はほとんどもなく小当たりRUSHにも突入しない。極端な差のある両者の振り分けは1:1だ。なお通常大当たりは小当たりと同程度の開放時間で2回アタッカーが開放するので、右打ちしていれば多少の玉は入賞する可能性アリ。

大当たり関連数値

平均連チャン数&平均出玉
平均連チャン数
項目 平均連チャン数
TOTAL 1.97連
初当たりが確変 2.95連
初当たりに対する平均出玉
項目 打ちっ放し 止め打ち
TOTAL 4348個 4361個
初当たりが確変 7468個 7497個
シミュレート時の大当たり出玉
項目 打ちっ放し 止め打ち
2R 70個
12R(通常) 1230個
12R(確変) 1300個
16R 1760個 1770個
通常時 回転数別大当たり期待度
通常時 回転数別大当たり期待度
100回転 26.9%
200回転 46.5%
300回転 60.9%
400回転 71.4%
500回転 79.1%
600回転 84.7%
700回転 88.8%
800回転 91.8%
900回転 94.0%
1000回転 95.6%

CR弾球黙示録カイジ4 パチンコ新台 潜伏 セグ

潜伏確変

「CR弾球黙示録カイジ HIGH&LOW」に潜伏確変は搭載されていないため、通常時ならいつヤメても問題ない。

CR弾球黙示録カイジ4 パチンコ新台 大当たり解説 モード解説

通常時

通常時は、通常ステージと大量にある特殊ステージを行き来しながら進行する。先読み、リーチハズレ後、大当たり終了後、特殊ステージへの移行契機だ。

初見だと戸惑うかもしれないが、本機は潜伏確変や出玉なしの大当たりは存在しないため、どのステージに滞在していても好きなときにヤメて問題ない。

通常時の大当たり

通常時の大当たりは図柄揃いの「圧倒的ボーナス」と突アタッシュケースから突入する「カイジボーナス」の2種類。

いずれもラウンド終了後にギロチンが落ちなければ次回大当たりまで継続+小当たりRUSHの「圧倒的RUSH」へ突入する。

ギロチンが落下すると通常時へ移行となる。

ギロチン演出

演出の種類 演出の信頼度
成功期待度 35.2%

圧倒的RUSH

「圧倒的RUSH」は次回大当たりまで継続する電サポ中のモード。さらに電サポ中は小当たりRUSHが搭載されており、消化中は約1/1.01で小当たりに当選するため、ハマるほど出玉が増加していく。

圧倒的RUSH中はギロチンが落下すると確変終了のピンチとなり、演出成功で確変継続、失敗で通常時へ移行する。

なお、本機には時短が搭載されていないため、電サポ作動中は必ず確変+小当たりRUSHとなる。

制裁ゲーム

圧倒的RUSH中にギロチンが落ちると発展する、確変継続or終了のジャッジ演出。まず、回転体やギロチンの「役物チャンス」で成功すれば確変継続となるが、失敗すると「最後の審判」へ移行。

最後の審判はティッシュ勝負orチンチロ勝負となり、成功すれば16R確変、失敗なら通常時へ移行する。

なお、チンチロ勝負に発展した場合は敗北の心配はないため、安心して見届けられるぞ!

電サポ中の大当たり

電サポ中の大当たりは16R確変or2R通常の2種類だが、16R確変なら液晶上は「無敵ZONE」となり、約2000個の出玉を獲得できる。

2R通常の場合は制裁ゲーム経由で、通常時へ移行する。

小当たりについて

確変大当たり後に突入する小当たりRUSHは非常に性能が高く、右打ちしていれば1回転あたり約20個の増加が見込めるようだ。

消化中は1/1.01で小当たり=アタッカー(左のスライド板)が開放する。アタッカーが閉じている間も、手前の電チュー(右のスライド板)が高確率で開放しているため、玉のこぼしは少ないぞ。

下手に止め打ちすると逆に損をしてしまう可能性が高いので、小当たりRUSH中は打ちっぱなしで消化しよう。

確変中のハマリデータ
ハマリ 割合 出玉
50回転 63.8% 約1000個
100回転 40.8% 約2000個
150回転 26.0% 約3000個
200回転 16.6% 約4000個
250回転 10.6% 約5000個
300回転 6.8% 約6000個

CR弾球黙示録カイジ4 パチンコ新台 保留 保留変化 信頼度

保留変化予告

液晶下部に表示している保留アイコンが変化すればチャンス。「ざわ…」量や色が変化すればチャンスとなる。「ざわ…」の色が赤以上に変化すれば激アツ!

保留の種類 保留の信頼度
黒+赤 6.4%
37.0%
イチゴ柄 87.4%
レインボー 超激アツ!?
保留の大きさ 極小 7.9%
極大
「カ」だけ大きい 18.8%
保留の動き 横揺れ 18.8%

CR弾球黙示録カイジ4 パチンコ新台 通常時予告 演出 信頼度

導光板風予告

導光板風予告は停止した図柄が導光板のように浮かび上がる先読み予告で、色によって信頼度を示唆している。赤ならチャンスとなるぞ。

演出の種類 演出の信頼度
23.6%

帝ランプ点灯予告

演出の種類 演出の信頼度
先読み・ゆっくり点滅 5.9%

執行準備予告

ギロチン役物がガタガタ揺れるギロチン予告で画面に「執行準備中」と表示されれば執行準備予告となる。発展先に注目しよう。

演出の種類 演出の信頼度
トータル 31.6%

回転体モード

回転体モードは出現する文字や回転体の停止位置に注目。信頼度は高くないため、発展先が重要となる。

演出の種類 演出の信頼度
トータル 4.6%

闇モード

闇モードは背景に「闇」の文字が出現すると突入する先読み予告。「閃」や「闘」の文字が出現すればチャンスとなる。文字の色にも注目だ!

演出の種類 演出の信頼度
トータル 4.7%

ワンラインモード

ワンラインモードは停止した図柄に注目しよう。

演出の種類 演出の信頼度
トータル 5.1%

ハウスルールモード

ハウスルールモード突入で先読みのチャンスとなるが、複合する予告や発展先が重要となる。

演出の種類 演出の信頼度
トータル 4.7%

名刺交換モード

名刺交換モードは帝愛社員と名刺交換に成功すると最大4段階のステップアップ!役職の高い人と名刺交換をするほど信頼度アップとなる。

演出の種類 演出の信頼度
利根川 20.8%

タイマーモード

タイマーモードはタイマーが出現する先読み予告で、タイマーが0.00になったときに演出に注目しよう。さらに、タイマーがマイナスになればSP以上に発展するぞ。

演出の種類 演出の信頼度
トータル 10.0%

ギロチンモード

演出の種類 演出の信頼度
トータル 11.9%

リアル心理モード

ランプや音が消え、キャラがセリフを喋る予告。キャラが兵藤ならチャンスパターンとなる。

演出の種類 演出の信頼度
兵藤 47.3%

兵藤激光モード

兵藤激光モードは背景に兵藤が出現し、ボタン押しで色が赤や強赤に変化すれば信頼度アップとなるぞ!

演出の種類 演出の信頼度
32.6%

図柄裏面モード

図柄が裏返ると先読みのチャンス。疑似連回数や発展先に注目しよう。

演出の種類 演出の信頼度
背景・赤 14.0%

楽曲モード

楽曲モードは大当たり終了後や電サポ終了後に突入することのあるモードだが、通常時に突入すれば激アツとなるぞ。

演出の種類 演出の信頼度
トータル 69.1%

ボタンポコポコ予告

ボタンポコポコ予告は先読み演出のひとつ。ボタンの色が赤ならチャンスだ。

演出の種類 演出の信頼度
23.8%

通常疑似連続予告

通常疑似連続予告派手な演出はないため、気付きいくいが「ざわ…」の文字の色や大きさで信頼度を示唆している。

演出の種類 演出の信頼度
3回 19.8%

演説背景疑似連続予告

利根川の名言が出現する疑似連続予告。継続するほどチャンスとなるぞ。

演出の種類 演出の信頼度
トータル 17.3%

魔界背景疑似連続予告

背景がカイジの妄想世界になると>魔界背景疑似連続予告へ。継続するほど信頼度アップ。

演出の種類 演出の信頼度
トータル 28.6%

兵藤疑似連続予告

兵藤疑似連続予告は右図柄に兵藤が止まると発生のチャンスで、中図柄にも止まると疑似連へ発展する。激アツの疑似連続予告だ!

演出の種類 演出の信頼度
トータル 46.3%

金銀図柄予告

停止前の図柄が銀or金図柄で隠される予告。金図柄ならチャンスパターンとなるぞ。

演出の種類 演出の信頼度
22.9%

モニター予告

モニター予告はゲージに赤部分があればチャンス。色が変わっている部分が短い方がチャンスアップパターンとなる。

演出の種類 演出の信頼度
ボタンゲージ 7.2%
成功ボタン有効時間 4.6%
37.9%

黒パト予告

演出の種類 演出の信頼度
1.0%
72.5%

黒塗り車予告

黒塗り車予告は車の窓をボタン長押しで開けた際に出現する人物とセリフに注目しよう。

演出の種類 演出の信頼度
黒塗り車予告 調査中

カイジ犬予告

段ボールから出てきたカイジ犬が走れば疑似連続予告へ発展する。

演出の種類 演出の信頼度
カイジ犬予告 調査中

アイキャッチ予告

アイキャッチ予告は数種類あるが、カイジ単体ならチャンス、兵藤なら激アツとなるぞ!

演出の種類 演出の信頼度
兵藤 46.5%

心の声予告

心の声予告は影のかかったキャラが出現し、セリフによって信頼度を示唆している。

演出の種類 演出の信頼度
心の声予告 調査中

全面語録予告

全面語録予告は文字の種類によって、信頼度や発展先を示唆しており、赤文字が絡めば信頼度アップとなる。

演出の種類 演出の信頼度
25.1%

タイトル予告

タイトル予告は文字やざわエフェクトが赤ならチャンス。

演出の種類 演出の信頼度
ざわエフェクト 21.0%
タイトル文字 6.2%
20.4%

心電図予告

心電図予告は色が赤ならその後の展開に注目しよう。

演出の種類 演出の信頼度
5段階目 13.1%
心電図・赤 16.2%

カットイン予告

カットイン予告は最大4段階まで発展することがある。セリフの色に注目しよう。

演出の種類 演出の信頼度
イチゴ柄 90.6%

図柄表情変化演出

図柄表情変化予告は「ぐにゃ~」ならチャンス。

演出の種類 演出の信頼度
ぐにゃ〜 25.3%

イントロ発展

イントロ発展時は激アツ!その後の展開に期待できるぞ!

演出の種類 演出の信頼度
トータル 52.1%

黒服群予告

リーチ後に黒服群が出現すれば信頼度大幅アップ!黒服群のなかにキレパンダやアヒルが混じっていれば…!?

演出の種類 演出の信頼度
トータル 88.3%

運否天賦チャンス

運否天賦チャンスは4大演出のひとつで、勝負系リーチorギロチンクラッシュに発展する激アツ演出だ!

演出の種類 演出の信頼度
トータル 50.2%

ギロチンクラッシュ

ギロチン役物が落下し、画面がクラッシュすればギロチンクラッシュ!発生後は焼き土下座リーチor全回転リーチに発展するぞ!

演出の種類 演出の信頼度
トータル 57.8%

天地逆転

「天地逆転」は液晶の上下が逆さまに表示されるチャンスアクション。液晶左の執行レバーが可動すると発生のチャンスだ。「天地逆転」は液晶の上下が逆さまに表示されるチャンスアクション。液晶左の執行レバーが可動すると発生のチャンスだ。

演出の種類 演出の信頼度
トータル 32.4%

カイジタバコ予告

シリーズお馴染みのカイジタバコ予告がリーチ後に発生すれば信頼度大幅アップ!その後の展開に大いに期待できる!

初代Ver.のカイジタバコ予告が出現すれば超激アツだ!

演出の種類 演出の信頼度
トータル 88.5%

イチゴ柄

カイジシリーズお馴染みのイチゴ柄が出現すればもちろん信頼度大幅アップ!また、キレパンダ柄や、さらにアツいアヒル柄が出現すれば信頼度大幅アップとなるぞ!

演出の種類 演出の信頼度
トータル 90.6%

キレパンダ

高尾のメーカー柄のキレパンダは様々な場面で出現する激アツ予告。トータル信頼度は約91%!

演出の種類 演出の信頼度
トータル 91.1%

リーチ後ボタン予告

リーチ後ボタン予告はボタンを押して出現するペリカやキューブの色に注目しよう。

演出の種類 演出の信頼度
キューブ・赤 12.5%
ペリカ・赤 19.3%

CR弾球黙示録カイジ4 パチンコ新台 通常時リーチ 演出 信頼度

リーチ図柄

7図柄テンパイ時は超激アツ!さらに圧倒的RUSHも濃厚となるぞ!

演出の種類 演出の信頼度
7図柄 超激アツ!?

心音コマ送りリーチ

心音コマ送りリーチは文字や動く役物が多いほどチャンスとなる。

演出の種類 演出の信頼度
トータル 20.1%

ギロチンリーチ

ギロチン落下後、兵藤が出現してギロチンを引き上げる。

演出の種類 演出の信頼度
トータル 11.3%

フリーズギロチンリーチ

画面フリーズ後に発展するフリーズギロチンリーチは図柄同士の押し合いで最終的に図柄揃いが出現すれば大当たり。

演出の種類 演出の信頼度
トータル 15.0%

黙示録チャレンジ

黙示録チャレンジは2種類存在し、どちらも演出成功で大当たりとなる。ワンポーカーのほうが若干信頼度が高い。

愛よりも剣

演出の種類 演出の信頼度
トータル 7.3%

ワンポーカー

演出の種類 演出の信頼度
トータル 19.1%

勝負系リーチ

勝負系リーチは全部で5種類あり、前後半の2部構成となっているが、後半直行ルートも存在する。勝負系リーチのなかでは「沼」が最も信頼度が高い。また、タイトルの色やカットインの種類でも信頼度を示唆している。

限定ジャンケン

星を3つ揃えることができれば後半へ発展する。

演出の種類 演出の信頼度
後半発展時トータル 10.3%

※後半発展時の信頼度

鉄骨渡り

「押さない」が出現すれば後半へ。

演出の種類 演出の信頼度
後半発展時トータル 12.2%

※後半発展時の信頼度

麻雀17歩

麻雀17歩は3つの順子が完成すれば後半へ発展する。

演出の種類 演出の信頼度
後半発展時トータル 12.2%

※後半発展時の信頼度

Eカード

18mmを覚悟したら後半へ発展。

演出の種類 演出の信頼度
後半発展時トータル 27.3%

※後半発展時の信頼度

ブロックを通過すれば後半へ発展。

演出の種類 演出の信頼度
後半発展時トータル 40.5%

※後半発展時の信頼度

焼き土下座リーチ

焼き土下座リーチはギロチンクラッシュなどから発展する。利根川の名シーンが展開される本機最強リーチだ!

演出の種類 演出の信頼度
トータル 57.8%

全回転リーチ

全回転リーチへ発展すればもちろん大当たり!さらに大当たり濃厚となる「突アタッシュケース」や「突インパクト」などが存在する。

演出の種類 演出の信頼度
全回転リーチ 超激アツ!?
突アタッシュケース 超激アツ!?
突インパクト 超激アツ!?

CR弾球黙示録カイジ4 パチンコ新台 確変中 演出 信頼度

圧倒的RUSH

「圧倒的RUSH」は確変大当たり後に突入する小当たりRUSH+次回大当たりまで継続する電サポモードとなる。RUSH中はカイジRUSH、帝愛RUSH、バトルRUSHがあり、Eカードチャレンジや限定ジャンケンチャレンジ、実写クルーンなどの各予告演出で展開されるぞ。

RUSH中にギロチンが落下すると確変終了のピンチとなり、制裁ゲームへと移行する。まずは「役物チャンス」で継続or終了のジャッジがあり、そこで失敗すると「最後の審判」へ。どちらも失敗すると通常へ移行する。

圧倒的RUSH 演出・信頼度

天国の扉演出

演出の種類 演出の信頼度
トータル 12.5%

限定ジャンケンチャレンジ

演出の種類 演出の信頼度
トータル 30.1%

利根川怒りの頭突き演出

演出の種類 演出の信頼度
トータル 30.1%

Eカードチャレンジ

演出の種類 演出の信頼度
トータル 51.8%

無敵ゾーン接近中!?演出

演出の種類 演出の信頼度
トータル 88.1%

扉系演出

演出の種類 演出の信頼度
パトランプ 91.5%
黒服

実写クルーン演出

演出の種類 演出の信頼度
トータル 91.5%

群予告

演出の種類 演出の信頼度
黒服 確変大当たり濃厚
坂崎
カイジ犬

制裁ゲーム

演出の種類 演出の信頼度
役モノチャンス 回転体 45.6%
ギロチン 55.7%
最後の審判 ティッシュ 8.5%
チンチロ 確変大当たり濃厚

CR弾球黙示録カイジ4 パチンコ新台 ボーダー 止め打ち

ボーダーライン

「CR弾球黙示録カイジ HIGH&LOW」のボーダーラインは以下となる。

ボーダーライン
項目 打ちっ放し 止め打ち
3.00円交換 20.7回 20.7回
3.50円交換 19.5回 19.4回
3.57円交換 19.3回 19.3回
4.00円交換 18.4回 18.4回

シミュレート結果

3.00円交換
±ライン 打ちっ放し 止め打ち
-3333個 18.9回 18.8回
+3333個 23.1回 23.0回
+6666個 26.0回 26.0回
3.50円交換
±ライン 打ちっ放し 止め打ち
-2857個 17.9回 17.8回
+2857個 21.4回 21.3回
+5714個 23.7回 23.7回
3.57円交換
±ライン 打ちっ放し 止め打ち
-2801個 17.8回 17.7回
+2801個 21.2回 21.1回
+5602個 23.5回 23.4回
4.00円交換
±ライン 打ちっ放し 止め打ち
-2500個 17.1回 17.0回
+2500個 20.1回 20.0回
+5000個 22.0回 21.9回
シミュレート条件
大当たり出玉
種類 打ちっ放し 止め打ち
2R 70個
12R(通常) 1230個
12R(確変) 1300個
16R 1760個 1770個
1Rの平均増減
項目 打ちっ放し 止め打ち
こぼし -1個
ラウンド間 -1個 0個
オーバー入賞 0個
一般入賞口 +2個(1Rに1個入賞)
その他
回転数 3000回転×10万日
3000回転消化時に
確変中だった場合
確変終了or
最大250回転延長
電サポ中の
出玉増減
なし

止め打ち ラウンド中

アタッカー性能

  • 賞球数…12個
  • カウント数…10カウント
  • センサー感知…やや遅め

スライド開閉式のアタッカー。道中にはこぼしが1ヶ所存在するが、こぼれた玉はその先にあるおまけ入賞口(3個賞球)に頻繁に入り大当たり出玉を上乗せしてくれるので、こぼれる玉が多いほど獲得出玉が多くなる。

開放パターンはやや特殊で、獲得した大当たりの種類によって異なる。

16R確変

1R目と16R目のみ10個入賞するまでショート開放を行ない、その他のラウンドは一般的なロング開放となる

12R確変or12R通常

すべてのラウンドが小当たりRUSHのようなショート開放を繰り返す。基本的に10個入賞で次のラウンドに進むが、10個入賞前にラウンドが終了するところもある(詳細は調査中)。そのため、払い出し出玉は「12R確変の場合は1308個」「12R通常の場合は1236個」とやや少ない(全ラウンド10個入賞なら払い出しは1440個になる)

2R通常

ショート開放を2回行なう。

1Rでショート開放を複数回行なうことが多いため、アタッカーが閉まって玉がこぼれるポイントが多い。ただし、閉まっている時間は非常に短いので、打ちっぱなしでもムダ玉が発生しづらくなっている。

止め打ち手順

16R確変は2〜15Rのみロング開放を行なうので、止め打ちでオーバー入賞率アップを狙うことができる。ただし、道中のこぼしや電チューに邪魔されることが多く、止め打ちを実践してもオーバー入賞率の上昇はほとんど見込めないため、素直に打ちっぱなしで消化するのが無難だろう。

12R確変・12R通常・2R確変はショート開放の連続で出玉を獲得する。そのため止め打ちでオーバー入賞率をアップさせることはできない。また、アタッカーのショート開放を狙い打つことは可能だが、道中のこぼしや直前の電チュー(大当たり中も頻繁に開放する)に邪魔されることが多く、安定して入賞させることは難しい。時間効率の低下や獲得出玉の減少といったマイナス要素を誘発する危険性があるので、こちらも基本的には打ちっぱなしで消化しよう。

止め打ち 電サポ中

電チュー性能

  • 賞球数…1個
  • 開放パターン…1種類(1回開放)
  • 小デジ変動秒数…1種類
  • カウント数…不明

スライド開閉式の電チューで、開放パターンは1パターンのみ。道中にはこぼしが1ヶ所存在するが、その先には3個賞球のおまけ入賞口があり、こぼれた玉は高確率で入賞するため、こぼれればこぼれるほど得になる。

アタッカー性能(小当たり当選時)

  • 賞球数…12個
  • 開放パターン…3種類?
  • カウント数…不明

電チューに玉が入賞すると大当たりと小当たりの抽選を同時に行ない、小当たりに当選するとアタッカーが短時間の開放を行なう。

今回の検証で確認した開放パターンは以下の通り。

  • パターンA
    …ショート開放1回
  • パターンB
    …ショート開放2回
  • パターンC
    …ロング開放1回

ショート開放とロング開放の違いは体感でわずかに違和感を感じる程度のもの。そのためパターンAとパターンCは同じである可能性もあるが、開放パターンが複数あることに違いはない。

カウント数の上限は大当たり時と同じ10カウントだと思われるが、開放回数の多いパターンBでも10個入賞することはまずないため、気にする必要はないだろう。

止め打ち手順

電チューの開放パターンはシンプルなので、止め打ちで狙い打つことは難しくない。ただし、本機の電サポ中は小当たりRUSHが発動しており、玉を獲得するためにはアタッカーも同時に狙う必要があるため、止め打ち攻略はほぼ不可能となっている。

そのようなシステムなので、電サポ中は極端に期待度が高い演出や演出時間の長いリーチが発生した場合は打ち出しを止めてムダ玉を減らし、それ以外のときは打ちっぱなしで消化するようにしよう。

CR弾球黙示録カイジ4 パチンコ新台 評価 感想 ライターコラム

ライターコラム

近日追加予定