啓発週間にフォーラム開催

シリーズ名
業界最前線パチンコ・パチスロ新機種発表会 (不定期更新)
話数
第517回
著者
宇惨臭蔵
2019/5/14

パチンコ・パチスロ依存問題フォーラム

@中野ZERO

(パチンコ・パチスロ産業21世紀会)
日本版カジノ開業へ向けて成立したギャンブル等依存症対策基本法では、「国民の間に広くギャンブル等依存症問題に関する関心と理解を深めるため」という目的で、5月14〜20日を「ギャンブル等依存症問題啓発週間」と定めている。

もちろん、パチンコ・パチスロ業界も例外ではなく、啓発週間が始まる14日、ホールやメーカーなど業界団体によって構成されるパチンコ・パチスロ産業21世紀会が、『パチンコ・パチスロ依存問題フォーラム』を都内で開催した。



業界関係者(各ホールに配置されている安心パチンコ・パチスロアドバイザー)を対象に行なわれた第一部では、21世紀会の阿部恭久代表による基調講演が行なわれ、店内ATMの撤去などが求められていること、ファンと直に接するアドバイザー制度の拡充を図っていくことなど、パチンコ・パチスロ依存問題に関する現状と課題が語られた。



続けて行なわれたパネルディスカッションでは、リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)に出向し、実際の相談業務を行なったホールスタッフによる実例を紹介。



これを受けてRSNの西村直之代表理事が「産業として依存問題からファンを守ることも、顧客サポート。長く楽しく遊んでもらうことが、業界に求められている」と総括した。

また、一般のファンを対象に行なわれた第二部では、RSNの西村氏による「パチンコ・パチスロ依存問題の正しい理解のために」と題した公演や、有識者による事例報告も行なわれた。

一部、二部とも500人収容の会場はほぼ満席となり、依存問題に対する関心の高さを感じさせるフォーラムとなった。