パチンコのノリ打ちは貢献できないと居心地が悪くなってくる

シリーズ名
運留のふっといでぇ (毎週土曜日更新)
話数
第134回
著者
運留
オリ法編集部はノリ打ちで実戦に挑むことが多いです。

ノリ打ちは玉を出しても出さなくても収支は折半。たとえ2万発出して個人的には5万円勝ちだとしても、その他の仲間が5万円負けていたら収支はプラスマイナスゼロ。

逆に自分が大ハマリを食らっていたとしても仲間が爆出ししていたら結果5万勝ち、なんてこともあるわけで、勝つも負けるも「イク時は一緒よ」的なラブラブカップル状態なのです。

だからこそ、仲間の中で一番出した奴が終わった後には大きい顔ができるわけですな。ドヤ顔でもって、「ハイ今日は3万発出しましたが何か? 端数は取っといて良いよ」な〜んて具合に、実はノリ食いされていてコンチキショーと思っていたとしても、体面上はデカい顔ができるわけなのです。


なので先日、毎月恒例の誌面企画で真・北斗無双を4人でノリ打ちした時も自分は俄然ヤル気を出して臨んだわけです。

過去3度ほど自分の活躍の場は全くなく、当たっても通常。また中ハマリの後せっかく引いた確変もあっさりスルーなんてことを繰り返し、気づけば4万円負け。

でもそこはノリ打ちの妙で、他の3人のメンバーにドヤ顔されながら「ハイハイ、今回もお約束ね」と収支を計算される始末。結果、収支は1万円勝ちなんてことが続く。

コレこそノリ打ちのいいところやん!? とか思いながらもやっぱりこうも続けて貢献できないと居心地が悪くなってくる。


朝から、今日こそは出して欲しいな〜、なんて言われながら入念に台を選ぶわけです。したらば1000円投資の15回転ほどで発生したのが金保留。


しかも次回予告。さらに神拳ゾーンで琉拳リーチ。

「今日こそはドヤれる!」と思ったのも束の間、あっさり大ハズレ。遠くからこっちをヤレヤレと見ている仲間がいます。…悔しい〜!


だがこの日は今までと何かが違った。この台で追加投資7500円目。一撃当千チャンスでケンシロウのカットイン発生。90%オーバーの激アツ予告をしっかり当てて、しっかりSTゲット〜!

ドヤ〜!っと仲間の方を振り返るとトイレにでも立ったのか姿はない。チッ!


さあさあ、少なめの投資で引いたSTだ。しっかり連チャンを伸ばさねばならん。何故なら今日の自分はドヤ顔を是が非ともカマしたいからである。

自分はオリ法的に無法者かアミバを選ぶのが基本なのだが、過去の結果を見ればココは変更すべし。普段選ばないリンを選択してみた。


この子がよくデキる子でして、バッサバッサと敵を倒していく。結果11連の1万発オーバー!


ドヤ〜っと仲間の方を見ると既に台移動して別のおっさんが座っている。気まずい…。


さあ、今日こそは久々にノリ打ちのリーダーになれるぞ! とお昼を過ぎたあたりでほくそ笑んでいたのだが、こんな日に限って仲間たちの調子もすこぶる良い。

一人は自分と同じ11連をカマしたのだが出玉は14000発超え。さらにもう一人はしっかりデモ出しを繰り返して20連を達成。もう一人は連チャンこそ伸びないもののハマリも浅く、じわじわ出玉を伸ばしている。いや、みんな出てるんだからノリ打ちとしては最高の展開なわけなんだけど、どうも納得がいかない。

終わってみれば20連達成の仲間のひとりドヤ顔状態。ハイハイ、今回の取り分ですよ〜、なんてご機嫌でノリ打ち収支を配ってくれる。


次こそはしっかり決めたいノリでドヤ顔。

ノリ打ちと無双はやっぱり面白いんだよな〜。