【パチスロ ディスクアップ】設定1でも「甘い」を味わえるのは選ばれた者のみ

シリーズ名
回胴皇帝的必勝塾ドッカーン (毎週木曜日更新)
話数
第122回
著者
スロカイザー
「末っ子は甘えん坊」という話を聞いたことがある。何かトラブルが起きても、周り(家族)が何とかしてくれるので、生きる術として甘えるのが上手になっていくということらしい。

これが本当かどうかはわからないが、末っ子である私は幼少期から周りに甘えまくりで、特に母には全力で甘えていた。そして、そんな私を母は全力で甘やかしてくれた。

そんなスイートなマザーと、天性の甘えん坊が化学反応を起こして、私はどこに出しても恥ずかしくないくらいの「末っ子属性」全開な甘えん坊に育った。

また「末っ子は長女の女性と相性が良い」という話も聞いたことがある。他人から頼られることが多い長女と、他人に頼ることが多い末っ子はしっくりくる関係になるそうだ。

ならば、バリバリな末っ子の私と長女の女性との相性は抜群というレベルを超えているハズだ。うむ、周りに長女の女性はいるかな。ちょっと探してみようと思った今日この頃。


皆さんこんにちは。自分に甘い生活を繰り返し、厳しい現実に直面しているスロカイザーです。

勝ちたい、勝ちたい、勝ちたい。されどその願いは虚しく、敗北の日々が続く。相性が良いと思っていた機種にも裏切られ、途方に暮れる毎日。

この現状を打破するにはどうしたらよいのか。ワラにもすがり、ワラをも掴む思いで勝つ方法を調べてみたら…

「ディスクアップは甘い」というスイートなツイートが目に飛び込んできた。

「甘い」…文字通り、なんと甘美な響きだろうか。

ただ、「凱旋は甘い」なんてことを言う人がいるように、「甘い」を味わえるのは選ばれた者のみという可能性がある。その情報を鵜呑みにはせず、眉に唾をつけてしっかりと真偽を確かめてみる必要がある。そもそも、その「甘い」の根拠は何なのか。確かな理由があるのか。

それらを確かめるべくパチスロ必勝本のページを開いてみると、そこには衝撃の文字があった。

「設定1の機械割が103%」

あまーい、めっちゃあまーい。フル攻略すれば設定1でも戦える仕様。まさに蔵が建つスペックだ。

その甘さの秘密はビタ押しを要する技術介入。しかし、私はビタ押しマシーンというほど目押しは得意ではないけれど、ビタ押し必須のマシンが存在した頃からパチスロを嗜んでいたので最低限の目押し技術はある。よしよし、きっと問題ないハズだ。

善は急げ。よっしゃ、蔵を建てよう。


だが、1つ大きな問題があった。導入台数が少なすぎで、近場のホールで設置されているのはたった1台。どうせなら、等価バリバリの神奈川のホールで打ちたいのだが、競争率が高そうなのでスルー。今回は少し遠くの、非等価だが設置台数が多めの都内のホールで実戦することにした。







(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


こちらの母も、なかなか自分に甘い。

はい、ディスクアップは空いていませんでした。試し打ちだから昼くらいからでも大丈夫、と余裕をぶっこいていたら埋まっていた。

ちなみにハーデスを打った理由は、撤去される前に、万枚が約束されたような状況で流れると噂される幻のBGM「タッチ」が聞きたかったから。いつか、1週間ぐらいみっちりとハーデスだけを打つ「タッチ実戦」をしてみようかな。


打ち始めてから数時間後、ようやくディスクアップに空き台を確認。よっしゃよっしゃと迷わず下皿にハンカチーフを投げ入れて、いざ勝負と鼻息を荒くした。…が、頭上に表示されている現在のハマリゲーム数が800G近くだったので一抹の不安を覚える。

「甘い」…んだよね? このハマリはたまたま…だよね?

ドキドキしながらレバーON。ドキドキしながらリールを停止。この胸の高まりは恋かしら。いいや…

(C)Sammy


ビタ押しチャレンジによるドキドキだ。不安は杞憂に終わり、打ち始めて早々にBIGを引いたのだ。

ちなみにビタ押しは、中リール枠下に青7を狙うというもの。私は枠下のビタ押しが苦手なのでドキドキが止まらなかったが、じゅわーん♪ じゅわーん♪ じゅわーん♪ と失敗する気配ナシ。結果、ファーストBIGでは一度もミスらなかった。

知らない間に私の目押し力が向上した!? いやいや、そんなハズはない。ということは、ビタ押しの判定が甘いのかな(多分)。

さあ、ART開始。まぁ、ARTといっても出玉増やすためではなく現状維持が目的なので、ここでどれだけボーナスを引けるかが重要だ。

すると、その願いが叶って、ボーナス、ボーナスと連チャンを重ねる。ARTのゲーム数も順調に上乗せして…

(C)Sammy


順風満帆。こうなると興奮が止まらない。

(C)Sammy


ART中のネーちゃんがエロ過ぎて興奮が止まらない。

(C)Sammy


数か月前に購入したアダルツ動画に出演していた女優さんにそっくりだったので余計に興奮した。ただ、1つ気になるのは…

(C)Sammy


上パネルの中央の女の子はいつ登場するのだろうか。まったく登場する気配ナシ。この子に会いたくて、必死にレバーを叩き、エロネーちゃんを見ながら必死にレバーを弄っていたが、やはり登場しない。

(C)Sammy


で、そんなこんなで連チャンは終了して一撃1000枚オーバー達成。その後も打ち続けた結果、大ハマリすることなく…

(C)Sammy


コンスタントに400〜500枚くらいを連続で獲得し、計2000枚ほどをゲットしたところで満足ヤメ。


初打ちの感想は、手応えしかない。

設定は間違いなく「1」だったと思うので、低設定でも戦える感は抜群だ。今度は等価のホールで勝負しよう。オレ、ディスクアッププロを目指すよ。

今回の実戦でディスクアップの「甘さ」の片鱗を味わうことができたが、それよりも何よりも気になったのはやはり上パネルの女の子。どうしても、そのお姿を拝みたい。ということで、色々と調べてみた結果…

(C)Sammy


デモ画面でチェックできることが判明した。をを、可愛らしい。ただ、この子より…

(C)Sammy


ART中に登場するアフロっ娘の素顔が…

(C)Sammy


予想以上にプリティーで、おじさん大興奮。「アフロレディー」というネーミングセンスはどうかと思うけど、カワイイは正義だな。


ちなみに、過去のコラムで「これはゾンビですか?」と「不二子 TYPE-A+」を「甘い」と書いたが、最近、彼女らが牙を剥いてきているので困っている(それでも面白いからタチが悪い)。

ディスクアップはスイートマザー(甘いまま)でいてくれる…よね。ずっと、甘えさせてくれるよね。