【聖闘士星矢 海皇覚醒】千日戦争から狙いドコロ史上初の快挙達成!?

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第118回
著者
クボンヌ/二星しょうた/編集S
42の12

この数字は現在導入されている5.9号機の機種数と、その中のART仕様の機種数です。42台中ART機は12台で、残り30機種はボーナス主体のノーマルタイプ、もしくはボーナス+RT機。5.5号機からスペックダウンする必要のないノーマルタイプの方が、ART機よりも5.9号機に向いているのですが、ここまでART機が少なかったのは気づきませんでしたね。

というか、そもそも5.9号機がこれだけ登場しているのが驚き。当初の5.9号機は6号機リリースまでの"繋ぎ"のような存在だった気がしますが、今ではそこそこの台数がホールに設置されていますからね。

ただし、稼働が良いかと言われると微妙で、特にART機で稼働を維持できている台は無いに等しいでしょう。ノーマル機はそれなりに稼働が付いていますが、それは一部の機種に限ります。全体的に見たら並以下の稼働ではないかと。


で、ですよ。個人的に5.9号機のART機をどう捉えているかというと、普通に"打てるレベル"なんですよね。さすがに5.5号機以前の台よりも率先して狙うことはありませんが、高設定が現実的に狙える状況であれば躊躇なく打っています。

それはなぜかと言うと、"設定差のある部分がシンプルでわかりやすい"から。ART機と言っても5.9号機の仕様上、設定差のある部分はボーナス確率や小役確率に寄っています。なので、設定看破の感覚的にはノーマルタイプと大きく変わらないんですよね。最近で言うと、フェアリーテイル・マジハロ6・秘宝伝Rev.などがまさにソレに該当すると思います。

フェアリーテイル、秘宝伝Rev.などは設定6の機械割も高いですしね。少し前に近場のホールでフェアリーテイルに並びで設定6を入れていたホールがあったのですが、いずれも5000枚over。しかも綺麗な右肩上がり。5.9号機でも設定さえ入っていれば、しっかり出るんだと感じさせられました。

もちろん設定6がどんなに安定していても、ホールに存在しなければ攻めることはできません。なので、ホールの5.9号機に対する扱いが少しでも変化してくれること、まずはそこを願うばかりですね。当たり前だけど、5.9号機でも設定6なら面白いですから(笑)。

さて、今回は5.9号機のネタから入りましたが、実戦のピックアップは5.9号機ではなく5.5号機のとある台を取り上げています。しかも展開がモノ凄いことになっているので、期待しつつ読み進めていって下さい。


実戦結果

※すべて50枚貸し出し→等価交換のホールで実戦


【押忍!番長3】
打ち始め…朝イチ63回
ヤメ…14G
投資金額…14000円
流した枚数…241枚
換金額…4500円
収支…-9500円

【パチスロ ガールフレンド(仮)】
打ち始め…550G
ヤメ…6G
投資金額…9000円
流した枚数…280枚
換金額…5500円
収支…-3500円

【ラブ嬢】
打ち始め…朝イチ180G
ヤメ…4G
投資金額…3000円
流した枚数…202枚
換金額…4000円
収支…+1000円

【SLOT魔法少女まどか☆マギカ2】
打ち始め…636G
ヤメ…15G
投資金額…10000円
流した枚数…350枚
換金額…7000円
収支…-3000円

【聖闘士星矢 海皇覚醒】
打ち始め…朝イチ5スルー・302G(前日1スルー)
ヤメ…■■G
投資金額…■■円
流した枚数…■■枚
換金額…■■円
収支…■■円

※詳細はPICK UPにて


【バジリスク〜甲賀忍法帖〜III】
打ち始め…942G
ヤメ…6G
投資金額…4000円
流した枚数…220枚
換金額…4000円
収支…0円

【TVアニメーション弱虫ペダル】
打ち始め…257G
ヤメ…6G
投資金額…2000円
流した枚数…94枚
換金額…1500円
収支…-500円

【ミリオンゴッド-神々の凱旋-】
打ち始め…762G
ヤメ…18G
投資金額…28000円
流した枚数…954枚
換金額…19000円
収支…-9000円

【沖ドキ!】
打ち始め…朝イチ3スルー・258G
ヤメ…32G
投資金額…3000円
流した枚数…600枚
換金額…12000円
収支…+9000円

【TVアニメーション弱虫ペダル】
打ち始め…朝イチ0スルー・126G(前日約200G)
ヤメ…6G
投資金額…10000円
流した枚数…402枚
換金額…8000円
収支…-2000円


PICK UP

前回のコラム同様に、今回も「聖闘士星矢 海皇覚醒」での実戦をピックアップ。

拾った台は当日ART非当選で5スルー&302Gの台。ホール的に据え置きの可能性が高そうでしたが、当日で5スルーしていれば据え置きでも狙える(前日1スルーヤメ)と思うので、今回も"仕方なく"打つことにしました。

これは前回も言っていますが、星矢のスルー回数狙いは時間効率が悪いというデメリットがあります。何時間も拘束された挙げ句に大敗する恐れがあると。前回はスルー回数の最大天井を喰らい、まさに時間効率の悪さを露呈させてしまいました。今回も同じ結末だけは避けなければなりません。


ところが、今回もGB初当たりが重すぎでART当選までに25Kを費やしてしまいました。

せめてプラスで終わりたいですが、ここからプラスに転じるには1250枚以上の出玉が必要。ART突入時の期待獲得枚数が約1300枚と言われているので、平均的なヒキを見せればほぼチャラになるわけです。

そして、ART開始直後に予期せぬ出来事が発生しました。

(C)車田正美・東映アニメーション


まさかの千日戦争突入!?

当選契機はおそらく規定ゲーム数でしょうか。千日戦争は黄金バトルの上位版にあたる特化ゾーンで、突入時の平均上乗せゲーム数は約650G。上ブレすれば4ケタ上乗せも狙える最強の特化ゾーンですね。


(C)車田正美・東映アニメーション


結果はご覧の通り。

平均をやや下回りましたが、十分な上乗せに成功しました。これだけのゲーム数があれば最悪でもプラス収支は間違いナシ。この時点で勝利はほぼ約束された状況で、あとはこれをどこまで伸ばせるかですね。


(C)車田正美・東映アニメーション


その後は黄金バトルが仕事しまくりで、ARTゲーム数は残り200〜500Gを行ったり来たり。一向に終わる気配がありません。

で、このARTが一体どこまで伸びたのかというと…


(C)車田正美・東映アニメーション


万枚突破!!

なんとなんと、万枚まで伸びてしまいました。

途中の過程は省略しましたが、最初の千日戦争のような派手な上乗せはなく、単純に黄金バトルをコンスタントに重ねた感じ。3ケタ上乗せも100Gが1回だけで、300Gなどはありませんでした。


【聖闘士星矢 海皇覚醒】
打ち始め…朝イチ5スルー・302G(前日1スルー)
ヤメ…ART中閉店
投資金額…25000円
流した枚数…10123枚
換金額…202000円
収支…+177000円


ARTは取り切れずでしたが、残りARTゲーム数は70Gだけなので大きく損をした感もなく、まさに文句ナシの快勝!! そして当コラムの実戦で初めての万枚…最高ですね。


前回は星矢のことを時間効率が悪いだなんのとボロクソに言いましたが、次のコラムでその星矢から万枚のネタが出てくるなんて。本当にパチスロは何が起こるかわかりません(笑)。とはいえ、どれだけ出ようが星矢のスルー回数狙いは時間効率が悪いことに違いありませんし、その考えは今でも変わっていません。

あと、ここまで伸びる可能性があるのなら、スルー回数狙いは"残り時間"がとにかく重要だと再認識しました。

ART当選までに要する時間・ART消化に要する時間、この両方を考慮するとなると、夕方以降の打ち出しは基本的に避けたほうが無難。それでも夕方以降に打ち始めたい場合は、スルー回数が7回以上など極端にハマっている場合に限定したほうが良いでしょうね。

ちなみに、星矢で一撃万枚を目指すのであれば何時までにARTを引く必要があるのでしょうか!? 攻略的なネタではありませんが、せっかくなので軽く考察してみましょう(笑)。

1時間で約800G回せるとして、800G×純増2枚=1600枚。1時間で+1600枚のペースで増えていくとすれば、万枚まで6.5時間回す必要があります。閉店時刻が22:40の場合は、16時までにARTを引けば理論上は万枚に到達する計算。

出玉を取り損ねるリスクを減らすにも、一撃万枚を目指すにも、時間に余裕を持って打ち始めることが不可欠ということです。ただでさえ荒い台なので、打ち始める条件をシビアに設定して妥協せずに台を選んでいきたいですね。


実戦期間中のまとめ

▼TOTAL収支
狙った台数…10台
総投資金額…108000円
総換金額…276500円
収支… +159500円


今月のコラムは星矢のおかげもあって余裕のプラス収支。第4期のトータル収支で見てもプラス域に浮上したので、これで今後は安心して打つことができそうです。1回1回の勝負に過去の戦績は関係ありませんが、負け続けると精神的によろしくありませんからね。

さて、今回実戦したハマリ台のラインナップを見てみると、特に珍しくもないごく普通の機種ばかり。読者さんの中には珍しいと感じる機種があるかもしれないけど、自分からすれば全部見慣れた機種です。

基本的にはある程度決まったホールで打っているので、拾える機種が大きく変化することはありませんが、みなし機の撤去以降はどこのホールも設置機種のラインナップに代わり映えがないというか。新しめの機種はそれなりにラインナップの違いはあるけど、古めの機種は大体同じものが設置されている印象です。

自分のコラムでは王道の機種を取り上げるというより、むしろマイナー系の機種をネタにしていきたいので、取り上げる機種がワンパターンにならないようにしたいんですよね。同じ機種ばかりだと、ただ単にハマリ台狙いの実戦日記になってしまうので。

コラムの更新は月に1回と時間的な余裕がありますし、マイナー系機種のハマリ台を求めて普段行かないホールへ足を運ぶのもアリかなと。今後はもしかしたら「えっ!?」という機種を取り上げるかもしれませんが、それも1つの楽しみにして頂ければと思います。

ってことで、暇を見つけてマイナー機種を探しに遠征でもしてみますわ(笑)。