パチンコを打っている人は「騒音性難聴」になりやすい

シリーズ名
さくらんぼdiary (毎週月曜日更新)
話数
第24回
著者
なるみん
おばんです〜、なるみんです☆


突然ですが、皆さんは最近「限界突破」をしましたか?

ウチは先日、必勝本WEB-TVで絶賛配信中の「必勝本なんばしよっと」の収録で、限界突破をしましたよ!!



どういうことかと言いますと、収録場所が大阪なのでお昼ご飯はだいたいお好み焼き屋さんに行くのですが、今回はトッピングの具材をミスりまして…。もともとチーズが入っているお好み焼きにおもちをトッピングしたんですよ。

食べる前はこんなにも嬉しそうな顔をしていますが、



食べ終わる頃にはかなりグロッキー状態(汗)。

予想以上にチーズ×おもちの組み合わせが胃にドッシリきました。でも、大好きなお好み焼きを残したくないので、頑張って食べた結果…胃が限界突破!!

もう食べ物の写真や名前すら見たくないほど胃がパンパンに膨れ上がりました。そのため、後半戦の収録はかなり元気がなかった(笑)。

皆さんはくれぐれもトッピングのミス&食べ過ぎによる胃の限界突破にはご注意ください。


そして、もうひとつ限界突破にまつわるお話が。今度はパチンコです。ということで、1粒目はそのお話をお届けします♪



1粒目・あそこが限界編

それは、大好きなシンフォギアを打っていたときのこと。3台設置されていたのですが、真ん中だけ空いていたのでその席に座ったんです。

いつも通り、光量1・音量2に調節し、いざ打ち始めると…両脇の音量が4or5(泣)!! シンフォギアは音量を5段階で調節できるのですが、音量3・4・5は凶器にもなり得るぐらい音が大きいじゃないですか!? むしろウチ的には2でも大きいぐらいなのに…。

せめて分煙ボードがあれば多少は音が防げるのですが、そのホールには分煙ボードがなく、両隣の音はウチの耳に突き刺さります…。ちなみに、耳栓はとっくの昔に装着済み(汗)。

困ったな〜…って思ったのですが、打っている台の回転率がよくて台移動したくない。仕方ないと思いながら我慢して打っていたんです。すると、右隣の人が大当たりし、役モノの音や歌がさらに大音量に!! 耳の限界が近づいていたのですが、ここも我慢して打ち続けました。

しかし、隣の人が大連チャンし始めたので、役モノの音も歌も止まることがなく、とうとうウチの耳が限界に…。個々で楽しめるパチンコに「音量下げてください…」なんてもちろん言えるはずもなく、回転率のいい台でしたが手放すことにしました。


大きい音量にしているシンフォギアを、片側だけならまだしも両隣で打たれると、さすがに耳がちぎれそうになります…(泣)。ただ、勘違いしてほしくないのは、「決して両隣の方が悪い」ということではないってこと。音量が設定できるのだがら、大音量でも問題ないんです。

だけど、パチンコを打っている人は「騒音性難聴」になりやすいみたいで、できるだけ難聴にならないようにしたいのです(ただでさえウチは耳が悪いので)。悪くなった聴力は回復することはほぼほぼないらしいし…。なので、皆さんも自分の台の音量や周りの台の音量にも注意した方がいいと思います。

シンフォギアに限らず、音量MAXで打っている人を見かけると「耳は大丈夫なのかな…」って心配になりますもん。あと、耳栓も忘れずに着けた方がいいかな?


…って、悪い方の限界突破ばかりですね(汗)。「いい限界突破ねぇーのかよ!!」と、思ったそこのアナタ!!


実は───


あるんです!!!


じゃじゃじゃじゃ〜〜ん♪


(C)モンキー・パンチ/TMS・NTV


この前プライベート打ちしたときの写真です。久々に見ることができました♪

これはいつ見てもホントにテンションが上がりますね!! あの音が鳴ったとき、周りの人にチラ見されると優越感に浸れますし(笑)。この演出を考えた開発者さん、ありがとう〜〜☆

こんな感じで、最高な限界突破も味わっておりました♪ 悪いことだけかと思いきや、良い方の限界突破のエピソードもあるなんて、ウチにしてはすごいべ(笑)? これからもたくさん「良い方」の限界突破ができるようにしていきたいものですね♪


限界突破のお話のあとは、なるメシをご紹介☆



2粒目・なるメシ編

先日、某ブログで「料理の写真をアップする」と書いたのですが、個人ブログやツイッターにはあまりアップしたくないので(笑)、会員さましか見られないこのコラムにちょいちょいアップしていこうかと思ってます☆

ということで、記念すべき初アップの料理は、引っ越して1番最初に作ったコチラ!!





チャーハンです(笑)。

見栄えも悪いし、写真もナナメ(苦笑)。

オシャレな皿などを揃えていないため、ゲーセンでGETしたピ●チュウのどんぶりに盛ってみたげど、やっぱりおいしく見せるためには皿にも気を使わないといけませんね…。

これからもっと料理の腕も、盛り付けの腕も上げていきまっせ!!


んだらまた来週〜♪