「パチスロを打ちながら○○ができます」というサービス

シリーズ名
悪☆味の『ちょっといい話(仮)』 (毎週日曜日更新)
話数
第113回
著者
悪☆味
毎日パチスロを打つだけの生活をしていると、時間を無駄に浪費しているのかな、と感じることがあるんですよ。

まぁそれが仕事のようなものなので仕方ないんですけどね。例えば高設定が確定しいて、あとは回すだけみたいな時とか、打てる台がなくて待機している時間とか。

特に高設定をツモった時って、基本的に閉店ギリギリまで打ち切るわけじゃないですか。そうなると、帰宅するのは日付けが変わる時間になったりするんですよ。

翌日も稼働する予定だと、そこからネットでデータをチェックしたりすることになる。なので、そういう時はなるべくパチスロを打ちながら、スマホで調べられることを先にチェックしておくようにはしているんだけども。


とはいっても、やはり無心で回すだけっていう時間が多いわけですよ。パチスロを打っているんだから当たり前なんですけどね。それこそ高設定をツモっていれば、回すことが仕事になるわけだから。

でもさ、もしもこの時間を有効に使えたら良いと思いませんか?

スマホで動画を観たり、本を読みながら打っている人はいるけど、そういうのじゃなくて、もっと実用性というか。


「パチスロを打ちながら○○ができます」みたいなサービスが出てくれば良いのになと。

外部依託になるんだろうけど、肩揉みサービスを実施しているホールとかあるじゃないですか。あと洗車サービスとかもあったかな。そういう感じで、もっと色々できないのかなって。

そう言えば、最近はその肩揉みサービスも見かけなくなったけど、あれも規制かなんかで禁止になったのかな?


とにかく、俺があったら良いなと思ったのは美容院サービス。

ホールに美容院が併設してあるんじゃなくて、あくまでも打ちながらやってくれるサービスが理想。

俺はもともと美容院が苦手なんですよ。鏡越しに美容師さんと目が合うのが、なぜか嫌なんですよね。でも、パチスロを打っていれば、それも防げるわけで。


まぁ、それは一例としても、なんかもっと出てこないんですかねぇ。

ただ問題は、そういったサービスを無料にすると、「そんなところに費用をかけるくらいなら出玉で還元しろよ!」って言われそうなことかな。

有料にすれば、それはそれで「金を払うくらいなら最初から専門店に行くわ!」ってことになりそうだし…。どっちにしろあまり流行らないか…。