貯玉再プレイは欠かせない手段のひとつだが、過度の貯玉はリスクがある⁉

シリーズ名
とら × パチ (毎週火曜日更新)
話数
第121回
著者
たいがー山本
まいど! たいがーです。

皆さんが通っているホールは貯玉再プレイができますか? まあ、今はほとんどのホールで会員カードがあり、貯玉再プレイが可能だと思うのですが、もし利用されていない読者さんがいらっしゃるのでしたら、ぜひとも会員登録をして再プレイを活用して欲しいと思います。

その理由はもちろん「再プレイのほうが現金投資よりお得だから」です。

等価交換なら当然再プレイだろうが現金投資だろうが換金ギャップがないので、端数を貯玉するくらいしかメリットがありませんが、等価以外のホールなら貯玉再プレイ分が等価扱いになりますから、投資の面でかなり有利になります(それ以外のホールもあるかもしれませんが)。

ただ、過剰な貯玉はリスクも大きくなるので注意して下さい。

俺は過去に某ホールで10万発ほど貯玉していたのですが、そのホールが不適切なことをして摘発され、閉店したんですね。

そこは貯玉補償基金に加盟しているホールだったのですが、貯玉を全て換金できるわけではなく、何らかの景品に交換しないといけなかったので、あまりメリットを感じませんでした。

そもそも、それにすら加盟していないホールであれば、急に閉店した場合でも泣き寝入りするしかないので注意が必要です。

ということで、今回は過去にこのコラムで実践した「貯玉再プレイ」のみでの立ち回りを再び行なってみたいと思います。


2018年05月07日(月)

本日の大阪は朝から鬱陶しい天気です。そんな中を梅田エリアの巡回からスタートしました。

今日はこれまでと真逆の順番でホールをチェックし、最終的に今通っているホールに到着。そして店内に入った瞬間、先週と同じような光景が目に飛び込んできました。

『おまえら…世間はゴールデンウイークが明けて今日から雨のなか会社に行ってるのに、朝からパチンコ打って遊んでるんとちゃうぞ! てか、なんでこんなに混んどるんじゃーっ!』

はい、そっくりそのまま俺に当てはまる言葉です(笑)。でも、そう思えるほど店内はGWと変わらない盛況ぶりでした。

まさかここにいる全員がプロなんてことはないと思いますが、服装を見てみるとスーツを羽織ってるのは俺くらいで、どう見ても皆さんオフタイムの格好をしています。

そしてそんななか俺が選んだのは、ドラムの海物語。先週から追い掛け続けていて、良い結果になっているので、今日も素直にそのお手打ち台に着席しました。


『よし、使える貯玉数は14750個。現金なら60K弱やな。まずはこの貯玉を全部打ち込むとするか』

はい、実は先週の段階で5万発の貯玉がありましたが、GWを優雅に過ごすため引き出しました。なので、また5万発に戻すために今日からコツコツと貯玉していこうと思っているのです。

ちなみにこのホールをこれからメインにしていくつもりで、貯玉5万発を超えた分を換金していくスタイルでいこうと思っています。

こういうスタイルで打つと換金した時だけ収支が付けられるので、収支表上はマイナスがなくなってしまうのですが、貯玉数をしっかりと記載して負けた日もきちんと分かるように管理しています。


『ほな、今日もよろしくお願いします! ノルマは千円24回やで〜!』

実はこの台、先週の初めは千円22回だったのですが、水曜日に24回までアップしたのです。ステージが良い仕事をしてくれるようになり、細かく止め打ちをすれば25回も狙える状態に変化してくれました。


そして、本日の初当たりは140回転目。それが2連。使った玉は1500個、現金なら6K入れたと換算できます。このホールは28個交換なので、この時点で現金で打つより約600円得してるのですからバカにはできないですよね。

『いやいや、そんなことより…。今日のこの展開、かなりマズいぞ』

今回のコラムでは「貯玉再プレイの利点」を見せたいと思っていたのですが、それはきちんと結果が出てこそだと思います。しかし、この初回大当たりから2連・2連というショボ連が続き、マジでヤバいと思ったところで僅か63回転で大当たりし、喜んでいたらSTスルー。

『なんかイライラしてきた。魚群もハズれるし、なによりこのガセのチャンス目の発生が鬱陶しいんじゃ』

ヤバいっす。まだ夕方なのになんだか無性に落ち着きがなくなっています。このような精神状態がきっと影響しているのでしょう。ここに来て回転レベルが千円20回にまで落ち込んでいるではありませんか。

『いかんいかん。ステージ落ちの玉がよそから来た玉の干渉でヘソ入賞しないなんて下手くそ過ぎる。ここはちょっとトイレ休憩入れて心を落ち着かせよう』

そう思い、しばらくトイレ休憩を。そしてすぐに席には戻らず各シマの状況などをチェックしました。


そして、いざ打ち出しを再開すると…

「リーチ!」

「ウエーイッ(?)」

リーチははっきりと聞き取れましたが、その後の言葉は何と言ったのか分かりませんでした。ただ、その声は明らかにサムでした!

『やった! 15ラウンドや!』

ここからいつものように連してくれて、やっと気持ちが落ち着く結果となりました。



ところが、良かったのはここだけでした。この後も単→2連と続き、そして本日一番のハマリに突入。その時点で差玉的にも負けが見えていたので、このまま打つかどうかを考えました。

『まあ別に負けたといっても俺の財布が痛いわけでもないしな。とりあえず全ての貯玉を打ち切るか』

これも貯玉無制限再プレイの恩恵ですな。負けているにも関わらず、お財布のなかは何も変わっていないというのは有難いことです。

もう負けは覚悟してこのまま続行しようと、腹を括ったところで大当たりしてくれました。しかも最後の貯玉再プレイボタンを押した直後です。


『よしっ、ここから捲ったる! やったるでーっ!』

はい、この気合い…見事に空回りしました(泣)。あっさりとSTがスルーし、上皿の玉だけ打ち込んでこれで帰ることを決めました。

そして上皿の玉がなくなりかけたところで、3と5のWリーチが発生したのです。が、何の変哲もないノーマルリーチ。とっとと停止しろやと思っていたら…

「ガシーン」

「キュキュキュイン♪」

ノーマルでエビが揃ってくれました。しかも15ラウンドで、そこから4連(15R×2・8R×1・5R×1)


『も、もしかしたら…これ、勝ってるかも…』

なんだか微妙な持ち玉です。ドル箱は全部で10個、ひと箱に約1500個入るので、打ち込んだ14750個を上回っているかもしれません。でも、俺は基本的にドル箱にモリモリと玉を入れないんですよね、運搬時にこぼされるのが嫌なので。


そしてドキドキしながらスタッフを呼び、いざジェットカウンターに示される数字を睨め付ける俺。






『!!!』

やりました! 示された数字は「15102」です!

『差玉で勝ったぜ! 打ち込んだ貯玉数は14750個やから差玉352個のプラスや!』

持ち玉と現金投資の比率がはっきりとわからないので、正確なことは言えませんが、それでも今回の展開であれば、現金投資なら負けていたでしょう。

やはり貯玉再プレイはパチンコ必勝のための欠かせない手段なのです。

とは言いつつも、このホールのように、換金差があるのに貯玉無制限なんてところはあまりないと思うので、参考になるかは分かりませんが(汗)。

ほな、また来週!

それまでじゃんじゃんバリバリ稼いでや〜!!


【CR ドラム海物語BLACK SBC】
大当たり…22回

稼働時間帯…10:15〜20:00
投資…14750個
回収…15102個(3.5円)
差玉…+352個