【ハーデス】天井までG数を見ずに淡々と消化していたら黄7が4連!? 恐る恐る上を見上げると……!?

シリーズ名
F山科の自堕落な日々 (毎週金曜日更新)
話数
第116回
著者
F山科
今から約4年前に、自分は「天井ハーデス劇場」というコラムを書いている。その内容は会社帰りにハーデスを打ったら、4万6000円投資→天井まで連れていかれてハーデス100Gだったのが紫7→GOD→ループ→GODという奇跡のコンボで大逆転を遂げた…という内容だった。

すでに周知の通り、ハーデスの天井はGG後1570Gハマリ→前兆を経由して告知され、前兆中の天井到達はNGとなる(凱旋は前兆中の天井到達でも有効)。そして天井到達時の恩恵は、ジャッジメントが必ずハーデスになるというモノ。

ハーデスのシマで天井を目指して延々と投資している人達は、全員冥王様への謁見を目指して頑張っているのである。途中で当たる恐怖におびえながら。人それぞれにハーデスの"天井劇場"があるのだ。

自分の天井劇場を書いたコラムから4年近くの月日が経ったのだが、最近またハーデスでドラマがあったので、ここに書き記そうと思います。


会社帰り、ホール内を徘徊しているとハーデスのシマで648Gという台を発見した。800G台のHZ高確を目指せるゲーム数なので、コイツで実戦することに。

ほどなくして800G台まで到達するものの、HZが当たることはなく、HZ高確は過ぎ去っていった。4年前と異なり、現在の都内ホールは等価交換ではない。よってここから天井まで追うのはリスクがある…。



な〜んて考えるワケもなく、ココまで行ったら天井まで追っちゃうでしょ〜。ということで、そこから久しぶりにハーデス様への謁見の旅に出ることとなった。


4年前と同じように、天井を意識し始める1200G辺りからは、表示器のゲーム数を一切見ずに消化する。50枚あたりのコイン持ちを考慮すれば、現在のゲーム数はなんとなく分かるので、それを頼りに黙々と謁見を目指す旅が続いた。

途中の鎖の煽りに怯えながら。

途中のオール奇数ケツテンパイに怯えながら。

途中のレア役濃厚演出におびえながら。

そして忘れちゃいけないのが自力黄7の4連である。3連でも低確率とはいえGG当選の可能性があるので怖い。そして、黄7×4連は言わずもがなのGG確定。余談になるが、後輩のノリオは天井直前の1550Gで黄7×4連という悲劇に見舞われたことがあるのだ。

こうなるともう、2連するだけでも怖い。投資額はすでに35000円を突破。感覚的にはもうすぐ天井のハズなのだ。あと少し、前兆らしき演出が確認できたら、上を見上げてゲーム数を確認しよう。

そして時刻が20:22になった時。

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


黄7が4連した。

おいおいおいおい。これ大丈夫なんか!?

投資は36000円だから、おそらく天井である1570Gは超えているハズ。

恐る恐る上を見上げると…

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


1599G。

さすがに天井いっているでしょ、コレは。ペナルティで若干のズレがあるかもしれないけど、29Gもズレるほどペナってたら目立つし、648Gまで回すこともなかろうもん。

…と、自分に言い聞かせたが、当選したGGからハーデス様が降臨するまでは、正直怖くて仕方なかった。

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


そして天井のハーデス様はカットインを5回ほど出して、3回も揃ってくれたのです。ああ、あの赤カットインの地響きが本当にたまらんのです。んあぁぁ〜という声というか音が出た瞬間、全てが報われる気がするのです。ハズれたら鼻汁が出そうになりますが。

ちなみに先ほどの黄7×4連分はGG開始直後に前兆が始まって、即ケルベロスで+80Gを頂戴しました。これで480GのGGスタートということに。1400枚近くの出玉は見込めるので、まあ最悪…投資の半分くらいは帰ってくるだろうと。天井が100Gオンリーじゃなくて良かった。


そして、天井GGを消化し始めたのだが、なかなか15枚役が引けずに獲得枚数が伸びないことに焦る自分がいた。こうなると、頭の中がいつの間に「黄7、黄7」とだけ願うようになり、妄想するイメージは「ぷわぁ〜ん」というあのナビ音だけになっていた。

ところが、天井GG開始から10分経ったところで発生した音は、


「ギャァァオオオン」


だった。

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


凱旋の「パーオン」とは異なり、禍々しい雰囲気の音を伴うが、ブラックアウトフリーズはGODシリーズ共通の演出である。目の前の20インチ液晶や、下パネルが一瞬にして消えるその光景…久しぶりにケツが浮いた。そして周りから羨望の眼差しを向けられているのがわかる。

GODである。

神降臨。

ハーデスを打つ者にとって、目指すべき桃源郷。

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


GOD当選の恩恵である100Gの上乗せと、ジャッジメント3回分。それらをいただいて天空に舞台を移し、残りゲーム数が430Gもある。

神々しい音楽に身を包んだハーデスを長い間消化することができるのである…。これぞ、至福!!

そして…

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


途中で引いたフェイクリプレイからHZ高確に入ったらしく、5回目のHZでケルベロス当選。これで70Gの上乗せ。さらに右上がり黄7からけたたましい音ともに3桁上乗せなどもブチかます。だが…正直、時間がないので焦ってます。


(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


GODステージが終焉を迎えた時には、消化ゲーム数が845G、獲得枚数が2389枚。GODステージ開始時点ではGGを580G消化できる状況だったのだが、そこから260Gも上乗せしてくれたのだった。なお、5GはHZ発動時に1Gずつ増えていくので、5回HZに当たっていることがわかります。


さて、ここからはジャッジメント3回分である。投資はすでに回収済み。あとはどれだけ上乗せできるか。…というか、時刻が21:30なのであまり派手に上乗せされても消化できんのですが。

まず1回目。

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


奥様ノーカットイン。閉店間際じゃなかったら泣いているわ!!

お次は、

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


天井で400Gをくださったハーデス様から200G。

これ、赤カットイン+振動から揃ったんです。それで2回目のリールロックまでいったから、コンボフリーズもろたでぇぇぇ!! と思ったら…



消えました。切ない。

最後は、

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


ケルベロスで+60Gという平常運転に。

以前の天井ハーデス劇場ではGODを2回引いて奥様1回、ケルベロス5回だったので、それに比べれば大分マシである。何よりも時間がないしね。


(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


そしてGOD分を全てを消化して、3591枚。

上出来すぎる。これだからハーデスはヤメられないんや。GODによる3回のジャッジメントにはトキメキが詰まっているのだから。


さあ、あとはループストックの確認である。GODを引いているので可能性はある…なんて思っていたのだが、本当にあった。通常のGG当選なんで、9割方はケルベロス。もう少しだけ出玉を上乗せしてもらいまひょ。

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


…7.5%のペルセポネ様降臨。


(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


そして、まずまずの結果に。至福の赤カットインも2回堪能した。あのハープ音と視線が出た時の美しさは、体験した人にしかわからないだろう。


そんなこんなで4000枚を突破することに。時刻は22:16。あとはループストックがなければ全てが終わる。しかし、ループストックがまだ残っており、ここで…

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)MIZUHO


奥様。

遊んでますねぇ。7.5%を立て続けに2連続で引いて、上乗せは絶妙すぎる100G。GG中の上乗せ次第では閉店でしょうし、何事もなければ駆け抜けて終了でしょうな。


…そして、GG終了。ループストックもなくなり、22:31に天井ハーデス劇場は幕を閉じた。用意されたシナリオかのように、綺麗な終焉となった。


スランプグラフは見事なV字回復。この前に打った人も併せて、これでプラマイゼロライン。ただし、換金率を考慮すると店側のプラスではあるのだが。

投資は36000円だったが、8万近く回収して終了。こんなに毎回上手くいくワケではないが、今後も機会があれば天井でハーデス様にお会いすることを夢見る日々が続きそうである。