衝撃の出会い♪

シリーズ名
さくらんぼdiary (毎週月曜日更新)
話数
第18回
著者
なるみん
おばんです〜、なるみんです☆


先日、山口県へ行ってきました。人生で2回目の山口県だったのですが、1回目同様、今回も来店取材でした。

来店取材でいろいろな地方に行くたびに、いつも思うことがあります。それは、行く先々の土地の良さ(主に食べ物ですが)を知ることができて、すごく貴重な経験だな〜と。

ずっと山形で育ってきたので、この仕事をしていなかったら、生活圏内の東北以外、旅行などで関東・大阪・名古屋・北海道・沖縄ぐらいしか行くことがなかったんだろうな〜としみじみ思います。

山口県も、この仕事をしていなかったら、たぶん行くことがなかったと思います。山形にいた当時、西日本は海外ぐらいの感覚だったので(笑)。そんな山口県で、今回ある出会いがありました☆


ということで、1粒目はその出会いについてお届けします。



1粒目・衝撃の出会い編

行くのが2回目なので、「山口県といえば?」と聞かれても、正直いって有名な観光地や食べ物くらいしか思い浮かびませんでした。

しかし、先日の来店取材の際に2泊してみて、「山口県にはこんなにもおいしい食べ物があったのか!!」と衝撃を受けるほどの食べ物と出会ったんです。

山口県の食べ物といえば「ふぐ」が有名ですが、個人的にはふぐをも上回るおいしさ♪


それがこちら!!



何という名前か知っていますか? というか、こんな食べ物があることを知っていましたか!?


これは「瓦そば」です。熱した瓦の上に茶そばと具材が乗っており、それをめんつゆで食べる山口県の郷土料理だそうです。

茶そばが炒められているため、軽く焦げ目がついているのがめちゃくちゃいいアクセントになってるんですよ☆

食べたのは1人前だったのですが、スゴくおいしかったので、もう1人前くらいは余裕で食べられそうでした(笑)。皆さんも山口へ行った際には、ぜひご賞味あれ!!

そんなおいしい瓦そばをいただいたので、出玉もおいしくいただきたいところ。

ということで、2粒目の実戦編、スタート〜。



2粒目・実戦編

1日目の実戦取材が午後に終わったので、2日目の来店取材に備えホテルにチェックインしたのですが、まだまだ時間がある…。ということで、恒例の「ホテル近くの店実戦」に行くことにしました。


当たり前ですが、初めて行くお店なので入念にチェック。すると、台によって結構メリハリがついていたので、良さげな「真・北斗無双 夢幻闘乱」を打つことにしました。

打ち始めてすぐに一撃当千チャンスに発展し、「甘デジだし、当たるんじゃね!?」とカメラを構えるウチ。


(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOL-127
(C)2010-2013 コーエーテクモゲームス (C)Sammy


しかし、あっさりハズレ…。


その後、1万円分打ったのですが、なーーーーーーんにもアツい演出が来ない…。

以前このコラムでも書きましたが、プライベート実戦ではよっぽどのことがない限り甘デジに1万円以上は投資しない主義なので、台移動することにしました。


何かいい台はないかと探していると、これまた状況が良さそうな「黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km」のライトミドルを発見!!

さっそく打ってみると、回転率はいい感じ。なので、あとは当てるだけ〜☆

早く当たらないかな〜とソワソワしながら打っていると、激アツの炎印籠保留が出現!! その他の予告はそこまでアツいものが絡まなかったげど、期待度40%オーバーの勧善懲悪系リーチのVS女郎蜘蛛に発展し、赤カットイン!!


「当たれ〜〜〜!!!」と魂を込めてボタンを押すと───







(C)C.A.L/2014


ハズれました…(泣)。

そのまま黄門ちゃまを打ち続けたのですが、回転率も落ちてきたので、1万円使ったところで台移動を決意。


今度は「聖戦士ダンバイン」の甘デジを打つことにしました。

さっき「甘デジに1万円以上使わない主義」とか言いましたが、もうこの時はなにがなんでも投資の半分ぐらいは回収したい気持ちでいっぱいで、ついつい甘デジ(苦笑)。

先日知り合いが、甘デジのダンバインで一撃1万発近く出しているのを見ていたこともあり、「ウチもいっぱい当てて、出してみたい!!」って思っちゃったんですよね〜。


打ち始めて、5000円で初当たり☆ でもSTに入らず、時短中にも引き戻せず…。

そんな状態のウチの横で、おじいちゃんがめちゃめちゃ連チャン。その光景を見て、「ウチも連チャンさせたい!!」ってムキになってしまったんです。

その後、追加投資をして打っていると、変動開始時にキリンフラッシュが発生!!「期待度88%だし、こりゃ当たるべ!!」と余裕をかましていたら、リーチ最後の当落ボタンが赤プッシュだったのにも関わらず、まさかのハズレ…。


………。


こんなのを喰らうと、さすがのウチも心が折れてしまい、トータル3万円負けでホールを去ることにしました…。


ちなみに、次の日の来店取材での実戦も、収支はマイナス…(泣)。

その結果、出玉はおいしくいただけなかった山口県の2日間でしたが、あまり馴染みがなかったおいしい料理を見つけることができたことが、唯一の収穫かな!?


こんな感じで、これからもいろいろな地方へ行く機会があると思いますので、このコラムを通して皆さんにその地方の名物料理や有名なものをお伝えできるように、いいところをたくさん見つけようと思ってます☆

でも「食べ物ばっかりやないかーい!!」ってツッコまれないように気をつけなきゃですね(笑)。



えへへへ☆


んだらね〜♪