パチンコでヤバい新台が出た……開発した人はホント天才だと思うけど本物のクレイジーな可能性もある

シリーズ名
運留のふっといでぇ (毎週土曜日更新)
話数
第121回
著者
運留
ヤバい新台が登場してしまった。その名は「CRF.R-18」。読み方は「しーあーるふぃーばーあーるじゅうはち」である。

この機種の何がヤバいって、


図柄から背景から演出のあらゆる所に散りばめられているのが女性、もしくは女性の体の一部。男はほとんど液晶に出てこないのである。


例えばオフィスモード。


会社の一室で何やら作業している女性達がコピーをとったり資料を準備したりしているのだが、上司的な男は見当たらない。

女性のアングルも大体が後ろ姿で、高い位置にある資料を取ろうとするワキの部分だったり、コピーを取る後姿のうなじの部分だったりがたまにアップになる。


ストレッチモードはもっとシュールだ。


2人の女性が部屋でストレッチをしている。股関節を開く運動だったり、腰を伸ばすストレッチだったりをしている映像が淡々と流れていく。


さらにサムネイルモードになると、


64分割された画面のひとつひとつに女性の部位、胸のアップだったり腰のアップだったりが映し出されている。

クレイジーとしか思えない…思えないが、わたくし運留の胸に激しく突き刺さるのだけは確かだ。


ゲーム性は非常にシンプル。今ではあたり前の演出になった保留変化はかなりアツい分、なかなか変化しない。これまた最近では欠かせない擬似連に至っては存在しない。

その代わりかどうかわからないが、リーチ発展後に図柄が増えていく演出があり、増えれば増えるほどアツくなるという仕組み。


その名も「ストッキングコンボ」。テンパイ図柄が通過するタイミングで「ストックキング!」という掛け声と共に女性のストッキングが映し出されていきます。

クレイジーです。でも、スゴくたまらないです。で、ストックされる図柄が5ラインまで増えれば激アツというもの。


ラインが増えた後に発展するスーパーリーチも基本は2パターンとシンプル。大抵はフェチリーチに発展するが、


まー、見ていてムズムズする。女性の脇の下を図柄が通っていくリーチなんて今まであっただろうか!? それどころか、おそらく今後もないであろう絶品の演出なのだ。


なんつって、ケータイでフェチリーチの写真をパシャパシャ撮ってたら完全にエロ親父に見えるわな。

でも、いいんです。これはエロではなくあくまでフェチなんだから。これをエロと言ってるうちはまだまだ子供。大人しか打っちゃダメって意味でR-18って名前なんだから。


「この機種、女子には人気が出ないだろなー」と思いながら、久々に勝負度外視で打てる台を見つけた運留ですた。

これ開発した人ホント天才だと思います。相当なクレイジーな人物の可能性も高いけどね。