【これはゾンビですか?】ART2セットの壁が超えられなかったが、ついにその時がやってきた!

シリーズ名
MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜 (毎週月曜日更新)
話数
第115回
著者
大和
先日、ガールズバーに行って来たんですが、そこでちょっとショックなことがあったんですよね。

そこのお店は20分に1度くらいの間隔でついてくれる女の子が代わるんですが、飲み始めて1時間くらい経った頃についた新人の女の子が、「お客さんって有名な方なんですか?」って言い出したんですよ。

確かに、もう何年もこのお店に通ってますし、言われるがままに簡単にドリンクを注文することから、働いている女の子達には「ボーナスステージ」と呼ばれていますからね。

「あぁ、あの人はこの店では有名な人(ボーナスステージ)だよ!」って女の子たちに言われててもおかしくはありません。

でも、話を聞いたらそういうことではなく、少し前についたお客さんが自分のことを見て、「あ、あの人ってもしかして?」って言い出したからなんだとか。

自分なんかのことに気づいてもらえるなんてありがたいな…なんて思って、「どんな人だって言ってたの?」って聞いたら、「有名なオカマの人だよって言ってました!」ですって。

オカマはキャラでやってただけだし、もう4年くらいやってないんですけど…。一度イメージがつくと、こうも変わらないもんなんだな…って思い知らされました。

ちなみにこのガールズバーでは、他のお客さんにも気づいていただいたことがあるらしいんです。そんなことはめったにないので、見かけた際は声をかけてもらえたら嬉しいですね。

女の子とキャッキャしてるのを拡散されるのは恥ずかしいんで、口止め料代わりに飲み物でもご馳走しますから。まぁ、このガールズバーは男性飲み放題ですが…。


そんな「夜のボーナスステージ」と呼ばれている男、大和が送る「MISSION〜編集部からのむちゃブリ〜」。

今も前回に引き続き、女の子とキスをするほどARTが継続するという、男の夢と妄想が丸ごと詰まった北電子の新台「これはゾンビですか?」でミッションクリアを目指します!


ミッションの内容は以下の通り。

【今回のミッション】
[1] 勝利する
[2] フリーズを引く
[3] エンディング到達

そしてミッション達成報酬&ペナルティがこちら。

【達成報酬&ペナルティ】
ミッションコンプリート
└原稿料50%アップ
ミッション達成数2
└原稿料10%ダウン
ミッション達成数1
└原稿料20%ダウン
ミッション達成数0
└原稿料30%ダウン


前半戦はゾンビ目からのCZをクリアしARTに突入するも、肝心のART中にそれといった見せ場はなく、クリアしたミッションもナシ。さらにノーボーナスという惨憺たる結果だったので、後半戦ではARTはもちろん、ボーナスの連打にも期待したいところです。


そんな想いが伝わったのか、後半戦開始早々にボーナスの連打に恵まれました。

(C)2011木村心一・こぶいち むりりん/富士見書房/リフレイン年ライジング組 (C)KITA DENSHI


まずはノーマルBIGを射止め…


(C)2011木村心一・こぶいち むりりん/富士見書房/リフレイン年ライジング組 (C)KITA DENSHI


さらにスーパーBIGをゲット!

ちなみに、BIG中はカットイン発生時にゾンビ目が停止する可能性があり、1度停止すればCZ「魔装チャレンジ」獲得、2度停止すればART確定、以降は停止するたびにARTストックとなります。

(C)2011木村心一・こぶいち むりりん/富士見書房/リフレイン年ライジング組 (C)KITA DENSHI


1回のBIG中にゾンビ目は1回くらいは停止してくれる確率(スーパーBIG中…1/25・ノーマルBIG中…1/55)なので、CZまでは辿り着けるんですが…

(C)2011木村心一・こぶいち むりりん/富士見書房/リフレイン年ライジング組 (C)KITA DENSHI


肝心のCZ中がからっきしダメ。通常時のレア役経由でも数回CZに突入したんですが、ちっともクリアできません。

さらに前半戦ではそこそこ引けていたゾンビ目が、後半戦に入って全く引けなくなってしまったんですよね…。

CZにはなかなか突入しないし、やっと入ったCZ中もからっきし。そうなってくるとボーナスで強引にARTにぶち込むしかない!

(C)2011木村心一・こぶいち むりりん/富士見書房/リフレイン年ライジング組 (C)KITA DENSHI


そんな時に降臨してくれたのがこのエピソード演出を伴ったREGでした。

REGは約20%でARTに期待できるのですが、今回のようにエピソード演出を伴えば期待度が約80%と一気に跳ね上がります。

つまり、このREGはスルーしたら困るレベルのアツさなんですよね。固唾を呑んでREG中を見守っていると…

(C)2011木村心一・こぶいち むりりん/富士見書房/リフレイン年ライジング組 (C)KITA DENSHI


チャンスをきっちりモノにして、いざ再びのARTへ!!

前半戦で突入したART中ではそこそこの回数のキスをゲットしたんですが、結局継続は2セット止まり。めっちゃ色んな女の子に「好きです」とは言われるのに、ただ言われるだけ…という、いつもの自分のガールズバーのような状態でした。

せめて、このARTくらいはキスの嵐を巻き起こし、お祭り状態にしたいところ! だったんですが…

(C)2011木村心一・こぶいち むりりん/富士見書房/リフレイン年ライジング組 (C)KITA DENSHI


今回もARTは2セットで終了…。


その後はCZやボーナスに恵まれて数回のARTに突入するも、やはりARTは2セット終了ばかり。3セットの壁が高すぎる…。

もうフリーズやエンディングでのミッションクリアとか、ガールズバーの女の子にもっとモテたいとか、そんな贅沢は言いません。

せめて、もう少しまともにキスを…キッスを味わいたいんです!


(C)2011木村心一・こぶいち むりりん/富士見書房/リフレイン年ライジング組 (C)KITA DENSHI


そんな想いを抱きつつ打ち続けた終盤戦で、BIG中に初めてゾンビ目が2回停止。時間的に、今回の実戦でのおそらく最後となるARTに突入しました。

(C)2011木村心一・こぶいち むりりん/富士見書房/リフレイン年ライジング組 (C)KITA DENSHI


しかし、このARTでも2セット目の妄想チャレンジ突入時点で残った女の子が5人。かなり厳しい展開に追い込まれました。

せめてあと少し延長…じゃなかった、延命したいんです! 5連続キッスでお願いします!!

すると、この妄想チャレンジ中に奇跡が起きました。

(C)2011木村心一・こぶいち むりりん/富士見書房/リフレイン年ライジング組 (C)KITA DENSHI


1G目にスイカが成立し…


(C)2011木村心一・こぶいち むりりん/富士見書房/リフレイン年ライジング組 (C)KITA DENSHI


これがレア役成立時に抽選される「一撃成功」に当選!

ガールズバーでは一度も奇跡を起こしたことがない自分が、妄想チャレンジ中に奇跡を起こして3セット目に突入するというドラマティックな展開を迎えることができました。


こうなると後はこのARTをお祭り…文字通り「フェスティボー」にしてやればいいだけのこと。さぁ、一気にエンディングまで突っ走るぞ!

(C)2011木村心一・こぶいち むりりん/富士見書房/リフレイン年ライジング組 (C)KITA DENSHI


…と意気込んではみたものの、このARTは中途半端な4セットで終了。まだまだ延長する気満々だったのですが、「そろそろ閉店のお時間なんでお帰りください」って言われてしまいましたよ…。


そしてモヤモヤとした思いのまま実戦は終了。

何だろう…5.9号機のなかでも面白い台だとは思うんですが、自分には違った意味で向いてないのかもなって思いました。女の子って本当に難しいです…。

■実戦データ
総ゲーム数:5145G
投資:48000円
回収:481枚
換金:8500円
収支:-39500円

※1000円50枚貸し出し→56枚交換のホールで実戦



■ミッション
達成数0

原稿料30%ダウン…