この先がわからない状況、やっぱり悪くない

シリーズ名
悪☆味の『ちょっといい話(仮)』 (毎週日曜日更新)
話数
第106回
著者
悪☆味
「パチスロ必勝本」で連載させてもらっているコラム「ドロップアウト」でも書いたのだけど、最近はなんとなくマンネリ気味…というか、今のこの生活にちょっと退屈している。

自由こそが唯一の美点であるはずのパチスロ生活なのに、実際は強迫観念のようなものに突き動かされて稼働していたり、意外と立ち回りがルーティーン化していたり。詰まるところ、飽きてきたということなんでしょうね。

こんなロクデナシな生活をしているくせに、それでマンネリだとか退屈だとか、何様なんだよ! と思うでしょ?

ぶっちゃけ、自分でもそう思う。

でもね、この飽き性なところは変えられないのだから仕方ない。

これも「ドロップアウト」に書いたことだけど、おそらく自分には「より不安定な状態を好む性質」があるんですよ。

一歩先がどうなるか分からない環境に、あえて身を置きたい性分なんだと思う。


そんなこともあって、ちょっと旅にでも出てみようかと思い立った。

とはいえ、稼ぎもせずにただ旅をしていられるような身分ではないので、結局は旅先でパチスロを打つことになる。でも、こうやって原稿のネタにもできるのだから、それも悪くないかな、とも思って。

少なくとも、"いつも通り"な日常からは離れることができるわけだから。

遠くへ行きたいだけであれば、地方での動画収録などを受ければ良いのだけど、それはやっぱり"仕事"なんですよね。

そうじゃなくて、自分が行きたい時に、行きたい場所へ。

打つホールも打つ機種も、誰に指示されることもなく、好きなようにやりたい。


でね、実際に先週、栃木県に行ってきたんですよ。

栃木行きを決めたのは当日で、当然宿もとってもいないし、栃木県のどこに行くかも決めずに出発した。

その日は朝から特定日のホールで稼働していたのだけど、打っていたマイジャグがパッとしない展開でね。

低設定ではないだろうけど、設定6でもないだろうし…と、ダラダラと揉まれる時間が続いていた。

で、いきなり集中力が切れたというか、今こそ旅に出るタイミングじゃないのか? と思って。

ちょうどその時に打っていたホールが高速の入り口に近かったというのもあったし、いつでも旅に出られるように、車に着替えなどを積んでもあった。でも、いきなり遠出というのも難しいかなと思ったので、とりあえず関東のどこかにしようと。

ただ、東京はもちろん、千葉や埼玉では普段から稼働することが少なくない。神奈川も最近は行ってないけど、馴染みが薄いというわけでもない。先月は茨城のホールで普通に稼働した。

そんな理由で、群馬か栃木の2択になった。最終的に、群馬では一応パチスロを打ったことがあるけど、栃木ではホールに入ったこともない、という理由で栃木に行くことに決めた。


出発は15時くらいだったかな。

漠然と栃木と決めただけで、具体的に栃木のどこに行くのかも決めていないし、ホール状況などもまったくわからない。当然、帰りも未定。

うん、この先がわからない状況、やっぱり悪くない。

普段の稼働では味わえない感覚。それだけで旅に出て良かったと思った。


まぁそんなわけで、今後もそんな頻繁には無理かもしれないけど、旅打ちは続けたいと思っている。

ちなみに、道中での備忘録を兼ねて、旅打ち専用のツイッターアカウントも作りました(@dropout_777)。

悪☆味のオフィシャルなアカウントではないので、旅打ちの前後以外はログインさえしていませんが…。


で、結局、今回の栃木遠征は1泊だけで帰ってきた。それでも色々と感じることがあったので、そのあたりは来週にでも。