【CRバジリスク 弦之介の章】何も分からずオスイチ最終決戦!最終決戦」と名の付くものは大体アツい説"を唱えたい!

シリーズ名
『脱サラ』さやかの写蓄生活 (毎週木曜日更新)
話数
第121回
著者
さやか
前回のコラムの最後にも少し書きましたが、最近私の中で空前のパチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒ブームが来ています。

皆さんから「今更!?」とツッコミを受けてしまいそうですが、ブームに乗るのが基本的に遅い私は、今になって聖闘士星矢の面白さを知ってしまったのです。

この話をすると、よく「どうせ過去にまぐれでオイシイ思いをしたからハマったんでしょ?」と言われますが、最高でもせいぜい2000枚くらいしか出したことはないし、痛い目もたくさん見ているので、そういう理由でハマったわけではありません。

ではどこが好きなのかというと、1番はジェネラルバトルのドキドキ感だと思います。基本継続率50%でも、パチンコに慣れているとイケそうな気がしちゃうんですよね〜。後は、やっぱり聖闘士RUSHの出玉性能と上乗せの気持ちよさでしょう!!

まあ、その反対に怖い思いをすることも重々承知しているので、無理のない程度に打ち続けます。

いつの日か、ドヤ顔で「こんなに乗せちゃいました☆」と、レインボーの数字が4桁並ぶ画像と共に

#万枚いけるかも
#でももっと乗るのを期待している
#今日は寿司か焼肉


みたいな、みんなをイラッとさせるハッシュタグを付けてSNSにアップ出来るようになりたいと思います。


そんなわけで、珍しくパチスロの話題ばかりしてしまいましたが、今回実戦する機種もパチスロで大人気のタイアップ機。その機種とは、CRバジリスク〜甲賀忍法帖〜弦之介の章です!

ちなみに、先述した通りブームに乗り遅れるタイプの私は、パチスロのバジリスクをあまり打ったことがありません…。時期を逃した機種のブームが大きくなればなるほど手を出すのが怖くなってしまいます。

ぎこちなくバジリスクを打つ私に、「おっ? コイツ新入りか?」とアメリカの刑務所で先輩が新入りのケツを狙うみたいに、打ち慣れた人達が私のオケツを掘ろうと群がってくるんじゃないかとビビってしまうんです。気持ち的には打ちたいんだけどね。


そんなパチスロとは違って、パチンコのバジリスクは最近導入したばかり。ブームになる前の早い内から手を付けておきましょう。

今回のポイントはコチラです。


●初当たり…3000pt
●ビンゴ…1ラインあたり2000pt
●来世邂逅…3000pt


今回が初打ちなので演出バランスがわからず、あまりコメントは出来ませんが、とりあえず初当たりの3000ptはマストで取りたいです。っていうか、取らないと大事故です。

では実戦開始。


初打ちのときは大体、ビンゴ表にある演出を小冊子やこのサイトで調べながら打ち始めます。イメージとしては、初めてガンダムに乗ったアムロがガンダムの説明書を読みながら操縦しているあの感じ。そんなイメージで小冊子を見ながら「親父が熱中するわけだ!」と呟き、ハンドルを握ります。

そして打ち始めること13回転目、緑保留から擬似連が2回継続してスーパーリーチへと発展。まだ演出を全然把握していないけど、これじゃ弱いということはなんとなくわかる。

でも、なんだか役モノがジャカジャカ降りてきて、さらには


(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT


眼力の強い役モノまで出てきました。

こんな目の役モノ、ウルトラセブンだったらアツいじゃん!! とか思っていると、次に現れたのはこの画面。


(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT


こりゃ絶対アツいでしょ。

最終決戦リーチ発展後すぐに小冊子で確認すると、やはりこれは最強リーチ! "パチンコで「最終決戦」と名の付くものは大体アツい説"を唱えたい!!

投資1000円で当たるか!? …と思いましたが、予告が弱かったからなのかハズれてしまいました。オスイチチャンスだったのに残念!


しかしその77回転後、先読みの赤チャンス目が停止し、ズレ目が続く連続予告の背景が赤まで到達。そして先程も見た「相思相殺役モノ」が出現しましたが、今度はウルトラアイ…否、瞳術役モノは出現せず


(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT


相思相殺リーチの鬼哭啾々へと発展。

ところで「鬼哭啾々」って読めますか? 実は私、読めなくて「鬼哭啾々」と打ち込むのに数分格闘しました。

結局、自力で変換するのを諦め、Googleで「口2つに犬でなんと読む?」とアホみたいなワードで検索し、ようやく読み方が判明。良い子のみんな、「鬼哭啾々」は「きこくしゅうしゅう」と読むんだよ!!

で、その鬼哭啾々リーチでは赤タイトルや赤テロップ、金背景などのチャンスアップが出現して


(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT


大当たり!!

オスイチとはいかないけど、ミドルで投資4500円なら早めの大当たりです。


大当たりラウンド終了後、時短or確変の天命の刻へと突入。これが確変だったのか50回転目に開眼BONUSをゲットしたのですが、ラウンド数が5Rで出玉は少量。

その後も危なげなく50回転以内に大当たりさせていきますが、ラウンド振り分けに泣かされ5R連発です。

6連目、ようやく7揃いの大当たりで


(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT


確変大当たり濃厚の追想BONUSを獲得し、安心したのも束の間、


(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT


その後に100回転のSTを駆け抜けてしまいました。連チャンが終わる時は、時短の可能性がある天命の刻で終了したかったんですけどね。

まあST継続率80%とは言え、昔の牙狼でもよくスルーしていたと思えば、少し許せる気がする。


そんなわけで、6600個ほどの出玉を獲得したところで前半戦は終了です!


●途中経過
投資金額…4500円
獲得出玉…約6600個

●現時点での獲得ポイント…5000pt
初当たり…3000pt
ビンゴ×1ライン…2000pt


ぶっちゃけ、このままヤメて帰りたい…序盤に調子が良い時はいっつもこう思います。

でも、前回のシンフォギア戦で4万勝ったし、今回も序盤から調子がいいし、今はノリにノッているのかもしれないので、弱気にならず後半戦も攻めていきますか!


次回「レッド保留 翼を授ける」


来週もお楽しみに!