勝ち続けるにはゾーン狙いよりもハマリ台狙いの繰り返しがベスト

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第107回
著者
クボンヌ/二星しょうた/編集S
当コラム「狙いドコロを狙ってみた」の連載開始から早3年。今回と来週分のコラムでは、第3期(2017年4月〜2018年3月)を振り返るべく開催された座談会の模様をお届けします。


クボンヌ(以下、ク)「それでは、皆さん。第3期もお疲れさまでした。乾杯!」

二星(以下、二)&編集S(以下、S)「カンパ〜イ!」

「もう第3期もお終いかぁ…。1年が過ぎるのって本当に早いね」

S「ですなぁ。ついこの間、第2期の座談会をやった気がするんだけども」

「二星的にはガムシャラに駆け抜けた1年でしたよ! っていうか…Sさん、その頭! ハハハハハ! 写メ撮ってもいいですか!?(パシャ)」


S「おい、二星! 了解を得る前に撮るんじゃねぇよ! 無断でツイッターとかにアップしたら殺す!」

「別にいいじゃないですか! すごく似合ってますよ、アハハハハハハ!(パシャ×2)」

S「やめろ、やめてくれ! くそう…」

「Sさん、すっきりした頭になったねぇ。でも、罰ゲームの件は一番つまらない結果に終わったと思うよ。顔出ししていない編集の人が坊主になっても、罰ゲームで坊主にしたのか証明できないじゃん。元から坊主かもしれないし」

S「読者さんには"信じてくれ!"としか言えないよ。あのまま二星がビリのままだったら、この場でクリックリの丸坊主にしてやろうと思っていたのに…! 読者さんもそれを望んでいたはず!」

「いやぁ、二星…坊主になりたかったっすわぁ」

S「全然感情がこもってないぞ、二星よ」

「まぁでも、約束を守ったことは評価に値するんじゃない?」

「っていうか、Sさん。顔出しすればいいじゃないですか。そうすれば証明できますよ。実際に坊主になったって」

S「二星よ…私を貴様のような自己顕示欲モンスターと一緒にするんじゃない! 私は常に心の平穏を願って生きているんだよ。全国に自分の顔を晒すなんてまっぴらごめんだ。目立つのが大嫌いなんだ。あなたとは違うんです!」





「クボンヌさん、このチーズフォンデュ、食べてみてくださいよ、めちゃくちゃ美味しい!」

S「人の話を聞け!」

「あ、ほんとだ。凄く美味しいねぇ。でも、そろそろ座談会を始めようよ。Sさんの坊主も見飽きたし」

「ですね! Sさん、早く資料を出してください! 二星の活躍を振り返りましょう!!」

S「ハイハイ、分かりましたよ。チッ!」


★TOTAL収支★


シーズンごとの収支一覧
シーズン TOTAL 1台あたりの
平均収支
第1期 +1534055円
(447件)
+3432円
第2期 +1347330円
(622件)
+2166円
第3期 +1696400円
(531件)
+3195円

※カッコ内は実戦件数



「第3期のトータル収支は+1696400円ですか〜。これって結構凄いですよね?」

S「見てもらえば分かるけど、これまでのシーズンの中で1番良い結果を残せたんだよ。みんな本当によく頑張った!」

「まさか、旧基準機がメインだった第1期よりも勝つことができるなんてね。これは驚きの結果だ」

「二星は第1期に参加してませんでしたが、あの頃は設定とは関係なく勝てる台が多かったですよね」

「うん、そうだった。でも、5.5号機がメインの今でも十分勝てるって証明できたよね」

S「確かに。それに見てよ、1台あたりの収支を。第1期とほとんど変わらない。それでいて、実戦件数が80件近く上回っているんだから。そりゃあ、シーズントップの収支になるのも納得ですわ」

「5.5号機が導入された時は、コイン持ちが良いけど天井が深すぎるとか、天井到達時の恩恵がほぼないからハマリ台狙いは厳しいかも…とか思ってましたけど、なんだかんだで狙える機種が結構出てくれましたよね」

「天井や狙えるゾーンといった攻略ポイントがある限り、パチスロは設定不問でも勝てるってコトよ。じゃあ、次は個人別の収支を見てみようか」


★個人別収支★


個人別の収支一覧
クボンヌ +707000円
二星 +543500円
編集S +445900円


「第2期でTOPだった二星が第2位に陥落。クボンヌさん! 二星…乾杯、いや完敗です!」

「まぁまぁ、二星くん。収支を競うコラムじゃないから。ねぇ、Sさん?(ギロッ)」

S「クボンヌ…やっぱり裏ルール(ビリは坊主)を勝手に作ったこと、相当根に持ってるよね?」

「いやぁ、何のことかな? このコラムは元々、狙いドコロを狙ってみたらどうなるかを検証する…っていう趣旨でスタートしたハズ。突然、収支を競い合わせるような裏ルールを作ったSさんが悪い!」

「そうですよ! Sさん、もう少し身の程をわきまえてください。我々ライターが編集さんに負けるハズがないじゃないですか!」

S「ま…まぁ、いいじゃないか! ライターである2人には被害が及ばなかったんだし。っていうか、クボンヌ氏…勝ちすぎ。もう少し手を抜いてくれ!」

「なんで手を抜かなきゃいけないのよ(笑)。たぶん上ブレだと思うけど、最後まで突っ走れたね」


シーズン別の収支一覧
(クボンヌ)
第1期 +680470円
第2期 +549700円
第3期 +707000円
TOTAL +1937170円


「いやいや、クボンヌさん。これまでの収支を見てみると、上ブレとは思えないんですけど…。全シーズン安定して勝ってますよ」

「あ、本当だ。まさかコラムが始まってから200万近く勝ってたんだ。気付かなかったよ。じゃあ、上ブレじゃないかも(笑)」

S「やりすぎでしょ! まぁ、クボンヌが何故勝てるのかは、あとで触れることにして、二星は今シーズンどうだった?」

「二星にとって第3期は激動…そして、波乱のシーズンでした」

「そうだったね。痔ろうの手術で入院した時期があったからね」

「あれは本当にツラかったです…。入院費や治療費とかで30万近く使いましたし、大好きなパチスロも打てなかったので」

S「一生入院していればよかったのに(ボソッ)」

「Sさん、何か言いましたか? あなたは痔ろうという大きなハンデを背負った二星に負けたのです。恥を知りなさい、恥を! この負け犬が!」

S「ぐぐぐぐぐ…!!」

「ハイハイ、醜い争いはそこまで。Sさん的にはどうだったの、第3期は?」

S「色々なことに挑戦したシーズンだったなぁ。結果は伴わなかったけど、雑誌に載ってない立ち回りとかも検証したから」

「あ〜、5.9号機の有利区間狙いとか?」

S「だね。その件に関しては後々語らせてくださいよ。長くなるんで」

「Sさんはいつも話が長すぎますよ。話す時はチャッチャと終わらせてくださいね。あと、コラムの文量も多くて読む気が失せます。なんとかしてください」

S「うるせぇ! そんなこと、貴様に言われる筋合いはない! 大体、お前のコラムはだな…」

「はい、ストップ! 次の話題に行きますよ〜」


★クボンヌは何故勝てるのか?★


S「さてさて、お次はクボンヌが何故勝てるのかを話し合いましょうか。収支の詳細はコチラに用意しました」

収支詳細(クボンヌ)
ハマリ台狙い
収支 件数
旧基準機 +208540円 34件
5.5号機 +321620円 85件
TOTAL +530160円 119件
ゾーン狙い
収支 件数
旧基準機 +0円 0件
5.5号機 +41560円 2件
TOTAL +41560円 2件
ハマリ台・ゾーン狙い以外(スルー回数狙いなど)
収支 件数
旧基準機 +56380円 8件
5.5号機 +87520円 20件
TOTAL +143900円 28件


立ち回り割合
ハマリ台狙い 79.3%
ゾーン狙い 1.5%
上記以外 19.3%


「おお…これまでと同様にハマリ台狙いを貫き通しましたね」

「そうだね。ゾーン狙いは特にやらなかったなぁ」

S「クボンヌがゾーン狙いをあまり好まない理由って何かあるの?」

「いくつかあるんだけど、まず期待収支かな。5号機のゾーン狙いって、そこまで期待収支が高いわけじゃないから。大体+500円くらいだよね? たぶん」

&S「確かに」

「どの機種でも狙えるゾーンって知れ渡るのが早い。今は雑誌だけでなくネットの情報もあるから。そんな状況で美味しいゾーン付近でヤメてある台を何十回も拾えるとは思えないんだよ。仮にめちゃくちゃ拾える状況だったら積極的に狙うけど」

S「なるほど。古い機種だけど、サラ番のゾーンとかは誰もが知ってるもんねぇ」

「そうだね。だから俺はゾーン狙いメインで勝ち続けるのは状況的に難しいと思っているの。勝ち続けるにはハマリ台狙いの繰り返しがベストかな」

「結果が伴っているだけに説得力がありますね〜」

「あと、ここだけの話なんだけど…ゾーン狙いってボーナスとかを当てられずにヤメることが結構あるじゃない? あれがちょっとイヤでね」

S「ん? どういうこと?」

「やっぱりパチスロを打つ以上、初当たりを引きたいじゃない。ボーナスやARTを目一杯楽しみたいじゃない。だから、ゾーン狙いがあまり好きじゃないのよ」

S「アハハ、なるほど。だから初当たりまで打てるハマリ台狙いを好んで実戦する、と」

「だね。それにハマリ台狙いならボーダーさえしっかりしてれば、そこまで負けないし。Sさんは浅めのボーダーでよくハマリ台狙いをしてるけど、負けないでしょ? トータルで見ると」

S「確かに。思い当たる節があるよ」

「だからゾーン狙いよりもハマリ台狙いをする際の的確なボーダーを見定める方が優先順位は高いと思うんだ。そして、それを調べるのが攻略ライターの仕事だと思うしね(キリッ!)」

「クボンヌさん、攻略ライターの鏡ですね〜。けど、ゾーン狙いでも期待収支が高そうな機種はありますよ。特にスーパービンゴネオとかプレミアムビンゴとか」

「そうだね。ビンゴのゾーン狙いは期待収支が+1000円以上あると思うよ。あれだけは例外だね。俺もチャンスがあれば狙ってる」

「クボンヌさん…聞いてくださいよ。実は二星、冠番組の『全オレ』でプレミアムビンゴの3666G上乗せ(※)という必勝本史上に残る伝説的な記録を残して、一撃万枚を達成しまして。でもって、その時の動画再生数が…」

※気になる人は必勝本Web-TVかYouTubeで見てくださいね!


S「二星、アピールはヤメなさい。今はクボンヌのターンだ」

「へへへ」

S「では気を取り直して…次は"クボンヌの狙う機種マニアックすぎ問題"を言及したいと思います。コチラをご覧ください」


【メンバー間でクボンヌだけが狙った機種】
ケロロ軍曹
└規定ゲーム数狙い

ウィッチクラフトワークス
└REG単発台狙い

リング 終焉の刻
└ゾーン狙い

そらのおとしものフォルテ
└ソラオトゾーンスルー台狙い

燃えよ! 功夫淑女ドラゴン
└ハマリ台狙い

ロリポップチェーンソー
└ハマリ台狙い

インフィニット・ストラトス
└ART非当選ボーナス連続台狙い

サクラ大戦〜熱き血潮に〜
└好感度100%連続スルー台狙いなど


「いやぁ、もう何を狙っているのかが全く分からない台がいくつかあるんですけど」

S「そうなんだよ。いつもコラムと一緒に実戦データを送ってもらうじゃない? それを見て、何を狙っているのかが分からなくて自分で調べることが多いのよ」

「Sさん、たまに電話で質問してきたよね(笑)。でも、俺はマニアックとは思わないんだけどなぁ」

「クボンヌさんって機種の知識が豊富ですよね。世間的にはマイナー機種だと認知されてる台のことすら知ってるなんて。これってどうやって勉強しているんですか? やっぱり雑誌やネットから?」

「う〜ん。確かに雑誌やネットの情報は見るけど、実際に調べながら打つことで知識を増やしていく感じかな。最近の機種は雑誌とかを読むだけじゃ分からないことも多くて」

「調べながら打つ…ってことは負けを覚悟の上で打つこともあるということですか? 二星、そういうのは嫌いです。動画撮影中を除きますけど」

「いやいや、俺も負けるのは嫌いだよ。上に挙げた機種はプライベートで高設定狙いをしてたんだ。近所のホールでマイナー機種にも設定を入れてくれる良いホールがあってね。それで余裕も持って調べながら打ってたワケ」

S「なるほど。コラムでは触れてないけど、設定狙いの延長線上で設定不問の立ち回りを考察してたのね。いやぁ〜、クボンヌは本当に攻略ライターの鏡だわ」

「そう褒めてもらえると嬉しいね(照)。実際に打ってみないと分からないことって結構あるから。経験が重要よ。経験がないと打てる台に気付かずにスルーしちゃうだろうしね」

「こういったマイナー機種はライバルも少なそうですねぇ…」

「だね。ライバルは少なかったよ。特に印象深いのは『サクラ大戦〜熱き血潮に〜』かな。好感度メーターのスルー回数狙いとかは何度かやっていたハズ。それに前回のコラムでも触れたけど、好感度ポイント狙いとかもできたし」

S「ライバルが少ないからこそ狙えるマイナー機種…ここにも勝ち続けられる秘密があるんだろうなぁ」

「あ、そうだ。上に挙げてもらった機種で、コンテンツが大好きだったから担当になれるように編集長に直談判した機種があってさぁ…」

S「あっ! この流れはヤバい!」

「何ですか、クボンヌさん。聞かせてください」

S「二星、ヤメろ! クボンヌは、とある機種のことで色々なことがあって、心に穢れを溜め込んでいるのさ。それについて語りだすと…」

「直談判までして担当になった機種があんな扱いを受けるなんてね。悲しすぎるよ! そもそもあの台、ARTの駆け抜けも多すぎないかな。そりゃあ、たまに4桁上乗せとかもありますよ。えぇ、ありますよ。でも、出玉性能を尖らせすぎだと思うんだよね。あのコンテンツを心から愛している人間を代表して、開発スタッフの人達に訴えたい。演出はそのままでいいから、もっとマッタリしたRT機に作り直してほしいよ…今からでも遅くない。それに、このアニメは個人的に大好きな声優さんの…(以下、長すぎるので省略)」

S「こうなると。二星よ、まだまだ終わらんぞ、この話…」

「凄く淡々と喋り続けてますが、静かな怒りを感じる気がしますね。クボンヌさんの意外な一面が見られた気がします」

S「二星には悪いけど、この話を止められないから二星の話は来週に回させてくれ」

「そんなぁ〜! 二星の目立つ機会が…」


——ということで、今週のコラムはここまで。次回は二星と編集Sに焦点を当てた内容でお届けする予定です。そして、編集Sから重大発表があるとか…? 来週も当コラムをお見逃しなく!




「ちょっと! 俺の話、聞いてる!!!?」