【CRアントニオ猪木6】闘魂CHANCEで1万発!しかし実戦の最後に衝撃の結末が……!?

シリーズ名
『脱サラ』さやかの写蓄生活 (毎週木曜日更新)
話数
第118回
著者
さやか
普段の生活で

●街中でキリン柄・ゼブラ柄を見ると「アツい」と口走ってしまう
●群れを見ると興奮する
●やたらと色んな物事のボーダーを知りたがる
●確定という言葉じゃなく、濃厚というニュアンスにする


このような症状が出てしまうパチンコ病(一番最後のはライター特有のものかもしれないけど)。皆さんも経験したことがあると思うし、私ももちろんあります。

しかし、ここ最近は上記のものとはまた少し違う「世界で私だけしか経験してないだろう」と思われる、ある症状に見舞われています。

一体それはどんな症状なのかというと、

●何気なく左手親指をこすってしまったときに「顔が消える!」と、とても焦ってしまう
●パチンコでアツい演出の写真を撮る時に親指を入れようとしてしまう
●油性マジックを持ち歩いていないと不安になる


このようなことが起きる、まさしくこれは『写蓄病』!!

親指がこすれることに恐怖を覚える人は、世界でも数少ないと思いますよ。私、ポール牧じゃなくてよかったです。

いつの間にかこんな身体に調教されてしてしまった自分を恥じつつ、今回の実戦へと参りましょう。


今回はCRアントニオ猪木 打てばわかるさ! ありがとぉー!!!の後半戦になります。

まずはビンゴ表と前回の振り返りから!


・初当たり…3000pt
・ビンゴ…1ラインごとに2000pt
・女キャラビンタ(悶絶している画)…各500pt

※女キャラ…マスクレディ(マスクマンは不要)以外は3人セットでポイント獲得



●途中経過
投資金額…3000円
獲得出玉…約1000個

●現時点での獲得ポイント…3500pt
初当たり…3000pt
マスクレディビンタ…500pt


オリ法の付録DVDの収録を終えた15時過ぎから、ちょっと遅めの実戦スタート。

すると投資3000円と早々に確変大当たりを獲得、しかも小当たりRUSHの闘魂チャンスへと突入する。ここでじっくりハマって出玉を増やしたかったのに、13回転と早めに通常大当たりを引き2連チャンで終了。

すぐに終わった闘魂CHANCEだったけど、その短いチャンスを無駄にせずポイント表にある担当の性癖で作られた「ビンタで女の子が悶絶する表情」を激写することに成功。ポイント獲得は嬉しいけど、担当のおかず写真を撮るという行為が何か腑に落ちないまま前半戦は終了です。

後半こそはもっと長い闘魂CHANCEに期待しつつ、実戦スタート!


時短50回転を抜けてからわずか29回転後、先読みゾーンの中では最も期待度の高い


(C)コーラルゼット


GOLDEN猪木ZONEへと突入!


見た目的にもネーミング的にもさぞかしアツそう。しかし前回のコラムで書いたけど、先輩ライタービワコさんいわく「猪木は1日打つと老けこむくらい激アツ演出がハズれる」らしいので、冷静に見守ります。

擬似3連後に発展したリーチは橋本真也VSアブドーラ・ザ・ブッチャーのシングルマッチへ。一応終盤で実写のチャンスアップパターンは出たけれどハズれてしまいました。

後半は弱かったし、ビワコさんの助言で冷静になっていた部分もあるけど、やっぱりちょっと老けますわ。


余談ですが、私プロレスに全然興味がなくて、この機種に出てくるレスラーの方をほとんど知らないんですけど、先程のリーチに出た橋本真也さんだけは「ある思い出」があるので知っています。

その思い出とは、昔私の友人が『マットdeイッてミ●ク』という風俗店で働いていた時のこと。興味本位で某掲示板でそのお店のスレッドを見てしまうと、そこには

「〇〇(友人の源氏名)って橋本真也に似てるよな!」

と書かれていたのです。橋本真也さんの顔を知らなかった私は、その時に画像検索をした…という淡い思い出です。

ちなみに、友人と橋本真也は似てなかったんですけど、ぽっちゃり体型と黒髪パーマがそう言われた原因かと思います。


さて、本題へ戻りましょう!

GOLDEN猪木ZONEをハズした後、しばらくすると


(C)コーラルゼット


赤の猪木保留に長州バージョンの忍耐連続4回から、シングルマッチのアントニオ猪木VSタイガー・ジェット・シンリーチへ発展。

タイガー・ジェット・シンとか、名前的にトラ柄扱いしてもいいんじゃないの? と思いましたが、呆気なくハズレ。着実に老け込んできています。


1万円目がそろそろなくなりそうだったので、次の1万円をサンドに投入しようとした瞬間。画面左側にあまり見たことのない


(C)コーラルゼット


「準備中」の文字が出現!

でも何を準備してるのかわからず微妙な気持ちで見ていると、「これじゃねぇ!」が次々と出現してリーチがどんどんランクアップ!

その果てには


(C)コーラルゼット


1.2.3.ダー!リーチが待っていました!

ってコレ、いつもと違って背景がキラキラじゃないですか?

通常パターンがどんなものだったか調べる余裕もなく、そのままリーチは進んでいき大当たり!


後で、以前実戦した時の写真を確認してみたら


(C)コーラルゼット


やっぱり背景はキラキラじゃなかったので、チャンスアップだったんだと思います。

で、この大当たりも闘魂CHANCEへと突入! 今日は47%がよく引ける!


さっきは13回転ですぐに通常を引いてしまったけど、今回は85回転までハマって確変当たり。その次は28回転と少々早めながらも確変を引けたのでセーフ!

そして、お次は


(C)コーラルゼット


200回転までハマって確変当たり!!

以前、GAGAの時にも確変中にめちゃくちゃハマったし、小当たりRUSHでハメるの得意なのかもしれない。

さらに次の当たりも147回転とそこそこハマったけど、通常大当たりで連チャンは終了。5連チャンながらも、私のハメハメパワーで1万発達成!!


投資は1万円だしここでヤメたい気持ちもありましたが、コラムのネタ的にあと1〜2回は初当たりが欲しいところなので、このまま続投することにしました。

まあ、1万発もあれば安泰でしょう!


…という考えはどうやら甘かったようで、着々と出玉を減らしていく展開に。

一応、


(C)コーラルゼット


闘魂注入だったり、リーチアップバーストだったり、赤保留からの1.2.3.ダー!リーチだったり、それなりの演出も出ていたのですが、どれも当たらず。

打ち始めた時間が遅かったこともあり、気付けば21時半で持ち玉は約2500発にまで減少。あと1時間で2500発打ち切れるのか? とか、ココでヤメるのもアリ? とか、色んな考えが頭を巡りつつもダラダラと打ち続けてしまい、気付けば後戻り出来ない状況になっていました。

これはもう出玉をノマせて終わりだなーと半ば消化試合的に打っていると、673回転、時間にして22時に赤保留とタイマー予告が出現! でも、タイマー予告の時間がとても短かったのでうなだれていると、秒数が「00」になった瞬間に「99」に変化。つまり短いと思っていたのは100秒超えだったということ!

以前、このパターンで当たったことがあるので俄然期待は膨らみ、その後の展開を見守ると、発展したのは1.2.3.ダー!リーチ!!

チャンスアップのキラキラじゃないけど頼む!! 22時ならまだ間に合う。コレがラストチャンス!!

力を込めてレバーを下げると…



スカッ…



爽快な音は鳴り響かず。

時刻は22時30分。残りの持ち玉を使いきり、20歳くらい老けた状態でホールを後にしました。


【実戦結果】
投資…10000円
獲得出玉…0個
収支…-10000円

●獲得ポイント…5000pt
初当たり…3000pt
ビンゴ×1ライン…2000pt


最近の5万負けに慣れてしまったせいか「1万負けなら、まぁいいか」というダメな思考になってしまっています。クソッ! これも写蓄病のせいなのか!!

それにしても、猪木は本当に不思議な機種だなと思います。コラムの中でも何度も書いていますが、エグい激アツハズレが多いし見た目も萌えないレスラーばかり出てくるので通常時はまったくテンションが上がらないんですが、一旦小当たりRUSHの闘魂CHANCEを味わうと「なんて面白い機種なんだ!!」と一変してしまうんですよね。かなり中毒性がありますので、まだ未体験の方は是非闘魂CHANCEを楽しんでみて欲しいです。

大きく負けたくない気持ちと、大きく勝ちたい気持ちがせめぎ合って、毎回ライトミドルにするかミドルにするか悩んでしまうのですが、次回は果たしてなんの機種にしましょうか…。そろそろデッカイ勝ちが来てもいいと思うんだけどなぁ。


それでは今回はこの辺で。また次回お会いしましょう!