齢36のおっさんが言いたい3つのこと

シリーズ名
町民プールで鮪釣り (毎週火曜日更新)
話数
第106回
著者
ラッシー
正直に告白しよう。

ネタがナイんだ。

この2月・3月はありがたいことに仕事が多く、もう外出すら許されないほど。もちろん収録でシャバに出ることはあったけども。

当コラムを「作者取材のため〜」といった具合で休みにしようかとも思ったけども、今まで1度も休んだことのない連載を休むのはイヤだし、こんなコラムでも楽しみにしている人が1人2人いるかもしれない。そんなわけで今週もパソコンを開き、キーボードを叩き始めた次第。

さて、ネタがナイのもイイ機会。気付けば齢36なので、オッサンがこれまで生きてきて思ったことでも書きましょうかね。


たまに、俺はこういった若者に会う。


「俺、パチスロ超好きなんス! 稼働量じゃパチスロライターに負けませんよ! 大学はパチスロを打ちすぎて中退しちゃったし、彼女ともパチスロを打ちすぎて別れちゃいました」


お、おう。そうか…。



ばっきゃろ〜〜〜っ!!

親がどんな思いでお前を大学に行かせたか。そして彼女も大切にせえ!

パチスロはたしかに面白いよ。俺も人生を狂わされた1人だ。でも周りを裏切ってまでやるもんじゃない。大学行きながらでも楽しめるし、彼女と付き合いながらだって楽しめる。

いやね、俺も人にお説教できる立場じゃないよ。パチスロで負けすぎて、フィルター付きのタバコが買えず、しゃーなしでフィルターなしのタバコを吸ってた時期もあったさ。ええ、絵に描いたようなクソみたいなパチスロ生活を送ってたよ。でも、だからこそ今、未来ある少年少女に伝えたいんだ。

パチスロを中心にものごとを考えるんじゃない、と。



「俺、オッサンと違って勝ってるし」

いやね、勝ってるから良いとかじゃねーんだよ。若いとなかなか気付けないけど、金と同じくらい、いやむしろ金より「時間」のほうが大事なんだ。金は失っても稼げばいい。でも、失った時間は絶対に戻らないんだ。

数か月前、とある宇宙開発プロジェクトのドキュメンタリーを見たんですわ。その日本人リーダーが俺と同世代(正確には1つ2つ違うかも)。彼は大学卒業後、全く別の業界に就職したんだけど、どうしても宇宙の仕事がしたくなって、20代前半で単身渡米。そこでイチから宇宙物理学などを学び、現在はとある宇宙開発プロジェクトのリーダーにまでなったらしい(うろ覚えだけど)。

彼が決意して渡米したころ、俺はホール・ボロアパート・編集部をグルグルグルグルしてたわけ。いや、充実してたよ。それなりに。でも結果コレですわ。もちろん元々の頭の出来も決定的なくらい違うんだろうけど、その行動力と時間をムダにしない感覚が重要なんじゃないか。

実際、輪廻転生とかあるのかナイのか知らないけども、人生は1度きり。「面白いからココでいいや」って、思考停止はよくない。

ああ、自分で書いてて耳が痛い。

もちろんパチスロを打ちながらだって夢は追える。計画性を持ち、自制心も持ち、パチスロを楽しんでほしいなと。


それと個人的に経験して良かったなと思っているのが海外旅行。特にオススメなのは、とびきり景色が綺麗なところ。

パチスロ仲間にも「海外? 興味ないね。旅行の間はパチスロが打てないし、そんな金があるんならパチスロを打ちたい」って人が結構いる。俺も昔はそんな感じだった。でもね、そこを思いきって行ってごらんなさいな。少しは世界観が変わるハズ。

俺は離島のビーチで夕日を見ながら悟ったね。「人間は景色を見るために生まれてきたんだ」と。

東京や大阪みたいな大都市にいると、ついつい忘れてしまうけど、地球ってべらぼうに綺麗なんだぜ! そりゃもう宝石なんて目じゃねーくらいに。しかも無限とも言えるほど広大な宇宙に、地球と全く同じ景色の惑星なんて1つもない。いや、分岐した並行宇宙(パラレルワールド)があれば幾らでも地球があるハズだけど。

こんな綺麗な惑星に生まれたのに、ホール・仕事場・自宅だけのループで終わらせたらもったいない! 景色見よーよ! 俺だってGOGO!ランプは好きだし、ハイビスカスも綺麗だと思う。でも大自然はそれを遥かに超えてくるから! 圧倒されようぜ。地球ハンパねえって。

あと外国に行って、つたない英語で喋る不便さも嫌いじゃない。自分が習った英語の範囲で、どうにかコミュニケーションを取ろうとしてるあの感覚。だって同じ人間なのに、言葉が通じないんだよ? 楽しくない? そんなの、なかなか日常では味わえないよ。まあ、4号機末期の某ホールでは、日本語が少数派だったけど。


もはや乱文とかって次元じゃないけど…

[1]大学はちゃんと卒業せえ!
[2]恋人は大切にしろ!
[3]海外旅行で景色見ろ!

オッサンが言いたいのはそれだけ! アディオス!

※注:シラフです。