年金支給日前後のホールの動きに注目!

シリーズ名
現役ホールマネージャーだけど、なんか聞きたいことある? (毎週日曜日更新)
話数
第104回
著者
アタマキタ
2月後半に入って、決断の早かったホールがパチンコのCRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアの増台を始めているようだ。

パチンコはCR真・北斗無双、CR大海物語4、CRスーパー海物語IN沖縄4くらいしか多台数で動いていない現状から、ライトミドルのスペックに活路を見出そうと必死になっている様子が分かる。

全国のホールデータで確認してみても、先週増台になったシンフォギアは稼働数が伸びて利益率が極端に下がっていることから、ちゃんと出しているホールが多いと言えよう。

こういう時は素直にホールの戦略に乗っかって2〜3000円ほどシンフォギアを試し打ちしてみることをオススメする。

3月になっても対抗してくる新台は少なく、しばらくは良い状況を維持するために、シンフォギアでの放出は続くと予想されているので、注目して損はないだろう。


さらに全国のホールデータを見たついでに言わせてもらうと、CRモモキュンソード4の119ver.が、ベースであるミドル機同様の激カラの状況となっている。

逆にカラいということをちゃんと分かっていて、回転率を上げてきているホールであれば勝負できる可能性はなくはないだろうが、あまりオススメはできない機種だ。


その他の機種では、稼働が命の羽根デジのCRフィーバークィーン2018が、まあまあ甘めで推移している。クィーンシリーズは、ホールとしても客付きが気になるところでもあるので、しばらくは甘めで運用される可能性がある。回転率次第では勝負してもいいのではないだろうか。


パチスロではGATEとコンチネンタルゼロが登場したが、なんともこういったよく分からんタイアップ機やノーマルタイプの新台には、お客様も手を出しづらいみたいだ。出る出ないに関係なく、ちょっとさわる程度で終わっているのか、打ち込みが少なくなっている。

この後、両社とも過去のヒット機種(AT、ART機)のノーマルタイプを発売する予定にはなっているのだが、この状況はあまり明るい話ではないだろう。

そんな新台を尻目に、バジ、ゴッド、沖ドキなどの旧基準機が相変わらず好調に推移している。

それはそれでいいとは思うが、新台の稼働が上がらずにこちらばかりというのも、先行きは不安だと言わざるを得ないだろう。


あと覚えておいて損はないと思うのは、年金支給日前後のホールの動きだ。

2月は15日が支給日だったのだが、この日を境にご年配の方々の稼働が上がってくる。

店もそれを見越して、パチスロはジャグラーやハナハナシリーズ、パチンコは海物語シリーズと1円パチンコ全体で利益を上げにくる営業をする店が多いのだ。

しかし、全てが「年金支給日だからボッタクリだー!」ではなく、ちゃんと来客数が増えることを予想して、出玉をアピールしているホールもある。

年金支給日がある偶数月は、そういうことも気にして打ってみるといいかもしれないな。


それではご質問にお答えしていこう。



【R20さんのご質問】
ホールに落ちている玉やコインを1ヶ月間集めて換金すると50万円くらいになると聞いたことがあるのですが、本当ですか?

1玉や1枚で見ると微々たる金額ですが、大型ホールで毎日落ちている玉やコインを集めたら、それくらいの金額になる気もします。金額の多い少ないは別として、閉店後に床などに落ちている玉やメダルはホールの売り上げになったりするのでしょうか?

あと、ホールの床に落とした玉やコインはホールの物になり、落ちた玉やコインを拾う行為は違法とも聞いたことがあるのですが、これも本当ですか? さすがに拾ったくらいで罪にはならないと思うのですが(笑)。



【回答】
店によって見解が分かれるところではあるが、営業中に落ちている玉やコインに関しては、トラブルなどで台を開けた際に裏などからこぼしたりしない限りは全て「お客様へ貸し出した玉orコイン」か、「お客様が獲得された玉orコイン」という考え方が普通だと思われる。

俺の店では、営業中にスタッフが拾得した玉やコインは、それに名前が書いてあるわけでもなく、誰の物か分からないので、近くのお客様に返すようにしている。


お客様自身が床に落ちている玉やコインを拾う行為についてだが、それは何の問題もない。ただし、全く遊技をせずに拾い集めた玉やコインだけで遊技するのはNG。

「そんなの分かっているよ」と言われそうだが、実際にそういうお客もなかにはいる。つい先日も、3ヶ月間毎日店に来てはせっせと玉を拾い、貯めまくった3ヶ月分の玉を1000円分の金景品に交換しようとした初老の男性を捕まえたばかりだ。

世の中にはそういう人もいるので、いつしか「落ちた玉やメダルは店の物」とかいう訳の分からん話になったのだろう(笑)。


遊技しているお客様が落ちている玉やコインを拾う分には問題ないが、玉やコインを持ち帰るのは禁止だ。あくまでも貸玉、貸しコインなので、ホールの所有物である。玉やコインを持ち帰る行為は、ボウリング場で例えるならば、貸しボウリング玉や貸し靴を持って帰る行為と何ら変わらないと言えよう。


閉店後の落ち玉やコインに関してだが、そうあるものではない。パチンコでは1台あたり6個程度、パチスロでは1台あたり1枚程度が標準的な数だろう。

パチンコ500台、パチスロ500台の計1000台の大型店舗であれば、R20さんの言うとおり月間で50万円程度にはなるかもしれないな。

ただ、この閉店後の落ち玉やコインは、厳密に言えば雑収入となるため課税対象になり、税金も払っているということにはなる。


ではまた来週!


質問を送る