設置の少ないマイナー機種は狙い目!?

シリーズ名
狙いドコロを狙ってみた (毎週土曜日更新)
話数
第106回
著者
クボンヌ/二星しょうた/編集S
先日、番長3の設定5を久しぶりに長時間打つことができたのですが、差枚はマイナス100枚と寂しい結果でした。機械割116%のポテンシャルを発揮できず…。

早い段階でART終了画面の金閣寺が出現して「設定5っぽい!」と気付けたまでは良かったのですが、初当たりが重すぎて投資が50Kまで膨らんでしまったのが痛かった。

諸々の挙動的に設定5で間違いないと思いますが、初当たりに関しては低設定に多少の毛が生えたようなものですからね。展開が悪いときは、低設定との違いが分からないほど当たる気がしません。


それにしても、最近の番長3は設定6よりも設定5を使うホールが多い気がします。5を入れると低設定の稼働が上がるので、ホール側からすれば6よりも5のほうが使いやすいんでしょうけど…。でも、それは打ち手にとって厄介なことこの上ない。

機械割を考えると5でも十分だと思いますが、5狙いはリスクの高さがデメリット。ART中にボーナスを引いて絶頂対決のサンプルを採れない限り、基本的には看破が進みませんからね。そしてそのボーナスを引くのが簡単じゃない。

かと言って5を完全に無視して打つわけにもいかないので、最近の番長3は見切るタイミングがホントに難しいなと。こんな厄介な設定を作ったメーカーさんは相当なヤリ手だと思いますよ(笑)。


まあ、今回負けた分は次に5を打ったときにしっかり回収しないといけないので、このまま番長3から距離を置く気は毛頭ありませんけどね。次は5000枚…いや、万枚を目指します。同じように展開が悪くなって「ヒィヒィ」言ってる姿が目に浮かびますが、ね(笑)。


実戦結果
※すべて50枚貸し出し→等価交換のホールで実戦

【戦国コレクション2】
打ち始め…501コレ
ヤメ…132コレ
投資金額…15000円
流した枚数…1650枚
換金額…33000円
収支…+18000円

【ウィッチクラフトワークス】
打ち始め…REG後285G
ヤメ…5G
投資金額…10000円
流した枚数…480枚
換金額…9500円
収支…-500円

※REG単発台狙いで実戦


【デビルマンχ】
打ち始め…朝イチ219G(前日719G)
ヤメ…3G
投資金額…8000円
流した枚数…317枚
換金額…6000円
収支…-2000円

※据え置き傾向が強いホールで実戦


【仮面ライダーBLACK 】
打ち始め…621G
ヤメ…■■G
投資金額…■■円
流した枚数…■■枚
換金額…■■円
収支…■■円

※結果はPICK UPのDay.1にて


【サクラ大戦〜熱き血潮に〜 】
打ち始め…好感メーター82・52・73・77の台
ヤメ…■■G
投資金額…■■円
流した枚数…■■枚
換金額…■■円
収支…■■円

※好感度メーター狙いで実戦。結果はPICK UPのDay.2にて


【盗忍!剛衛門 】
打ち始め…朝イチ盗目62回
ヤメ…5G
投資金額…4000円
流した枚数…160枚
換金額…3000円
収支…-1000円

【南国物語】
打ち始め…朝イチ523G
ヤメ…36G
投資金額…22000円
流した枚数…523枚
換金額…10000円
収支…-12000円

【GI優駿倶楽部 】
打ち始め…朝イチ104G・シンボリクリスエス出現台(前日約400G)
ヤメ…2G
投資金額…10000円
流した枚数…104枚
換金額…2000円
収支…-8000円

※据え置き傾向が強いホールで実戦



PICK UP

▼Day.1

仮面ライダーBLACKで621Gハマリの台を発見しました。天井は1280Gとゲーム数的には遠く感じますが、「コイン持ち」「CZのゾーン」「ARTの出玉性能」など、諸々を考えれば十分に打てるラインです。

CZのゾーンは100・300・500…と、百の位の奇数ゲームで訪れ、ゾーン到達時にCZ抽選が行なわれます。CZ当選率は滞在モードで変動しますが、最低でも20%でCZに当選します。

そのため、期待値はゾーン抜け後よりもゾーン手前から打ち始めたほうが高くなると思われます。今回の打ち始めゲーム数は621Gなので、700Gのゾーンを狙える位置ですね。

しかしながら、初当たりは天井の1280G。CZには突入したものの解除できず…。でも、コイン持ちが良いので投資は12Kで済みました。ARTで600枚以上を出せればプラスです。

ARTの期待獲得枚数は不明ですが、5.5号機のなかでもトップクラスの出玉性能を有した仕様であることは間違いありません。そのポテンシャルを活かせれば600枚なんてお茶の子さいさい…のハズ。


(C)石森プロ・東映 (C)KYORAKU


ARTゲーム数全消化時は自力バトルのセット継続抽選が行なわれるのですが、そのバトルに勝利できればセット間で消化したゲーム数をまるごと上乗せします。

上の写真はセット間で125G消化した状況での継続バトル。ここで継続できれば次セットの初期ゲーム数が125Gになると。とどのつまり、ここが勝負ドコロ。


(C)石森プロ・東映 (C)KYORAKU


継続バトル中は通常リプレイ以外が成立すれば敵にダメージを与えます(通常リプレイは味方側のダメージ)。液晶右のメーターが敵の残りHPで、写真の状況は敵の残りHPが残りゼロ…すなわち勝利確定の瞬間です。


(C)石森プロ・東映 (C)KYORAKU


継続バトルに勝利したので、前セットの消化ゲーム数125Gとバトル勝利による20Gを加えた145Gを上乗せしました。これが次セットの初期ゲーム数になるので、次の継続バトルは145G以上の上乗せを賭けた継続バトルになるわけですね。

このセット継続するほど上乗せゲーム数が増加していくシステムが、5.5号機トップクラスの出玉性能と言われる所以でしょう。

(C)石森プロ・東映 (C)KYORAKU



【仮面ライダーBLACK 】
打ち始め…621G
ヤメ…2G
投資金額…12000円
流した枚数…1068枚
換金額…21000円
収支…+9000円


が、次の継続バトルでは手も足も出させずにあえなくART終了…。大量出玉のきっかけを掴んだかに見えていただけに残念です。これを継続できていれば2000枚くらいは射程圏内でしたからね。

この台は出玉の波が荒すぎて好みが分かれるところではあると思いますが、大量ゲーム数を持った状況の継続バトルほど手に汗握るものはない。個人的には大好きな台なので、今後もひっそりと設置され続けてくれることを願っています。


▼Day.2

(C)SEGA (C)Sammy イラスト:松原秀典


「 サクラ大戦〜熱き血潮に〜」で好感度メーターがこんなに貯まっている台を見つけました。

好感度メーターは100%到達でCZ・ART抽選を受けられるので、80%以上貯まっている台は狙い目になります。ですが、それが1つだけでは狙いとして若干弱い。

メーターが100%になっても約50%はCZ・ART非当選となるので、メーター狙いをする場合は2つ以上が80%前後貯まっている台に絞ったほうが良いでしょうね。ただし、95%以上なら1つだけでも打つ価値はあると思います。

先述したとおり約50%はCZ・ART非当選、つまり約50%でCZ・ARTに当選するわけですが、この日は良い方の50%が引けず、3回100%に到達させてすべて非当選…。結局、ARTはおろかCZすら消化できずに終了ですよ。


(C)SEGA (C)Sammy イラスト:松原秀典



【サクラ大戦〜熱き血潮に〜 】
打ち始め…好感メーター82・52・73・77の台
ヤメ…2G
投資金額…12000円
流した枚数…0枚
換金額…0円
収支…-12000円

※好感度メーター狙いで実戦



久しぶりにさくらとのデートを味わいたかったんだけどなぁ。この写真は以前のデートタイム時に撮ったものですが、日付を見たら7月1日になっていました。もう10ヶ月近くご無沙汰です。設置が減って打つ機会が少ないから仕方ないんだけども…。


こうなったら実機を買ってやる!


と思って、ネットで実機の価格を調べたら相場が100K以上と判明。その瞬間、そっとスマホの画面を閉じました。


実戦期間中のまとめ

▼TOTAL収支
狙った台数…8台
総投資金額…93000円
総換金額…84500円
収支… -8500円


今回の自分の実戦期間をもって第3期のコラムは締めになります。最終結果は…


【第3期・最終収支】
クボンヌ…+707500円
二星…+543500円
編集S…+445900円

TOTAL…+1696900円


今回分の収支はマイナスでしたが、今期のトータル収支では堂々の1位。いやぁ〜良い結果を残せてよかった。

そして…先週のコラムでS氏が言っていたように、トータル収支のビリッケツには坊主の刑が待っています。これにて坊主の対象者はS氏に決定ですな。ん〜まあ、ドンマイとしか言いようがありません(他人事)。

編集業務の合間を縫って実戦のサンプルを集めるという大きなビハインドを持つS氏。稼働量的に圧倒的不利な状況で、アホみたいな罰ゲームを受け入れた心の広さに感銘しました。いや、普通に反対しても良かったんじゃないの? だって、こんな罰ゲーム誰も得しないんだし(笑)。


ということで、今期のコラムはここまで。次週は恒例の座談会の模様をお届けする予定です。もちろんS氏の坊主姿も披露しますので、そちらも乞うご期待ください(ニヤリ)。