集中落下でクルーンを突破!

シリーズ名
業界最前線パチンコ・パチスロ新機種発表会 (不定期更新)
話数
第344回
著者
宇惨臭蔵

2018/3/7
RAIZINMAN
内覧会
@本社ショールーム
(A-gon)


アナログ抽選とデジタル抽選が融合した、これまでにない注目マシン「RAIZINMAN」がA-gonから登場。ストックされた玉を集中落下させて3段クルーンを突破するゲーム性は、究極の興奮を味わえるだろう。



ゲームの流れだが、まずGOチャッカーを狙い、そこに玉が入れば7セグが回転。約1/5で小当たりに当選(奇数ゾロ目)し、その後、上アタッカーが開放するのでそこに玉を入れよう。7以外の奇数揃いなら1回開放なのだが、7揃いなら7回開放するため、大量の玉を入れるチャンスだ。上アタッカーを通った玉は一旦ストックされる。



上アタッカーの開放が終わると、今度はストックされた全ての玉が一気にクルーンへと落下。その先に待ち構えている3段の3つ穴クルーンを全て突破し、Vに入賞すれば大当たりとなる。



大当たり後はイナズマルーレットが発生し、チャンスでランプが停止すれば時短の「雷神チャンス」に突入。雷神チャンス中の小当たりは7揃い濃厚、かつ上アタッカーの開放回数が13回となるため、クルーン突破のチャンスも大幅にアップするのだ。この雷神チャンスは5回継続する。



なお、RAIZINMANには1回の大当たり出玉が約2000個の「2000×α」と、約1200個の「1200×α」の2タイプが存在し、出玉のほか7揃い出現率や雷神チャンス突入率に差が設けられている。



クルーン内で大量の玉が踊るという、いまだかつてない光景を目撃することになるRAIZINMAN。ホールデビューは、5月上旬を予定している。
(宇惨臭蔵)