【SLOTギルティクラウン】ART中にこのセリフが出現すればヴォイドチャンスリバースに期待!

シリーズ名
F山科の自堕落な日々 (毎週金曜日更新)
話数
第109回
著者
F山科
贖罪…読みは「しょくざい」。ギルティクラウンにおいては原作アニメ第19話のタイトルとして使われている言葉である(第19話のタイトル名は贖罪:rebirth)。

一般的には犠牲や代償を払うことで、罪をあがなう…という意味で使われるらしい。原作アニメでは主人公の集くんを取り巻く状況が大きく変化し、20話以降の決戦に向かう大事な回である。

そして、タイトル名の「rebirth」は、とある上乗せトリガーの名称としても使われています。それがART中のCZで突入し得る「ヴォイドチャンスリバース」。


ヴォイドチャンスリバースは通常のCZと比べて何がスゴイのか。それは実戦話と絡めて後述します。ちなみに、この状態になった知人から送られてきた自慢の写真がコレである。

(C)SUNRISE/VVV Committee,MBS


80セット以上継続で6000枚超えという大噴火。サブ液晶にあるステージの結果を見てみると、通常のステージ1が62回。特にエンピレオとかステージ3で複数個ストックしたワケではなく、ヴォイドチャンスリバースから全てが始まったんだとか。羨ましいったらありゃしないわ。

このヴォイドチャンスリバース…私はこれまで1回も入ったことがなく、嵐くんも未体験だったようで。ただ、ギルクラにハマっていた窪田サキは、3回ほど突入したことがあるそうだ。

そこで話を聞いてみると、ART消化中に出現するセリフが肝だということ。特に集くんのセリフが出た時はかなり期待して良いとのことなのだが…?


では、ここから実戦の話へ。

会社帰りにギルティクラウンを打っていたある日のこと。通常時に連続演出の「共鳴」が発生。

(C)SUNRISE/VVV Committee,MBS


この演出は発生した時点でボーナス確定。さらに7を揃えた後にエピソード「共鳴」に発展すれば、ARTも確定する。ちなみに、エピソードにならなくてもCZに当選するという恩恵アリ。

そのCZはボーナス終了後に即突入する。ボーナス後のRT状態なので、内部的にリプレイフラグであるレア役はボーナス同時当選の時しか出現しない。

(C)SUNRISE/VVV Committee,MBS


しかし、払い出しのあるレア役ならば確率は変化しない。その代表格である弱スイカを見事に引き当てて、ART「ギルティクラウン」が始まった。

とはいえ、何もできなければ初当たりでもらえる2セットを駆け抜けて終わる。そしてステージ1→CZ全て消化してストック消費→ステージ1→CZへ。「ああ、これは駆け抜けるパターンだな」と思っていたのだが、CZのラスト1Gにて…

(C)SUNRISE/VVV Committee,MBS


集くんが右手を手前に突きだす演出は割と期待できる…とはいえ、最終ゲームで必ず発生する演出。藁にもすがる思いで中押しすると、スイカが中段に停止…すなわちスイカ確定。CZクリアが確定した。


(C)SUNRISE/VVV Committee,MBS


これが強スイカで、ボーナス同時当選という幸運に恵まれる。


(C)SUNRISE/VVV Committee,MBS


しかもクラウンビッグの方である。獲得枚数が約300枚と多いだけでなく、CZ中に引けた場合は内部上のランクも優遇される恩恵アリ。ステージ2以上が確約され、しかも50%でステージ3以上となるので激アツ必至。

CZ中にボーナスを引くと、ゲーム数上乗せの告知はヴォイドチャンスで決定したステージに回される。そしてクラウンビッグは、最低でも20Gの上乗せが確定。

そして、この時は…

(C)SUNRISE/VVV Committee,MBS


計50Gという状態でステージ3を選択する大興奮必至の展開に。

ナビ高確移行率が破格であるステージ3が50Gも消化できるのである。さっきまでARTを駆け抜けようとしていたのに。なんという僥倖だろうか。

なんとしてもエンピレオに移行させて、ストックをもらわなければならない。気合いを入れてステージ3を消化し始めると、6G目にこんなセリフが出た。

(C)SUNRISE/VVV Committee,MBS


…コレである。冒頭で触れた窪田サキが言っていた集くんのセリフ。コレは原作アニメ第19話「贖罪」で喋っている内容と同一である。

他のキャラも19話のセリフを喋ることがあり、それらは全てヴォイドチャンスリバース突入を示唆するセリフとなっているのだ。


【ヴォイドチャンスリバース突入示唆セリフ】
涯「アイツのヴォイドは、全てを集めて引き受ける。強さも、弱さも、光も、闇も、全て」
綾瀬「右手が!?」
ツグミ「あっ…見て! 集の体…」
修一郎「それも貴様の意思だと言うのか、玄周…」
春夏「集…! それがあなたの運命だと言うの…」


これらのセリフは残り3G以下、かつヴォイドチャンスリバースに入る前は出現率が上がるそうです。ART終了直前に出現したら期待してヨシ。もしヴォイドチャンスリバースに入る場合は、ART最終ゲームの第3停止時にブラックアウトが発生。なお、最終ゲームに下記演出が出るとチャンスとなる。


セリフ演出
サブ液晶リール「小役」→ハズレ
サブ液晶リール「稀役」→リプレイ
演出なしで共通ベル


これらが発生すると、ヴォイドチャンスリバース突入だけでなく、ボーナスやナビ高確状態が期待できるんだとか。なので、ボーナス・ヴォイドチャンスリバースを否定した場合、CZ中はナビ高確で強チャンスリプレイを揃える大チャンス。気合いの入れドコロです。

で、自分の台の結果は…

(C)SUNRISE/VVV Committee,MBS


見事、ヴォイドチャンスリバースに突入。

ARTストックありなら0.8%、なしなら0.4%という狭き門を潜り抜けると、ココに突入。 ここまでヴォイドチャンスリバースについての説明はしてこなかったが、簡単に言うとヴォイドチャンスリバースとは、クリア期待度が大幅にアップしているスペシャルCZのことを指す。


(C)SUNRISE/VVV Committee,MBS


大きく変化するのはメイン小役によるクリア率。リプレイや押し順ベルは、通常のCZだと0.4%でしかクリアできない。しかし、これがヴォイドチャンスリバースになると6.3%まで上昇するのだ。10倍以上もアップしているがな。ちなみに、ハズレは50%でクリアできるようになるので激アツ。

そして、このヴォイドチャンスリバースがスゴいのは、この状態がCZのゲーム数がゼロになるまで続く…ということ。さらに、従来のART中と同じようにレア役によるCZのゲーム数上乗せも、全てヴォイドチャンスリバースの状態に上乗せされていく。

また、ヴォイドチャンスリバースはクリア時にヴォイドチャンスリバース自体のゲーム数を上乗せ(5G以上)する要素もあり、上手く絡めば「永久機関」と化す。それは知人から送られてきた6000枚の写真が証明している。


そして、自分のヴォイドチャンスリバースは…

(C)SUNRISE/VVV Committee,MBS


ああ〜〜、2回目で終わったのねん。6.3%なんてそう簡単に引けないのねん。憧れのヴォイドチャンスリバースは吹き抜ける風のように消えていった。

このARTはその後、通常時のCZ中に引いた強ベル+ボーナスとかで頑張って1000枚超えで終了。それはいいのだが…。


(C)SUNRISE/VVV Committee,MBS


このCZ+30Gが、ヴォイドチャンスリバースでやれたらなぁ…と思うと、いと悲し。たらればを言っちゃダメなんですけどね。憧れのヴォイドチャンスリバースだったけにね…(泣)。


エンピレオロング、ヴォイドチャンスリバースといった起爆剤は体験した。あとはRT2滞在の弱チェリーから突入するチェリー高確のRT3、ロングフリーズをどこかで体験してみたい。まだまだ楽しめそうですわ、この台!!